テーマ:写真

スズメっち

スズメっちゅうのは、一年中活動してるのね〜。 稲刈りが終わった田んぼでお食事したあと、木に止まって、葉っぱを食べてる? それにしても、ここにきて、さすがに寒さを感じるようになってきた。 そりゃそうだ、9月も終わる。 暑さ寒さも・・・とよく言ったものだ。 彼岸の明けの日、隣の特養で彼岸の供養。 9月になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸花の咲く彼岸・・・

当地では、昨日あたりから彼岸花が咲き出した。 今年は咲かないね〜・・・と言っていたが、芽が出てからが早い。 あれよ、あれよ、で咲き出した。 ちゃ〜〜〜〜〜んと彼岸に咲くからたいしたモンだ。 雨の彼岸花。 とりあえずE-M1Mark2+60mmマクロで。 以下、追加のニコン。 何が違う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嗚呼 宇都宮 中心街

宇都宮市の市街地の中心、宇都宮二荒山神社。 二荒山を(ふたあらさん)と、「さん」付けでよんでるようなところがあるけれど、これは、ホントは(ふたあらやまじんじゃ)らしい。 でもみんな「ふたあらさん」と呼ぶ。 ちなみに、この鳥居の両脇に「上野百貨店」というのがあった。 これも「うえのさん」と呼んでいた。放漫経営で潰れたけど。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ソニー18-135mmと、ニッコールZ24-200mmの比較

久々にスカッとした青空だったので、カメラを持ち出して、あれこれ・・ ホワイトバランスは全部オート。 フジX-T30+16mm。まあ、普通。 フジの色は普通で、でも、人工物とかの色が変になる時がある・・・というのが、ワタシの印象。 肌色は良いと言うけど、万能では無い、という感じ。 ソニー、α7Ⅲ+24-105mm…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

空と雲と雷と・・

NHK・BSで連続して「ヱヴァンゲリヲン」を見て、青空と雲と「電柱」を撮ってる。 ウチのスグ脇の電柱。 まさか、これを被写体にするとは?! 天気がコロコロ変わる。 僧言う時は、雲が面白い。 ちょびっと彩雲・・? 露出を落として、撮ってみて分かる感じ。 ウチの観音様。 後ろの後光が良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あれこれ・・・

育つのかと思った入道雲が大きくならず、何度も消えた。 iPhoneの「タイムラプス」で撮ってみるが、ダメだった。 ウチの観音様が、有り難い感じになってる。 夜中、もうオリオン座が昇る季節になったということだ。 深夜、空が抜けてる感じがあったので、撮ってみたが、F4、ISO800、15秒でこれ。 明るすぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どっひぇ〜〜〜〜!!、だわ、まったく〜

キタムラにポジの現像を出したら、2週間くらいかかってしまったので、ヨドバシに行く。 ほぼ、一週間。 しかぁ〜〜〜し・・・・ 1本1,313円〜〜〜〜!! あっりぁ〜〜〜〜!! 参ったぁ〜〜〜〜!! ここんとこ、出掛けることもなく、コンビニもホームセンターでも「持てるだけ」という買い物をしてるので「以前…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

宇都宮、多氣山・八朔祭・万灯会

このブログでは毎度おなじみ宇都宮の多氣山では、明日が八朔祭。 その前の晩の宵祭り・万灯会が行われた。 なにせ、かつて無い規模の台風が近づいているという状況。 雨と風ではどうにもならないイベントだったけれど、ちょうど法要の間だけ、雨が上がった。 ちょっと規模縮小だたけれど、なかなか良い雰囲気。 こっちとしても…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

読書?の・・・夏

先ずは、先日亡くなられた桑田次郎先生の『8マン』。 この5巻に、最終回が2パターン載せられている。 桑田先生逮捕、という事態に、急遽アシスタントさんが描いたものと、後年、桑田次郎先生が描き直されたもの。 そういえば、銃撃され死んだはずの警察官がロボットとしてよみがえる『ロボコップ』を観たときに『8マン』じゃんか?!・・・と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝉ちゃんたちの一部始終〜〜

