テーマ:旅行

【真田丸紀行】・・・信綱寺・長谷寺

信綱寺(しんこうじ)。扁額には「信綱禅寺」とある。 室町期、尾引城主横尾氏の菩提寺として梅ノ木に大柏寺が創建される。 上田原の合戦で横尾信光が討死し、以後廃寺となり天正3年(1575)打越に移して打越寺とした。 文禄3年(1594)、真田昌幸が長篠の戦いで戦死した兄・信綱の牌所として信綱寺と改称。 享保2年(1717)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の記録・・・信州へ

法務も無く、天気も良いし・・・ということで、車を飛ばします。 信州へ、毎度の日帰り車の旅。 第2の目的地は、冬季閉鎖。 ・・・というのは知ってたけれど、雪が無さそうなので「行けるかな?」 ・・・と思ったのは甘かった。 5月まで待とうホトトギス・・・ 次女が信州の大学に行ってた時には、その演劇の公演を見るために…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

旅の記録・・

何と言っても、2月14日はバレンタインズデーということで、京都タワーもこの有様。 ナンダカナ・・・であります。 京都に着いてまもなく夕食。 駅ビルの上の方のレストラン街へ。 なんとなく、天丼定食みたいなの。 味が良いのか悪いのかはまったくワカラン私ですが。 法隆寺の門前で「ぜんざい」。 この前に「梅そば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【街の断片】・・・旅

窓の外を流れる景色を、 途方も無い第三者として眺める。 刹那刹那に過ぎゆく景色は、 紛れもなく、人の営みだ。 人が生きている証としての景色が、 数多の一生を孕んだ物が、 そんな物など無いかのようなスピードで、 軽やかに過ぎて行く。 圧倒的多数の、人生の、全てが、 意味など無いかのように、過ぎて行く。 私は、ただの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の記録・・

「聲明の夕べ」が終わり、急いで京都駅へ。 東京駅発の東北新幹線最終に乗るための新幹線に乗るため。 でも案外時間があったので、夕食は、いつもの構内のカレー。 やっぱ、美味いと思う。 というか、ほぼパブロフの犬なんぢゃなかろうか?・・と思う。 ゴルフを始めた息子が、仲間に「またカレー喰ってる」と言われるそうな。 「確かに…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

しぃ〜らなぁ〜い〜ま〜あ〜ぁ〜ちぃ〜を〜〜

NHK・BSで「中井精也のてつたび」という番組の再放送をやってる。 もともと鉄道を被写体にする気持ちは無かったワタシではありますが・・・ 「知〜らな〜い街〜を 歩い〜て〜み〜た〜い・・・」なのであります。 旅に出たいとボゥ〜〜〜〜ッと思っています。 一昨年の春、というか、現地は冬・・・ ウルトラセブン・ねぶたの展示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の記録

旅はいつもここから始まる。旅と言っても一泊ですけどね。いつものことで。 新幹線のコーヒー。 今回は、アイスとスイーツとセット。 人間ドックで、膀胱・前立腺関係に「?!」だったもので、一日何杯も飲んでいたコーヒーを一日一杯にした。 でも、今日はトクベツ。・・・2杯飲んじゃう〜。 夢のひととき・・。 キレイな…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

旅の思ひ出

奈良博のカレーライス。スープ付き。 今、Twitterニ「かれー坊主」ト名乗ル者アリ。 仏教→インド→カレー、トイウ論法ナリ。 意図おかし。 京都に戻って、東寺に行く。 紅葉は下り坂四合目、という感じ。 曇ってたから、それほどでもない感じ。 せめて晴れてたらな〜、という感じ。 ライ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

旅の記録

本山の朝の勤行の時間に行って、外だけれど、撮りたい写真を撮って、ホテルで朝食を摂り、奈良へ向かう。 行きの新幹線内で、スマホに入った情報を見て、奈良博へ。 いつも思う。 ヤマト最大時・・いや、大和西大寺駅から出てる線路のこのポイントの入り乱れがスゲ〜と思う。 ちゃんと行くのか?・・とちょっとドキドキする。 鹿を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

突撃、日帰り、奈良の旅〜〜

そ〜いうワケで、またまた、得意の弾丸日帰りツァ〜。 お盆関係で混んでるかと思ったが朝の新幹線は案外空いてた。自由席で良かったかも知れない。 テレビで、女性のタレントさんが「可愛い家」と言ってたお家。 JR東日本のも良いけど、JR東海の『ひととき』も良い。 あまり出かけられなくなって、郵送の定期購読にした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

