テーマ:写真

台風一過

青空!!・・・なんだな〜、これが。 アチコチで大きな被害が出ているが、当地はまったくと言っていいほどなにもなく、稲さえも倒れていない。 しかしながら、意外や意外、宇都宮市街地の、それも中心に大きな被害があった。 想像だにできないことだった。 朝に鬼怒川を見に行ったあと、また行ってみた。 災害が無ければ、台風一過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一夜明けて・・・

鬼怒川に行ってみたら、ご覧のようなカフェオレの川になってる。 水量としては、この前の北関東豪雨の時と同じくらい。 夜半に、上流のダムの放流があるや、ということだったが、やらずに済んだらしい。 ご心配いただきましたが、鬼怒川も、ウチの近くの辺りは、おそらく最大と思われる川幅(堤防to堤防)と思われ、氾濫はまずない、と思っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ニッコール70-300mmで撮る秋景色

柿が実ってきた。 柿の実を見ると父を思い出す。 「柿の写真を撮ってきてくれ」とライカを渡され撮った。そのフィルムに、庭先から最後に撮った柿の木の写真があった。 その引き伸ばしプリントを孫に頼んで、それを取りに行く予定だった日の朝、亡くなった。 父は、おそらく楽しみにしていた、最後に撮った写真の仕上がりを見ていない。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東京へ、お勉強。

JP東日本『トランヴェール』に「のん」さんのステキな笑顔をみつけて、とっても良い気分で東京へ。 ガンバレ〜!・・・って感じ。 ここに来て色々露出してきた感があるが、テレビの地上波には出ない。 『いだてん』も『なつぞら』も、期待したが出ず仕舞い。 テレビよ、もっと毅然とした態度をとれんかね〜? 東京別院にて、智山伝法…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

秋色、秋景色

なかなか良い顔をされている仏様。 色々撮ってみる。 お地蔵様、ってことでよいのかしら〜ン? 昔のお墓。崩れて誰なのかは分からない。 削りやすい石は、つまり風化しやすいということ。 昔の墓石は一人か、夫婦。兄弟というのもある。 「○○家先祖代々の墓」というのは、大正時代くらいからコッチだと聞いた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

またまた彼岸花

・・・といいつつ、秋なので「萩」。 萩バックの彼岸花。 稲の色バックの彼岸花。 お墓の彼岸花。 蟻と彼岸花。 古い墓標と彼岸花。 古い墓標と彼岸花。 古い墓標と彼岸花。 こういう雰囲気が無くなってきた。 クリーム色の彼岸花。 テカテカの墓誌に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しつこく彼岸花・・・

ホントは、色々撮りたいけれど、なかなか出かけられないので、境内をウロウロ・・・ 今年は、彼岸花の咲くのが遅く、彼岸を過ぎても、いや過ぎてから盛りになっていて、なんだかちぐはぐな感じになってる。 彼岸が終われば、寺も落ち着く。 今年の残り3ヶ月あまり、じっくりやりたいことをやりたいものだと思いつつ・・・すでに、あ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

彼岸花〜〜〜

ちょっと心象風景っぽく? 少し具体性を持たせて・・・ 暗めに・・・ ちょっと明るく・・・ 分かりやすく・・・ 微妙な違い・・・ ニコンD7500+70-200mmF4。 良い感じ。 ご近所で植えてる白いヤツ。ニコンD7500+70-200mmF4がまたまた良い感…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昔の写真あれこれ

過去の写真を、デジカメになってから、概ね古い順に整理しているが、思い返されることが多い。 ガンダムか・・・。お台場に立った最初の1/1モデル。 これを見て「地上でのガンダムはあり得ない」と思ったのだった。この鉄の塊は、倒れたら自重で壊れる。 しかし、この風景ほど胸が高鳴ったものはない。 子供の頃から見てきた、アニメと…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

写真データの整理整頓(こんどこそ編)

前にも一度、写真データを全部HDDにコピーする、ということをやってみた訳ですが、今回また、やることにしました。 こんどは、 HDDではなくてSSD。ソリッド ステート ドライブ〜〜です。 まったく、デジタルにすれば変質・変色しないから永久よ〜ン、って言ったって、記録する媒体に永久姓が無いという困りもの。 以前も、音声データ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「花火と観音様」を撮ってみた

