テーマ:写真

Voigtlander ULTRON 35mm F1.7

コシナ・フォクトレンダーのラインアップの中でもクラシカルなデザインで造られている『Vintage Line』シリーズ。 その第2弾だったか・・ 『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』 先日の機材処分の「お代」は、こういうのになってるです。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

秋色

あれよあれよで1年が過ぎ、もはや12月。 10月11月が忙しくて、みるみる時間が過ぎた、という感じがしている。 昨年の今頃思った「来年こそ・・・」も、殆ど成さず、振り返れば、ただイタズラに時が過ぎたと思う。 んで、また思う「来年こそは・・・」 この繰り返しか・・・ ・・・とも、言ってられない。 残された時間は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

月齢3.5

昨日だとホントに細い月が見えたんだけど、残念ながら厚い雲。 今日は、夕方、日没前から月が見えており、西の空に雲は無い。 なので、ショッピングモールの屋上駐車場に行く。 良いポジション探して、三脚持って行ったりきたり。 こういうのを撮るのに良い場所がなかなかありませぬ。 稜線近くになると、肉眼では月があるのは殆ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#11月30日はカメラの日

11月30日は「カメラの日」・・・なんだそうな。 Twitterで流れてきた。 んで、しつこくカメラの話。(既出あり) まず、ぶっちゃけ父の遺産で買ったSWC。 カメラなら許してくれると思って・・ そんなことでもないと買えないカメラであるとも言える。 カメラ道楽の垂涎の的。終着点。マナスルかエベレストか、という感じ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マウントアダプター

この3日間、女房が寺庭婦人の本山研修に行ってて留守番。 お家から出られないので、カメラ遊びします。 ソニーα7Ⅱ用に、マウントアダプタを買いました。 レンズ側はライカMマウント。 んで、コシナ・ツァイスのビオゴン21mm F4.5を着けて撮ってみたです。 F4.5 ピントはあまり追い込んでないですが、それにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶり、モノクロフィルムで撮るか〜

去る6月10日、富士フイルム社が、黒白フィルム「ネオパン 100 ACROS II」の開発を発表した。 2019年秋に35mmサイズとブローニーサイズを発売予定と。 それが発売になったので、とりあえず、ヨドバシネットで5本購入。 併せて現像液・停止・定着液なども購入。 撮る気満々でございます。 カメラは、手放さずに…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

山茶花梅雨

「さざんか梅雨」・・・と言うんだそうな。 この時期の雨が梅雨みたいだな、と思っていたら・・・ 秋から冬にかけて移動性高気圧が北に偏り、前線が本州南海上に停滞して梅雨時のような天候になることがあんだそうな。 ちなみに冬から春は菜種梅雨、春から夏は梅雨、夏と秋は秋雨や秋霖、秋から冬がさざんか梅雨・・・なんだとか。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭の秋・・・

出かけようと思ってると用事が出来て出られなくなり・・・ただ留守番の日々。 「住職」とは、よく言ったモンだ。 「住むのが仕事」・・・(^_^)v ここのところ、急に寒くなってきて、葉っぱの色づきも一気に来た感じ。 ニコンD7500+70-200mmF4 or シグマ150-600mm。 やっぱり、一眼…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ただ秋風の気持ちよく・・

快晴が続く・・・ されど、我が心、晴れることなく、ただ、ぼんやりしている。 ここに来て、急に寒くなってきた。 「無常の風」が吹きそうな気配がする。 SONY α6500+18-135mm。 SONYの色は、あっさりしているというか、ヌケがいい。 色もハッキリしている感じがする。 味付けはなく、お…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ただ、夕焼けの写真だけ

夕焼けがキレイな季節となってきた。 これから、昼間も快晴の日が多くなって、写真を撮るには良い季節。 なので、その夕焼けの写真。 夕焼けの写真も、デジタルになって撮りやすくなったし、キレイに撮れるようになった。 フィルムの出方も良いんだけど、グラデーションはデジカメの方が良いね〜 手持ちで、チョチョイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スポーツカーに乗りたい〜