50年後の納経帳

父のアレコレを片付けていた女房が、古い納経帳を見つけた。 四国のものだった。 「昭和42年4月10日起首 4月24日成満」・・・とある。 思い出した、祖父のだ。 遷化される前の年に四国を回って、大変だったと聞いたことがある。 ガンを抱えて、2週間で回るのは大変だったろう。 帰って来るや、玄関の前で涙ぐんでいた、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日帰り、信州への旅

長ぁ~~~いトンネルを抜けるとそこは信州だった。 次女の住むマンション(アパートと言っても過言では無い)の契約が切れるので、荷物の一切を引き上げるために、女房のステップワゴンを走らせる。 その前に、先日、女房が赴いて、家具などの引っ越しは終わっていた。 その後も、まだ用事があった娘が身の回りの物を置いたままだったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぁ~ごやぁ~だぎゃ~~~

自販機。なんだかワカラン。 なんとなく、こういう路地に嗅覚が働く。男の本性が、まだ生きてるか・・・。 写真としてはオモロイ。 もっと昔から色々撮っておけば良かった、と思う。 こういう写真、良く撮るな~。 オリンパス、 OM-D E-M10MarkⅢ。キットズーム。 縦横比4/3だと、ナンダカ作品的…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

根来寺

根来寺(根來寺・ねごろじ)は、和歌山県岩出市にある新義真言宗総本山の寺院。 一乗山大伝法院根来寺というらしい。 残念なのが、院号と次号の順。 本来なら(順番から言っても)「根来寺 大伝法院」であるはず。 ただし、これだと、最終的にひとつの建物をさすだけになってしまうので、最後に「寺号」を持ってきたい、という気持ちはわかる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根来寺で涅槃会

「涅槃会の会」の「涅槃会」(真言なので、一応「常楽会」)は、14日、午前10時から、ほぼ5時間の法要でした。 「遺教会」の記事で書いたように、この会には、新義真言宗、新義・豊山派、新義・智山派と、古義真言宗から集まった有志による法要。 本来、このようなことは大凡無い。 さすがに、他流の声明は唱えられないから、部分的、声明曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根来寺で遺経会

「涅槃会の会」という集まりがあります。 真言宗の声明には大きく古義・新義とあり、新義の中に我が智山派と長谷寺の豊山派があり、大きく分けて三流があるわけですが・・・ その中の、主に豊山派が中心となって集まったのがこの「涅槃会の会」です。 涅槃会の会(Facebookのプロフィールより抜粋) この会は添野智譲師・孤島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根来寺で 途方に暮れる 日が暮れる

我ら新義真言宗にとっては極めて重要な地、根来に行って参りました。 根来寺HPお薦めのコースその1、大阪より和泉砂川駅へ。 ここからの地元バス・・・が、よ~ワカランですわ、これが。 駅前の乗り場で見てもナンダカワカンナイし、1時間に1本くらい。 他に、循環バスがあるようだけど、これもなんだか、旅行者にはよくワカラン。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぐるぐるエンドレス~?

帰りの新幹線。疲れもあってコーヒー+アイスを買うことが多い。 ・・・・というか、毎回。 コーヒーを飲み終わる頃に、アイスが食べ頃になる。        ↓ アイスを食べる。        ↓ コーヒーが飲みたくなる。        ↓ 車内販売のオネイサンが戻ってくる。        ↓ おまけにカワイイ&#…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【真田丸紀行】・・・犬伏の別れ

時に慶長5年(1600)6月、徳川家康は、何度要請しても上洛しない会津上杉家を討伐することにした。 その命に従い、真田昌幸・信繁は上田城から、信之は沼田城から出陣し会津討伐軍に加わったが、昌幸・信繁が下野犬伏(栃木県佐野市)に到着したとき・・・7月21日、石田三成の密使が三成の書状を持って現れた。 下野国犬伏宿の大庵寺に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都・大原・三千円・・・ぢゃない、三千院

実は、大原のバス停を降りて、三千院の参道に入る前にこのポスターが目に付く。 ポスター好きとしては、これも、興味あるトコロ。 まえはら・・・ここにおったんかい~?! 人がうじゃうじゃいても、ちょっと待てば、一瞬だけど人がいなくなる瞬間がある。 写真を撮る人参考になさいませな。 人を入れて写真をまとめる工夫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悠々として急げ

