テーマ:写真

写真集を買う・・・川内倫子

写真家・渡部さとるさんがYouTubeで評価している写真集を買っております。 川内倫子さんの『うたたね』『花火』。 川内倫子さんの写真は、海外、特にヨーロッパでの評価が高いという。 その魅力は「コンポジション」だという。 つまり、写真集としても構成がいいということになる。 これは、ワタシも写真集を買ってわかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真集を買う・・・Saul Leiter (ソール・ライター)

1923年、アメリカ、ペンシルベニア州ピッツバーグに生まれる。父親は著名なタルムード学者で、ソールはラビを目指して学んだ。母親は彼が12歳の時に最初のカメラを与えた。 23歳で神学校を去り、アーティストを志してニューヨークに移った。 当初は絵画に関心を持ち、抽象表現主義の画家リチャード・パウセット=ダート(英語版)と出会う幸運に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一天にわかにかき曇り・・・

どーも、近年、梅雨の風雨も激しくなってる感じがする。 昨年の宇都宮中心部の氾濫が思い出される。 九州は、なんだか、毎年の様に大雨に襲われているような感じで、こうなると、地盤も危うくなってくる。 ゲリラ豪雨、台風の時期を前に、既に大きな災害となっているのは、これから先を考えると不安になる。 昨年は、千葉を激しい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

写真集を買う・・・鬼海弘雄『PERSONA』

鬼海弘雄さんの写真は、子供が紙袋の仮面を被っている写真を雑誌で見て印象に残っていた。 ダイアン・アーバスのような印象。 渡部さとるさんのYouTube「2B Channel」で、この写真集を取り上げていて、もうどうにもこうにも欲しくて堪らず、ヤフオクで落札。 とっても高い買い物になってしまったけれど、アマゾンに出品されてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

目標が見つかった・・

往年の名機、Nikon F2。 レンズも・・・いや、レンズは・・・フォクトレンダー?! ・・・そう。でも違和感無い感じ・・・。 ここんトコ、ほぼ毎日、色々指標としている写真家・渡部さとるさんのYouTubeチャンネル「2B Channel」をあれこれ見ていて「ワタシ的向こう10年間の写真のテーマ&目的&方向性&嗜好性」とい…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

半径20mの、梅雨の間にまに・・

蒸し暑く、朝から鬱陶しい雨が降り続き、 予報では午後は晴れ間も、という予報だったが、 そんなわけないやん〜、という本降りから・・・ 予報通り、午後は、日差しが出てきた。 SONYα7RⅢ+シグマ70mmマクロ こういう被写体はフジの色が良かったりするんだけれど、SONYのは、梅雨の鬱陶しさというか、重い気分、という…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

緊張の夏、日本の夏・・・

まあ、わかり切ったことだけれども、梅雨でありますわ・・・ バイクは乗れないし、車で出るのも億劫。 今日で、一年の半分を終えることになる。 既に悔やまれることは多い。 新型コロナ-武漢肺炎も、緊急事態宣言の緩和から2週間弱経って、また増えてきた感がある。 宇都宮でも、駅東のキャバクラから初めてのクラス…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

三日ボーズ、北へ・・・カメラの話

今回は、父のローライを持って行った。 とにかく、コレで青森の町などを撮る、というのが今回の目標。 フィルムは5本あれば足りるか?と思っていたら、全然足りなかった。 街に残された古い建物を撮るには、この二眼レフが良いに違いない、という目論見。 コレで撮ってると、変わり者か、余程のこだわり者か?・・・という目で見られて、今の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三日ボーズ、北へ・・・取り残された建物

青森の駅を降りるとついつい口ずさんでしまう・・・ ♫上野発の夜行れえっしゃ降りたとぉきぃ〜から〜〜♪ 今度は、♪ご覧あれが竜飛岬 北のはずぅれ〜に行ってみたいものだと思う。 青森市も何度か訪れているけれど、いつもバタバタして、今回もバタバタなのだけれど、街の風景も撮ってみたいと思っていたので、ぐるっと歩いてみた。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