宇都宮のベルモールというショッピングモールの中にあるキタムラでデジカメプリントをするために、いつものように屋上の駐車場に行き、しかし今回は、月の出の方向を見るためにぐるっ〜〜と、ひと回り・・・したら、スポーツカーを発見。 何だコレ?・・・と思ってエンブレムを見たら・・・真っ暗〜蓮・・・ぢゃない、マクラ〜レン!! これはこ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

霧とお月様

濃霧となった夜、ほぼ満月が、霧に霞んでいた。 よく見ると「花粉光環」のように、その光の滲みに色が付いているように見えたので、撮ってみる。 少し、そんな感じもある。 霧の粒子は、花粉ほど細かくは無いのだろう。 露出を変えて色々撮ってみると、ちょっとそれっぽい感じになった。 ただ、それだけの写真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ただ満月が昇るだけの写真

「月の出」時刻に待ちます。 さて、どこや〜〜? ・・・って「ソコ」かい?! ・・・で、慌てて移動。 今回は、半月から満月まで、一日一日写真が撮れた。 珍しい。 満月は、こうして「月の出」まで撮れた。 ニコンD7500+シグマ150-600mm Contemporary。 クリップ&トリミング。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お月様〜〜

11月5日。月齢8。 月・・・太陽系の中で地球に最も近い自然の天体であり、人類が到達したことのある唯一の地球外天体でもある(Wiki先生) 日本語では暦を読むことを「月を読む」「ツキヨミ(ツクヨミ)」「月読」と言った。 暦と月の関係は近代に至るまで密接であった。 月の《満ち欠け》をもとに決めた暦は太陰暦と言い、地球か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「未知との遭遇」になってる

夜中、コンビニに、役員会の案内のためハガキを買いに行こうか、と思って外に出たら、霧が立ちこめていた。 ウチの所は、鬼怒川の河岸段丘の田園地帯。大昔の河川敷。 なので、よく霧が出る。 恐らく、上から見たら「雲海」になってるやつだ。 段丘の上に行くと霧が無くなっていたりする。 車で出たら、交差点の光が「未知との遭遇」に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マジックアワー

そう言えば、会社勤めをしていた頃、夕方になると、牢屋のようなコンクリの建物にある西側の小さな窓から、夕焼けの色が見えた。 それが、きれいな時には、小さなオリンパスXAを持って、トイレの窓から、夕焼けを撮っていた。 夕焼けの光景は大好き。 なんとか、この時のこの色を残したくて、カメラを持つ。 これから、夕焼けが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕刻・・・

あれ?? 書いたはずの記事が消えた・・・・ったく、もぉ〜〜、何やってんだよ〜、BIGLOBE〜!? そういうわけで、また、お月様。 南の空に半月。 地平線近くに雲が無く、赤い夕陽が沈んで行って・・・マジックアワーの始まり始まり〜 これからの季節、夕焼けとかがキレイ。 夕暮れ時の、東の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋風の吹く

アメリカ大陸のF1は夜半過ぎになるので、今日になってから、録画を見る。 やっぱ、ハミルトンか・・・ 先週末、ついにストーブを点ける。 朝晩寒い。 いつの間にか、ジャンパーが必要な日和になってしまった。 いま、ものすごく・・・眠い。 ここまでで、3回くらい気を失ってる。 女房のいない日・月。 特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月

「詠み人知らず」だったか・・・ 毎月毎月、月を見ることができる月は多いけれど「月を見る」というのであれば、その価値がある名月とは、さまに今月のこの月なのだよね〜〜 ・・・ということか。 ちなみに「・・・月を見るのに適した月ってぇ〜ものは、今、この月が出ている今月なんだわさぁ〜」とも訳せる。 ちなみに「月」が8個あ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