まぁ〜〜〜ったく、いつまで出掛けられない日々が続くのでございましょう? いや、別に、Go Toナントカ、とか言ってるわけでございますからぁ〜、出掛けても良いのでございますがぁ〜〜 なんたったってぇ〜、今、一番信じられないのが「政府」なのでございますから・・・ 日本の政治というのは、その真価が問われるような危急の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

しつこく、蝉を撮る・・

出掛けられないんだからシャ〜ナイ。 他人、いや、蝉の交尾を覗いて撮るヤツ・・・ ひと夏の恋♡は、フラれました、かな? 出掛けられないから、ただ面白い被写体として、蝉を撮る。 境内の1本の桜の木だけれど、色んな風に撮れるものだ。 はやく出掛けられるようにならないか?・・・と思いつつ、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

行く夏に 振り絞り鳴く 命かな カナカナカナ・・・・

なんか、ちょっと、秋の気配がする、感じがする、気がする・・・ 風が、ちょっと、涼しくなった、ような、気がする・・・ でも、日差しは、まだまだ暑い。 そんな行く夏を惜しむのか、それとも焦っているようにも感じる、蝉の大合唱。 これで「カナカナカナカナ・・・」が鳴き出すと、秋・・・ということか。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

父が撮ったフィルム・・・

3年前に亡くなった父が撮ったと思えるフィルムがあった。 処分するカメラに入っていたものと、片付けていたら出てきた物が、合わせて5本。 未撮影のモノがあったので、光線漏れが疑わしいベッサに入れて、光線漏れの確認で1本。 ポジが2本あった。 計6本を現像に出す。 キタムラに持って行って、出来上がったものは・・・…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

読書の?・・・夏

原芳市『曼陀羅図鑑』 これも「日本の古本屋」というサイトで見つかった。 6×6や、4×5で撮られたモノクロ写真。 自分が憧れつつも、撮れない写真がここにある。 いわゆる「エロ本」という雑誌の仕事をしつつ、ストリッパーなどを撮った写真が魅力的だ。 その人物に近づき、さらけ出されたものを撮る、というようなもの。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雷を撮ってみる

大きな積乱雲が出て「こりゃあ〜雷、絶対くるべよ〜」と思ったが、音沙汰無く、でも雨が降ってきて、さほど大きくないが雷が鳴ったので、テスト。 E-M1 Mark2を出して、マニュアルにセット。 ISOを100にして、絞りは8。 こういう弱いのはISO200かも知れない。 バルブでなく、10秒にして、次々にシャッターを切る。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夏の空。入道雲と雷と。

遠くの入道雲を撮っていたら・・・ ホントのにわか雨! しかも、かなり強い。 まったく天気がワカラナイ。 また、うっすらの虹。 E-M1 Mark2を買った理由のもう一つがこれ。 プロ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お盆に入り、めまぐるしく天気・・

梅雨が明けた途端、高温多湿の夏となった。 青空 強い日差し 熱い風 そして、蝉の声 お盆が始まる 静かなお盆の入りだと思っていたら・・・ ホントに急に夕立となった。 お墓参りをしていて、慌て、走って車に戻る人もいる。 お墓参りをしようと、駐車場に車を停め、出られなくなってるひともいる。 短い間に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウカウカしてると羽化しちゃうゾぉ〜〜〜っと。

夜になると、もう秋の虫が鳴き始めたころ、ようやくセミの「羽化」が撮れた。 午後5時半、地面を歩いている一匹の幼虫があった。 こいつ、意外に早く歩く。 どこ歩ってるんじゃ〜 この後、速攻に落ちそうになったので、助けて、木の根元に置いた。 登るのを見たが、その後見失った。 8時。 背中が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セミ、蝉、せみ・・・

相変わらず、セミの抜け殻を撮る。 今年の夏は、これを撮る。飽きるまで撮る。 蚊に刺されながら、撮る。 ようやく羽化の写真が撮れた。 羽化は、朧気ないい加減な記憶で、何となく明け方だと思い込んでいたら・・・ ググったら・・・夕方だったのだった。 生まれてくるセミも…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