さよなら『アサヒカメラ』・・・

かつて『カメラ毎日』という月刊誌があって、実験的な写真とかも多く「写真」というものへの様々なアプローチ、チャレンジが見られた。 あの「アングル」というアマチュアにも開かれたコーナーに憧れた。 『カメラ毎日』は「写真の本」という雰囲気があった。 自分としては、やっぱり『カメラ毎日』が好きだったなぁ〜〜と思う。 写真とい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ライカの「チェキ」、その名は「ゾフォート」

Leica Sofort(ライカ ゾフォート)。 新品で買える一番安いライカのカメラ。 ヨドバシで、現在¥36,470。 フジのinstax mini互換、つまり「チェキ」であります。 「ゾフォート」というのはドイツ語で「すぐに」という意味。 まさにインスタントカメラ!っちゅ〜ことですわな。 今はそれなりに立…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「趣味〜!」のモノクロ写真・・

渡部さとるさんの『旅するカメラ』を読み返していたら、無性にモノクロが撮りたくなってきた。 以前にも、モノクロ撮りたい、と思って・・・ でも、渡部さとるさん「お薦め」の、ライカM3にメガネのズマロン35mmを着けて・・・ ・・というのは無理なので、ただのズマロン35mmを、ヤフオクで見つけて買ったんだった。 多分このズ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

初夏なり

気がつけば、6月の風が吹くなり。 稲が植えられ、麦が刈られる。 緑、深くなり、実がなる。 蛙が鳴き、ツバメが忙しそうに行き来する。 入道雲が遠くに沸き立つ。 にわかに雨が降り、遠雷が聞こえる。 SONY α7RⅢ+シグマ70mmマクロを持ち出す。 ボケ具合とトーンが、なかなかによろし。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ツバメの子育て

毎日、毎日、ただひたすら、ヒナに餌を運ぶ。 あたかも、滅私奉公のよう。 当然、自分も生きるための餌を摂るのだろうが、だだ黙々と餌を運ぶ。 ヒナは、口しか無いかのような姿。 ただ、親が近づくと口を開ける。 親は、子供に餌を与えるというより、黄色い物に餌を突っ込むという本能しかない、と聞いたことがある。 「本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツバメ、大忙し

「益鳥」というけれど、巣に関しては良い迷惑。 巣の下は糞だらけ。 良い迷惑だわさ。 一時期、スズメばかりを撮っていたけれど、その延鳥・・・いや、延長で、ツバメも撮ってみるか、と。 「つがい」というとだろう、二羽の親ツバメが、何度も何度も往復して餌を与えている。 一日中、である。 相当なエネルギーだと思える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【街の断片】・・・サーカス

宇都宮の東口の再開発が始まって、しばらく空き地だったところに、サーカスが来た。 そういえば、生のサーカスは見たことが無い。 この時、求人誌では取材に行ってるが、ワタシは行こうとは思わなかった。 サーカスといえば、幼い頃、親の言うことを聞かないと、 「サーカスに売っちゃうゾ」というのが、母の脅し文句だった。 これは何だっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スズメたん〜〜〜

ワタシがほぼ常駐している事務所のすぐ目の前にある鐘楼堂の上で、スズメがやかましい! スズメが多く集まって、鳴きながら激しく動いている。 何か、敵を威嚇しているような感じ。 何かの気配・・・・ ・・・何と!、ヘビ!! どうした訳か、鐘楼堂の屋根にヘビがいて・・・ スズメは、そ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

【街の断片】

行政の都合で、勝手に「何丁目何番地何号」とかにしておきながら、旧町名を示す看板を置くという、実にこざかしいというか、腹立たしいというか、ふざけてるというか・・・そういう「ちぐはぐ行政」なのである。 新しくできた住宅地ならそれもいいが、昔からある町並みの名前を変える、ということの意味って何? もしかしたら、被差別部落という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【街の断片】