父のライカ

父の命日だった昨日は一日雨だったので、本日、2年振りに父のライカにフィルムを入れた。 亡くなる数日前に「フィルムの入れ方がわかんなくなっちゃった」と言ってきたので、フィルムを入れたら「これでダイジだ(大丈夫だ)」と言って嬉しそうにライカを持ってた、あの時の会話が、まだ耳に残っている。 父との最後の会話だったかも知れない。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

型遅れのα6500でひとつ・・・

500円+100円+50円の小銭が貯まったので・・・ ↑これが・・・ ↓コレになりました。m(_ _)m 父の3回忌の日に、来ました。祈念ということで・・・? 18-135mm着き。ソニーのネットショップから消えて、市場在庫のみとなって、12万弱は底値でしょう。 レンズが、最安値で6万弱なので、ボディとそれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マイクロフォーサーズって・・・

パナソニックGX7Ⅲ+LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH. このレンズはいい。 改めて、撮ってみる。 設計も製造も、完全にパナソニック製だけれど、一応「ライカ」のお墨付きをいただいてる、というレンズ。 デザインとか、質感もライカっぽい。 写りもなんだかちょっとライカっぽい。 カリカ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジャパンカップサイクルロードレース(その8)

さて、レースも残すところあと一周。 ラス前の集団。 レースの大かたは決した感じがします。 後は、トップがどうなるのか? 次にトップでくるのはだれだ?! 集団はどうなんだ?! 追いつけるのか?! これはチーム右京。ドライバーが右京さんだったか?分からない。 相模ナンバーなので、宇都…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ジャパンカップサイクルロードレース(その7)

それにしても、ニコンD7500、車のテカり方が良く出てる。これが嬉しい。 D7300は、こうはならなかったと思う。 トップが来る! 独走である! ここから、一瞬の出来事なれど、コマ送り的にお送りします。 D7500の「3Dトラッキング」というAFモードで撮ると、最初にロックオンした部分を追い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジャパンカップサイクルロードレース(その4)

記録写真ではないので、今年の撮り方は終始こ〜んな感じ。 第2集団だったか、ブリッツェンが集団の先頭を抑えてる感じで、レースをコントロールしているのか? とにかく、他チームがどういう作戦で来てるのか? どう変更したのか?・・・と読みながらレースを考えてゆくのであります。 影の出方がなんかイイ。 この2枚…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジャパンカップサイクルロードレース(その3)

選手の後ろ姿もいいもんです。 スバルがカッコイイ! みんなピカピカだし、欲しくなるわぁ〜〜 最後尾を走る救急車。 その前を走るということは、リタイヤ確実?・・・という線。 カッコイイ!! MAVICのバイクも車もカッコイイ。 今年は、なんか、日本人が戦えてなかった感じがする。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ジャパンカップサイクルロードレーズ(その2)

ほぼ写真だけ、ということで・・・ ニコンD7500+70-300mm。 もう、コレのために買ったようなもの。 感度を低くして、絞って、被写体ブレさせる。 でも、どこかに芯を持たせる。 どこかが止まってる、という撮り方。 こういうのが好きなのであります。 出来上がってみないと分からない。 でも、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジャパンカップサイクルロードレーズ(その1)

ジャパンカップ会場のコースが大きく変わっていた。 元々の世界選手権の時のコースに、ジャパンカップとして足された東の部分が土砂崩れ等で使えなくなっていた。 この赤川ダムの東岸の道も使えず、観戦者は西岸に迂回。 このポイントは好きなポイントだったが、近年人が多すぎて、良く撮れなくなっていて、撮影ポイントから外していたのだけ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジャパンカップ・クリテリウム

西部警察状態・・の、オープニングパレード。 「弱虫ペダル」〜〜!! 外国人選手も楽しんでくれてるみたいなのが嬉しい。 楽しそう〜 がんばれ〜〜〜 スタート前 一週間早かったら、台風でエラいことになってたわぁ〜〜 今回は、なんとか行けた。 前もって、エキサイトシー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more