ご近所にある平出工業団地内、(株)クボタ宇都宮工場の花火大会。 正しくは「クボタ豊年まつり」というものの一環らしい。 第45回らしい。 確かに、工業団地にクボタ鉄工場ができてそれくらい経つかも知れない。 社員のためのイベントでもあり、同時に、地元自治会にも案内が来るもので、地元への「お世話になってます」的な意味合いもあるよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕立ち・・・

むかしむかし、大昔、お日様とお月様と雷様が、三人そろって旅に出かけました。 ところが、雷様は生まれつき気が荒いもんだから、行くところ行くところあばれまわってしまいます。 どこの町へ行っても、 「雷様が来たぞー」「へそをかくせー」「早く逃げろー」とみんなにこわがられていました。 お日様とお月様は、いい迷惑でした…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

入道雲〜

台風一過で、暑い1日。 夕方、東の空に大きな入道雲。 こりゃ、カミナリか?・・・と思ったが・・・ナンも無い。 栃木の右下辺りに向かってたのかも知れない。 栃木はカミナリが多い。 「トチテレ」放送の地元ヒーローものは「雷様(らいさま)戦士ダイジ」。「ダイジ」は「大丈夫」の意味の方言。 「雷様」と書いて「らい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

台風一過・・

寝ている間に台風は行ってしまったようだ。栃木はかすめて太平洋に抜けていったか。 朝、起きると、境内に落ち葉が散乱。 気が重くなる。 台風が過ぎた後は、空気中の塵も無くなり、太陽の光が、特に夕方美しい光景を見せてくれることが多い。 いわゆる「マジックアワー」の間の微妙な色の変化が楽しい。 「アワー」という…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

新橋のオネ〜サンたち

お盆を挟んで、久し振りの講義。 『般若心経秘鍵』を読む、というもの。 お父さんの街、スポーツ新聞の夕刊の街・・・という感じの新橋。 「色街」という程では無いが、新橋にはお父さん向けの「憩いの場」がある。 色っぽいオネイサンが「おいでおいで」してる。 寄る年波か?・・・最近、こういう「おね〜さま」たちとか、な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ニコンZとソニーαと・・・フルサイズの実力

ミラーレスの便利さで、液晶ファインダーを見ながら、両手を上に伸ばしてハイアングルで撮れる。超広角とこの撮り方で、しかも、この暗さで手持ちで撮れるという、これは有り難し!!・・・でありますな〜。 ニコンZ 6+14-30mm。 高感度の領域で、このコクとキレは大したモンだと思う。 この日は、ニコンもソニーも、ホワイトバラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宇都宮 多氣山 八朔祭(万灯会)

当山の御本尊不動明王が氏家勝山城から遷座され、平成27年で六百八十年の節目を迎えました。お不動様が旧暦の八月一日に遷座されたことから、月遅れで毎年九月一日に『八朔祭』を執り行い、一昨年まで年一度の御開帳として大護摩供を修してまいりました。 この六百八十年という年を節目に出来るだけ多くの檀信徒の方々にお不動様との深い御縁を結んでいた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

街の断片・・・・・

先日、梅雨のまにまに撮った選挙ポスターの写真を現像。 ポジを持って馴染みの写真屋さんに行くのも久し振り。去年の夏に撮ったカミナリの写真も混じってた。 大部分は、梅雨に入る前に撮ったもの。 マミヤ7Ⅱ+43mm。 すべて、この組み合わせ。 快晴の日、露出は固定。ベルビアを入れて、1/250、f8。晴れた日の順光で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

選挙ポスターのある風景

MacBookAirの修理のために大宮に出るも、アップルの冷たい対応で、我がMacBookAirは敢え無く死に体となり・・・ それで帰ってはつまらないから、と、バッテリーの分だけ軽くなったMacを抱えて、選挙ポスターの写真を撮る。 昔から「選挙ポスターのある風景」を撮るのがすきで、勝手にライフワークと思ってる。 しかし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Z6と D750と GX7と・・・

やることがないので・・・いや、やることは山ほどあるのにやる気が起きず・・・ カメラの比較でもやるか、また・・・という感じ。 まずD750+24-120mmの24mm。 画像処理エンジンEXPEED 4。 D750+24-120mmの24mmで撮って等倍。 2432万画素。ローパスフィルター有りのせいか、ボヤッと…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