梅雨明け

ようやく、梅雨明け、らしい。 やっと、お月様とお日様が顔を出した、という感じ。 7月における日照時間の短さは記録的だったそうな。 ウチでは、なんと、書院の畳にカビが生える、という事態になった。 表替えをした畳が多かった。 新型コロナ対策で、法事に来られた皆様に書院で待ってていただく、ということをやめて、直接本堂…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今日の抜け殻・・・

オリンパスE-M1 MarkⅡが面白い。 60mmマクロと、深度合成という機能の組み合わせが楽しい。 驚くほど細部の描写をしてくれる。 「さすが、顕微鏡のオリンパス〜」とか思っちゃう。 バックのボケを保ちつつ、被写体のピント深度を深めるという、鬼に金棒な機能でございます。 ちょっと演出。 下の写真と同じ抜…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

マクロ撮影の練習

これがスタンダードな撮り方。 こんな感じでピントの合う範囲は、ホントに1mm、というレベル。 これだと、肝心の被写体全体にピントがきておらず、見難い、という感じ。 同じく。 「価格.com」とかのコメントには「ボケ、ボケ・・・」と言っていて、ボケれば良いという感じがあり「作例」とか言って添付している写真がボケボケで何…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マクロ撮影の練習(深度合成)

オリンパスE-M1MarkⅡの機能に「深度合成」というのがあります。 自動的にピントをズラした写真を7枚撮って、その被写界深度(ピントの合ってる範囲)だけを重ねてカメラ内で合成するというもの。 本来、上の写真と下の写真の間に、1枚入ってます。 この間にも1枚。 この間にも一枚入ってます。 ・・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日の抜け殻・・・

いつしかカエルの鳴き声がしなくなったと思ったら、セミの鳴き声がうるさくなってきたので・・・ 探したら、あったあった・・・抜け殻が。 マクロ撮影の練習。 ソニーα7RⅢ+シグマ70mmマクロ。 やっぱ、マクロスライダーが必要かな? これ以上、ちゃんと撮ろうと思ったら・・ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Go To 日光〜

「G0 To トラベル」の初日、訳あって日光へ。 いろは坂も久し振り。 AZ-1 M2-1015に乗ってた頃は、よく走りに来たもんだ、っと。 路面が荒れてるな〜。 明智平手前。フェラ♡〜リ。こっから先、雲の中。 ここをなんで「明智平」って言うのか? 「明智平」は、家康・秀忠・家光の徳川3代に仕えた天海僧正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多氣山をE-M1 Ⅱで撮る

久しぶりに午前中の火葬場だったので、帰りに、多氣山に寄る。 E-M1 MarkⅡを持ち込む。 新しい機材を手に入れるとテストに寄る、お馴染みのところだけれど、時間によって、天気によって、光によって、毎回違ったアングルがみつかるから面白い。 E-M1 MarkⅡの取れ高は、ご覧の通り。 かなり「えぇ〜んでぇ〜な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

練習、練習・・・っと

どうしても身体がブレるので、高速連写で、ピントの良いのを選ぶ作戦敢行。 水玉の写真は、どこにピント・・・が、いいんだぁ〜?
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「小銭を持たない主義」貯金〜〜

一日が終わったら、財布の中の小銭は全部、コーヒーの空き瓶に入れてしまって、財布の中に小銭は持たない、というやりかたで貯金しております。 この他にも、1円、5円、10円玉は大きいコーヒーの空き瓶に入れてます。 それは、郵便局に持って行きにくくて、結構貯まってます。 1円玉は、だいたい本堂の賽銭箱に入れてしまいます。 小さい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

雨の多氣山へ・・・(その2)

引き続き、多氣山。 ソニーα7Ⅱ+コンタックスN24-85mm。 アダプタ(フリンガー)使用。 雨の中、ポツリポツリと参拝の人がいる。 祈願に追われるような忙しい時期ではないし、主要なイベントも中止となっている。 それでも、こんな日でも、参拝者がいるということは有り難いことだ。 人の信心の尽きるこ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more