テーマ:テレビ

おかしな「情報」を流し続ける愚かなテレビ・・・という困ったちゃん

今年もまた「ぶっちゃけ寺」とかで「正しいお盆のお墓参りの仕方」とかいうのやらないのかな?・・・と思っていたら、最近の単なる観光番組と化した「ぶっちゃけ寺」は、日光の神社の紹介ばかりしていた。 ナンダカナ・・・ と思ったら、違う番組でやってた。 「お盆のしきたり」みたいなの。 これ、(※ただし、お盆のしきたりや考え方は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#僧衣でできるもん~

昨年末「僧衣」で車を運転していたボーサンが警察に違反切符を切られた、というニューズが入ってきました。 それを受けて、すかさず「#僧衣でできるもん」というハッシュタグがTwitterに立った時は、笑いました。 一部メディアでは「僧侶が真っ向対決」というような文脈に持って行きたい感じではありますが、この理不尽な・・・悪く言えは「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お台場ガンダム

僧言えば、コレの完成品を見るのは初めてだったか・・・。 去年の夏、建造ちうのを見たんだった。 この「1分の1」ガンダム、って~物も、旧車天国にあるポインターやサイドカー等々と同じようなものといえる。 スグ隣に、これがあったのも面白い。 ここに旧、いや初代・・・いや「ファースト・ガンダム」があったのは見られなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【真田丸紀行】・・・犬伏の別れ

時に慶長5年(1600)6月、徳川家康は、何度要請しても上洛しない会津上杉家を討伐することにした。 その命に従い、真田昌幸・信繁は上田城から、信之は沼田城から出陣し会津討伐軍に加わったが、昌幸・信繁が下野犬伏(栃木県佐野市)に到着したとき・・・7月21日、石田三成の密使が三成の書状を持って現れた。 下野国犬伏宿の大庵寺に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壊れるBlu-rayレコーダー

今、4台のBlu-rayレコーダーがある。 3台あったうち一台が壊れて、修理の期間のフォローに、1台買ったのだったのだったのだった。 バカやってる・・・。 Blu-rayディスクへの記録ができなくなってしまった。 その前に、再生出来なくなったディスクを見たら、一番内周の所に、油のような物が付いていた。 ・・・んで、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【あまちゃん紀行】・・・まめぶ汁

この前来たときには、「こう」だったまめぶ汁の店・・・ 今回はシャッターが閉まってなかったので期待しておりました。 「袖が浜」を見た後、11時30過ぎに寄ったら、ちょうど暖簾を出したところ。 「ラッキー♡」と入って、やっとありつけましたよ「まめぶ汁」。 ドラマの中で、アキが初めてまめぶ汁を食べた時の、大…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【あまちゃん紀行】・・・北三陸駅&きたてつ

ドラマでは「きたてつ」と言われていた、三陸鉄道・久慈駅。 「さんてつ」が正しい愛称。 ドラマでは実際にあるものを架空のものにしている、という、実にややっこしいことになってる。 場所の配置が一番。 ドラマではJR久慈駅は無いことになってて、北鉄が唯一の電車、という設定。 実際の袖ヶ浜のそばには線路は無く、袖ヶ浜の駅は、堀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【あまちゃん紀行】・・・袖が浜

どうせ行くなら、真冬もいいか・・・と思ったものの・・・やはり、オフシーズンの寂しさではありました。 ドラマの中で「袖が浜」と呼ばれていた漁港は、ホントに小さな漁港で、実際に「北の海女」の素潜り実演が行なわれている所。 そこを実に巧みに使って、撮影されていたことに驚きます。 小袖海女センター。 ドラマではコレがあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【あまちゃん紀行】・・・北三陸

今回、青森にゆく「ついで」に予定したのが「あまちゃん」のいわゆる、聖地訪問。 特に、この「あまちゃんビル」。 久慈駅前再開発は随分前から言われていたようで、「あまちゃん」以後も、その予定は語られていた。 それが始まった、ということを知り、もしかしたら、無くなっているかも知れない。 また、あるなら、もう一度撮りたい、という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブラタモリ」の広告効果~~

大好きな番組「ブラタモリ」。 この「立山編」を見て、いま、ワタシは、戦っているのです! それは、とっても手強い敵なのであります。 それは、それは、ちょっとでも油断しようものなら、トタンに攻め込まれ、打ち負かされるであろう、強敵なのであります。 それは・・・ 「ブラタモリ」の「広告効果」というヤツでなのであります…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