梅雨の合間に・・

ここのところ辛い葬儀が続いている。 まず、中学の同級生のお母さん。 ほんっっっとにお世話になった。 中学・高校・大学を経て、仕事に就いた時も、何だか、土曜日の午後になると何人か同級生が集まってきてダベってる、というような感じ。 何年お世話になったか・・・ 病気と聞いて、会いに行きたいと思っていたら・・・訃報。 会いた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

無題・・・あるいは愚痴・・・

東京での講座を終え、予定より早く帰ってしまって、駅前をうろつく。 この日は、台風一過のような天気で、強い夕陽がまぶしかった。 講座は、般若心経に関する弘法大師の著作『般若心経秘鍵』をひもとく、という大変興味深いもので、ナルホド・・・と思いつつ、また、ワタシの心経の「空」の解釈は、まあ、間違ってなかったか・・・という感じ。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

なんやかんやでカメラ関係の話しに持ち込む

先日の結婚式で、ニコンZ 6実働。 お寺での仏前結婚式はニコンZ 6+24-70mmF4。 フラッシュオートが良かった。 ミラーレスでどうやって測光しているのワカランですが、案外ピッタリでした。 プログラム・オートで試しに撮ってみて、オッケーな感じだったので、終始それで撮る。 ただ、当然中は暗いので、人物を撮ると、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

今日の一日(ひとひ)の尊さよ~

締まらない宇都宮駅西口前。 久し振りに新幹線。東京へ。智山伝暴飲・・・いや、伝法院へ。 お墓に関する法律のお勉強ので、無理してでも行っておきたい、ということで。 女房が昼ご飯作る手間を浮かすか、ということで、お昼前に駅に行って、ゆっくり駅そば。 これが、大好き。いつも「天玉そば」。 昔は、駅前に「つちや」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やめちゃったわけぢゃなかったのね~~!

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、世界最高水準の粒状性と立体的な階調再現で超高画質を 実現し、幅広い分野の撮影に適した、黒白フィルム「ネオパン100 ACROSII(以下、「アクロスII」)」を新たに 開発しました。2019年秋に、35mmサイズ、ブローニーサイズの2種類を発売する予定です。 当社は、黒白フィルムの需…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

デジタルカメラ遍歴

これまで撮ってきた写真の中から、本山を撮ったものを抜粋して、整理ちう。 デジタルになってから、色々ジタバタと新型カメラに踊らされてきた経過が手に取るようにわかる。 これまで使ってきたカメラのアレコレ善し悪しが見えてくる感じ。 まず、最新のZ 6は、これまで使ってきたカメラで一番良い、ということは分かった。 マウントア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花まつり、寄付お礼のポスター

・・・が、やっとでけた。 「書」が上がらず、随分遅れた。 いや、そもそも理事長自らがスグ書けば済んだことなんだよ~。 それをイヤがるからこんなことになっちゃった・・・ 「書」は、某寺住職ながら県を代表するような「書家」でもある方。 門前法語に、いつもなぞなぞのような「書」を書いて、考えさせて下さる方。 今回は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Eマウント Zeiss 35mm F2.8

確か、α7Ⅲになって、α7Ⅱとはセンサーが変わったんだったと思う。 SONYのαシリーズに手を染める手始めに、安くなっていたα7Ⅱを買ってみたのでありました。 フルサイズセンサーを使ったコンパクトデジカメDSC-RX1の、ネット上で見た色合いがいいな~と思っていて、おそらく、そのDSC-RX1とα7Ⅱのセンサーは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NIKKOR Z 14-30mmで撮ってみた新緑の多氣山

ニコンZ 6と NIKKOR Z 14-30mの組み合わせは正解でありました。 フジの10-24mmを処分したことへの後悔とかも吹っ飛びました。 光が変わり、レンズも変わると、色んな仏様とかが、色んな顔を見せてくれる。 アクティブ-D-ライティングという、暗部補正をいれてるんだけれど、「普通」でも、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

NIKKOR Z14-30mmで撮ってみる

天気良く、されど遠出はできぬので、久々火葬場へ行った帰り、多氣山・持宝院へよる。 ニコンZ 6に、NIKKOR Z14-30mmを着けて撮ってみる。 最近使い慣れた16-35mmとは、2mmの違いだけど、それは大きな違いになってる。 画角の感覚が違う。 本堂に着いたら、ちょうど護摩の最中。 二人と三人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more