女房の親類の家の、玄関を入った所に、これがあった。 大蔵大臣も務めた渡辺美智雄さんのお膝元だけに、こういうものがある。 栃木と縁が深いということもあるが、好きな政治家の一人。 何せ、こういう「書」が「財政再建」!・・・なのだ。 これは、大蔵大臣には「目の上のたんこぶ」って感じででもいいから、引き継いでもらいたいものだ。 日…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

【街の断片】

これもいつ頃の写真だろうか? 三島由紀夫の写真と「憂国忌」と書かれている。 「25年祭」ともある。 これを撮ったのは、三島由紀夫もあるが、その下の「イメージ性感」が、 なんというか「硬軟」だな〜、と思ったからだった。 そういう風俗が出始めた頃か? これを三島由紀夫が見たらどう思うか?! ・・・あ、「憂国」・・・か・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【街の断片】

新橋駅で降りて、愛宕にある東京別院に行き始めた頃に撮ったのか? 小学校が廃校になって、グラウンドが開放されている。 校舎は、区で何かの用途に使ってる。 まだ、砂場跡や遊具やトラックも残っていた。 陸上のトラックと同じ材質のようで、転んだら痛そう。 いま、このあたりの真の住民はどれほどいるのだろうか? 住民も高齢となり、子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

比較・フジと、ニコンと、ソニーと、オリンパスと、リコーと・・・

フジX-T30(スタンダード) やっぱり、赤が違うような気がする。 ニコンZ 6(スタンダード) フジがどうした?!・・・というくらい派手になってるし、すっきりしたヌケの良さがある。 画像に、コントラスト・メリハリがあるように思う。 ソニーα7RⅢ(スタンダード) ニコンと似た感じだけど、空の青さがマゼン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【街の断片】

掃除をしていたら、昔の写真が出てきた。 地元の求人誌に「街の断片」として連載していたものだ。 宇都宮市庁舎。 出来て間もない頃の写真だろう。 かなり意識的に、皮肉を込めて撮ってる。 周りに大きな建物は無く、結構目立った。 ご覧のように手前は空き地だ。 もうちょっと色々撮っておけば良かったと思う。 近くは「新地」と…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

バードウォッチング〜〜

写真だけ・・・ ・・・と言いつつ、なんか書く。 不要不急ということか?、ヨドバシもカメラ部門は閉店状態だとHPにある。 通販は、普通にやってるので、買おうと思えば買える。 ・・・けど、つまんない。 結構、本気で、古いビデオのサルベージをやってる。 8ミリビデオのデッキが壊れたので、ヤフオクでデッキ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フジと、ニコンと、ソニーと

フジX-T30(スタンダード) ソニーα7RⅢ(スタンダード) なんか、露出が悪いので・・・なんで? ソニーα7Ⅲ(スタンダード)で撮ったのを出す。 ソニーの「空」は、ちょっとマゼンタというか、パープルといいうか、そんな感じがする。 ニコンZ6(スタンダード) なんか、D500以降か?、D7500…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バードウォッチングぅぅ〜〜

記事をドンドン書きためていて、タイマーUPになってるので、時間がズレてるんだろ〜な〜 ・・・と思いつつ。 Twitterをやめて、写真撮って、あれこれ記事書いて・・・どれがいつ公開されるのか、分かんなくなっちまった〜い。 ここんトコ、また葬儀が続いている。 戒名考えて、塔婆・位牌を書いた〜〜〜・・・って、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【街の断片】

この喫煙所というものが、できはじめた頃の写真。 大宮駅の、新幹線ホームから降りた踊り場のような所にあった。 今は、売店になってたと思う。 喫煙所が排除される存在となった時。 いや、排除というと大袈裟か・・ 「区別されねばならない存在」となってしまった。 ファミレスとかの喫煙席は、だいたが、禁煙席から隔離されてはいない。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more