大原に向かおうとしたら雲行きが怪しく、念のため折りたたみ傘を買って行った大原・・・ 結局、雨は降らず、日差しさえあった。 こうして、傘が増える・・・ (^o^) 勝林院で神仏習合の資料を拝見して、実光院へ。 声明公演があるので、ケツカッチンの慌ただしい参拝だけれど、ほんのひととき、庭をめでる。 見るだけ50…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都へ・・・

・・・続き。 本山のあれこれ。・・・ま、こういう物は何気なく江戸から続いているものだったりする。 今回、カメラはSONYα7Ⅱ+16-35mm。α7Ⅲ+24-105mm。 レンズ交換をしないで、2台を使い分ける。SONYが小さいからできること。 16-35mmも、大きさを優先して、F2.8ではなく、F4のにしたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供の日 あの日見た 海のかおりよ

その昔、ワタシが小学生だった頃・・・ ワタシに「おねえちゃん」と呼ばせていた叔母が、茅ヶ崎の「浜見平団地」というトコロに住んでいた。 ワタシは、小学生の時の夏、何回か、訪ねて行った。 勿論、海で泳ぐために。 その「浜見平団地」という名前を、ある日、ふと思い出して、ネットで見たら、「浜見平団地 建替え」とかいうワードが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三日ボーズ、北へ・・・また、また、また、セブンねぶた

「ウルトラセブンねぶた」の展示も今月いっぱいとのことで、最終日の搬出の手伝いも、来月の解体式にも行けそうにないので・・・行ってきますた~、お別れに。・・・ひとり、ひっそりと。 相変わらず、東北新幹線はやぶさは、仙台で乗り換え。 ホントなら、ついでに牛タンでも食べたいところですが、乗り継ぎのみ。 今度ゆっくり来るからね~…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カメラバッグの旅

先日の東北の旅で、しっくりこなかったカメラバッグを考えてみた。 ・・・んで、HAKUBAから出ている「ルフトデザイン・スイフト03・ショルダーバッグ」というのを買ってみた。 W350×H300×D150。写真のようにPEN-Fとα7Ⅱが入って、おまけが入る。 がま口の様に口が開くのが特徴で、カメラを取り出し易い。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【三日ボーズ 北へ】・・・ウルトラセブンねぶたに再会する

昨年夏に見に行った「ウルトラセブンねぶた」。 それは、祭りが終わった後も、各表彰を受けた「ねぶた」と共に、ねぶたの家「ワ・ラッセ」に展示されていた。 それも、いよいよ今月いっぱいで終わりだという。 「その後」は・・・解体!・・・なのだそうな。 その前に、何としても今一度・・・と思って参ったわけであります。 同時に、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【あまちゃん紀行】・・・まめぶ汁

この前来たときには、「こう」だったまめぶ汁の店・・・ 今回はシャッターが閉まってなかったので期待しておりました。 「袖が浜」を見た後、11時30過ぎに寄ったら、ちょうど暖簾を出したところ。 「ラッキー♡」と入って、やっとありつけましたよ「まめぶ汁」。 ドラマの中で、アキが初めてまめぶ汁を食べた時の、大…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【あまちゃん紀行】・・・北三陸駅&きたてつ

ドラマでは「きたてつ」と言われていた、三陸鉄道・久慈駅。 「さんてつ」が正しい愛称。 ドラマでは実際にあるものを架空のものにしている、という、実にややっこしいことになってる。 場所の配置が一番。 ドラマではJR久慈駅は無いことになってて、北鉄が唯一の電車、という設定。 実際の袖ヶ浜のそばには線路は無く、袖ヶ浜の駅は、堀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【あまちゃん紀行】・・・袖が浜

どうせ行くなら、真冬もいいか・・・と思ったものの・・・やはり、オフシーズンの寂しさではありました。 ドラマの中で「袖が浜」と呼ばれていた漁港は、ホントに小さな漁港で、実際に「北の海女」の素潜り実演が行なわれている所。 そこを実に巧みに使って、撮影されていたことに驚きます。 小袖海女センター。 ドラマではコレがあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【あまちゃん紀行】・・・北三陸

今回、青森にゆく「ついで」に予定したのが「あまちゃん」のいわゆる、聖地訪問。 特に、この「あまちゃんビル」。 久慈駅前再開発は随分前から言われていたようで、「あまちゃん」以後も、その予定は語られていた。 それが始まった、ということを知り、もしかしたら、無くなっているかも知れない。 また、あるなら、もう一度撮りたい、という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more