おら「禁・あまちゃん」にせねばなんねど・・・

おら、最近、ちょこっと時間さできると、つい「あまちゃん」さ見でしまうだ・・・ ・・んで、よげいな時間さ過ごしでしまうだよ。 もともと、あさの連ドラを見る習慣は無く、「あまちゃん」は、面白いという評判を聞いても、んじゃ、途中から見るか?・・・という気にもなれず・・・ 甲子園の応援歌になった、ということなど耳にするばかり。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【あまちゃん紀行】・・・袖が浜駅

「あまちゃん」では、主人公のおばあちゃん「夏ばっぱ」の家があり、北の海女がいる浜がこの下にある、という設定ですが、ここの下には、数件の人家と、港があるだけ。 「袖が浜」は、久慈駅の近くにあります。 ホームには、「袖が浜」と書かれた看板が置かれています。 劇中のとは違って、新たに作られたものではありますが。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【あまちゃん紀行】・・・北三陸駅

二泊三日のねぶた行きのはずが、葬儀が入って、急遽、一泊に変更。 選択肢は・・・ 天候も考えて二泊の予定にしていた。 ホントは、もう一回見たかったけれど、2日目、ねぶた点灯後すぐに帰らないとその日のうちに宇都宮に着けない、と言う状況。 さて・・・ 今は、それでも「ねぶた」を見ておけば良かった、とプチ後悔。 県立美術…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【真田丸紀行】・・・九度山(その2)

まだ大河ドラマの話もなかった時の九度山に訪れたのは2012年。 ゲーム・アニメの「戦国BASARA」で、戦国武将がブームとなり、ウチの次女のような「歴女」が出てくるキッカケとなった。 ドラマ「真田丸」では、信繁の兄・信之が「食うに困るようにはさせん」と言って、「そばの実」を送り続ける、という話になってる。 確かに食…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【真田丸紀行】・・・九度山

「九度山」と言えば、私らにとっては「高野山」との関わりの方が大きく、真田幸村以前から存じ上げておる場所でござる。 高野山を開かれた我が宗の開祖・弘法大師空海さんの母が暮らしていたという慈尊院がある。 高野山は女人禁制のため、母君は高野山へは参れないので、空海さんの方で、月に9度母に会いに来ていたことから「九度山」という地名が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【真田丸紀行】・・・真田の郷

真田氏記念公園。 「真田氏発祥の郷」の石碑の揮毫は、『真田太平記』の著者、池波正太郎氏によるものだとか。 真田三代(幸隆・昌幸・幸村)のレリーフ。 ところで、この真田三代というときに、信繁の兄・信幸(信之)でないのは、おかしくないかい? 真田の郷のあちこちに、こういうのが植えられた畑がある。 何とな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【真田丸紀行】・・・戸石城(砥石城)

砥石城への登山道入り口にある看板。 こういうのは、時間と共に痛みやすい。 こういうのが「みすぼらしく」なると、「ブーム」が去った後が、余計に寂しくなるので、そうならないようにして欲しいと願うばかり。 そうなりつつあるから・・・ 砥石城・米山城・・・両城制覇と目論んだが・・・ 仰る通りでございますよ~。夏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【真田丸紀行】・・・真田本城・山家神社

また来ちゃった~真田本城。 それにしても、ここは急な山であって、見晴らしはいいけれど、さて、具体的に、戦いのイメージが湧かない。 それに、上り下りがキツすぎると思う。 さて、昔の道はどうだったのだろうか? いや、どっちにしても、この高低差を上り下りするのは大変だ。 攻めることも難しく、籠城も難しい。どういう使わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【真田丸紀行】・・・長谷寺

ウチの中を色々片付けていたら、真田丸関係の本が見当たらなくなってしまい、とりあえず行き当たりばったりで「ゆきむら夢弘法・・・いや、夢工房」にて情報収集。 第一の目的は、真田の墓所、長谷寺。 →→http://www.chouk.or.jp 情報といえば、あちこちに、この「真田丸」の案内板がある。 こうなると、写真…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【真田丸紀行】・・・大阪城~真田丸跡

NHK大河ドラマ「真田丸」が終わってから、ゆかりの地を訪ねております。 先だって、関西に行った折に、大阪城から、真田丸跡地へと歩いてみました。 大坂城から真田丸までは、1.5kmだそうな。 ここは是非、戦国の世に思いをはせつつ、さて、歩いてみようでござらぬか。 大坂城の南、森之宮入路交差点から南下。 「難波宮跡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰でも発言・・・が、良いわけではない・・・と思う

最近、テレビの画面にTwitterの投稿が使われるのをよく見る。 だいたい、どうでも良いようなことが書かれている。 ホントに、ど~でもいいようなコメントばかり。 これが、この番組に必要なの?というものばかり。 テレビは、これで何を言いたいのだろうか?  どういう意味があってそのような構成になっているのだろうか? …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

臨時出費~~

Blu-rayレコーダーの具合がおかしくなった~。 Blu-rayディスクにダビングすると、できるんだけど、そのディスクを出して、入れると、認識しない。 ほかのレコーダーなら再生できる。 以前は、これが次第に他のレコーダーでも再生出来なくなって、壊れた。 ヤベッ、データがダメか?!・・・と思ったが、駆動部の交換だけで…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

これはこれは・・・の7日目

実は、女房が「鶏大嫌い」・・・でございます。 今年は、嫌な年なんだろな・・・? 「年賀状に若冲のが多い」と言ってた。 ・・・超細密かつモリモリの若冲さんの絵は、嫌いなんだろな?・・・(^^;) そう言えば、去年は、若冲さんがクローズアップされておりました。 「生誕300年」だったですね~。 その前に、アメリカでコ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

【真田丸紀行】・・・上田城

もともとは、いわゆる「歴女」だった次女を連れて、夏休みとかにお城を巡っていたでした。 長女・長男は部活に忙しく、また、夏は忙しさの渦中にあり、何処へも連れて行ってあげられないので、せめて、好きなお城を、と思って・・・ パイロンさえも赤備え~。(^_^)v 今回、何故、この暮れの慌ただしい時に、慌ただしく出かけたか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【真田丸紀行】・・・物語のはじまり

記事には書かなかったですが、この一年、見続けたのが、NHK大河ドラマ「真田丸」。 ドラマが終わったら、ゆかりの場所を巡ってみようと思っておりました。 それについて書きながら、ドラマについても書いていって「丸ロス」をなだめて行こうと、ドラマの途中から思っていました。 この度「最終回が明日」という日に、信州大学に行く用…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ウルトラマン50年~~

7月10日・・・世間は、選挙だというこの日。・・・実は、ウルトラマンの初回放送から50周年なのであります~。 ここんトコ、テレビやら、今日は、ラジオでも、ウルトラマン関係のあれこれがあって、何とも嬉しい日々であります。 でも・・・50年か・・・「半世紀!!」っすよ~~!! んで、本日、FBとかで浮かび上がってきたの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

これは、偶然のなせるワザ?!

5月17日、おそらく、日本人のごく一部ではあろうかと思いますが、ちょっと嬉しい気持ちになっていたんではないか?と思います。 ホントに一部でしょうが「ほっこり」している人が、結構いたと思うのです。 この2冊がお店に並んでいます。 並んでいるのを見て思ったですが・・・ これって、サンデー毎日=毎日=TBSテレビ。週刊朝日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今更ながら・・・SMAPのコト

今更ながら、ワタクシ如きが、あれこれ言ってもねぇ~~・・・ということですが・・・ なんだか、イヤでも、という感じで、毎日、耳に入ってくるので、不快極まりない・・・(>_<) SMAPというアイドルグループが、単なるアイドルという域を超えた存在になっている、ということも、よく語られている。 とはいえ、香取クン…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ガラクタパラダイス~【あるポスター】

両親が主に使っていた事務所を整理して、私が仕事をするスペースを作っているのですが、その一角、壁の上の方に、キャビネットに積まれたお茶の空き缶の上に・・・ 古びたポスターが下げてあります。 「若貴」・・・ですぜ(^o^) そこに何だかなぁ・・・的、「武者小路実篤」的な「ひとこと」を住職が書き足しています。 住職は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「直葬」は「葬儀ではない」のだよ・・! (その2)

実は、このテーマで書き始めて、思い出したケースがあります。 それは、栃木県の塩原市での葬儀でしたが、火葬にしてから葬儀をするのが当たり前、ということでした。 勿論、この場合、寺は、「枕経」などの形で読経をしているのだと思いますが。 おそらくこのケースは、火葬場が近場に無くて、融通が利かないか、火葬所までの往復に時間がかかる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more