テーマ:成田亨

マン・セブン・ヒューマンの立像

ウルトラマン、ウルトラセブン、マイティジャック等々をデザインされた成田亨先生が手がけたヒーロー「突撃ヒューマン」。 そのブロンズ像が青森県立美術館での大々的な展示会の際に、そのミュージアムショップで販売されていた、とても手が出る代物ではなかったが・・・ 実は、それを、なんと、父が残してくれたお金で買ってしまったワタシだったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三日ボーズ、北へ・・・青森県立美術館

今回の、県をまたいだ移動の自粛解除便乗ドトーの日帰り強行軍を決行した切っ掛けは、青森県立美術館のFacebookに載せられたこの動画だった。 「富野由悠季の世界」も気になっていて、延期になったけれど、確か、来春に決定したはずで、前売りでもあるかなと思ったら、チラシも無かった。 何と!、成田亨先生の、大江山「鬼のモニュ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

七夕はウルトラセブンの日?

「7・7」、セブン・セブン・・・で、「ウルトラセブンの日」でいいじゃね~か~・・・ということでしょうね~、モロボシ・ダン、こと、森次晃嗣さんのお店「ジョリー・シャポー」で、イベントをやり、かつ、ポインターが来る!・・・というので、去年に引き続き行ってきますた。 湘南ってことでいいでつか?・・鵠沼という所にあります。 駅か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三日ボーズ、北へ・・・また、また、また、セブンねぶた

「ウルトラセブンねぶた」の展示も今月いっぱいとのことで、最終日の搬出の手伝いも、来月の解体式にも行けそうにないので・・・行ってきますた~、お別れに。・・・ひとり、ひっそりと。 相変わらず、東北新幹線はやぶさは、仙台で乗り換え。 ホントなら、ついでに牛タンでも食べたいところですが、乗り継ぎのみ。 今度ゆっくり来るからね~…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【三日ボーズ 北へ】・・・ウルトラセブンねぶたに再会する

昨年夏に見に行った「ウルトラセブンねぶた」。 それは、祭りが終わった後も、各表彰を受けた「ねぶた」と共に、ねぶたの家「ワ・ラッセ」に展示されていた。 それも、いよいよ今月いっぱいで終わりだという。 「その後」は・・・解体!・・・なのだそうな。 その前に、何としても今一度・・・と思って参ったわけであります。 同時に、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ダンとアンヌの ひなまつり

何とも、締まらない、情けない顔をしておりますが・・・至福♡でありました。 3月3日、アンヌ隊員こと、ひし見ゆり子さん企画による「ダンとアンヌのひなまつり」というイベントが、ひし見さんのご主人のお店「アジアンタイペイ」にて開催されました。 ひし見さんのご主人のお店があるのは、ず~~~っと以前から知ってはおったで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ねぶた祭へ GO! GO!! GO!!!

ホントに、いいのかな~、今、オレは、こんなトコにいて、ホントに大丈夫なんだろか? ・・・そう思いながら、生まれて初めての「ねぶた」に心奪われておりました。 2017年(平成29年)3月1日、ウルトラセブン放送開始50年を記念して青森ねぶた祭2017に「ウルトラセブン」と「エレキング」のねぶたを出陣させることを目的として青森ね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モロボシ・ダンのお店に「ポインター」がやって来たぁ~

ウルトラセブンの主人公「モロボシ・ダン」を演じられていた俳優の森次晃嗣さんのお店が、藤沢市鵠沼海岸にある。 名を「ジョリーシャポー」という。 →→http://kohji.moritsugu7.net ・・・ということは、確か、ウッチャンナンチャンの番組で、東海道をママチャリで走る、という規格の、初っぱなに出たと記憶し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ウルトラセブン、50年。・・・そして「ねぶた」になる!

1967年(昭和42年)10月1日、ワタシ、9歳の時。 ウルトラマンの音楽を「子供っぽい」と感じてしまうような重厚な音楽と共に、それは始まった。 タイトルバックの絵もタイトル文字も、何ともセンスある感じが、子供心にも分かった。 「なにか、凄いモノが始まる・・・」そんな期待感がわき起こってきた。 ワクワクする感じがあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウルトラセブンの「ねぶた」だよ~~ん!!

初めは、「アンヌ隊員」のツイートで知りました。 たとえ、ツイートでの一方通行でも、憧れのアンヌ隊員と繋がっていられるというだけで幸せなのであります。 それだけでも、文明に感謝しているのであります。 さて・・・「ねぶた」なのでありますよ。 その名も!・・・ ウルトラセブン青森ねぶた祭に出陣プロジェクト!~~~~!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田亨・資料展

法会の女人・Caster6さんからの情報トス、で、「行けないな」・・・と諦めると同時に忘れていた展覧会を思い出して・・・大阪での声明公演のついでに、前日入り一泊で、成田亨先生の資料展に。 尼崎市西長洲町にある「A-Lab(あまらぶ アートラボ)」という所。 「尼崎」駅がふたつあるとはつゆ知らず(^^)、JR尼崎駅で降りて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウルトラマン誕生50周年

7月10日、折しも参院選の投票日。 この日は、もうひとつの大切な記念日でもあった。 ・・・7月10日・・・昭和41年(1966)7月10日、日曜日の夜7時から・・・ 「ウルトラマン」が初めてテレビ放送された日なのであります。 正しくは、第1話「ウルトラ作戦第1号」が放映されたのは、翌週の17日。 10日には「前夜祭」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウルトラマン50年~~

7月10日・・・世間は、選挙だというこの日。・・・実は、ウルトラマンの初回放送から50周年なのであります~。 ここんトコ、テレビやら、今日は、ラジオでも、ウルトラマン関係のあれこれがあって、何とも嬉しい日々であります。 でも・・・50年か・・・「半世紀!!」っすよ~~!! んで、本日、FBとかで浮かび上がってきたの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

成田亨展、三度!

やっべ~、もうゴールデンウィークかよ~(>_<) ・・・と思ったのもつかの間、その5月も「あと三日」でございます。 ・・・ということは、青森県立美術館で開催中の「成田亨展」も「あと3日!」なのであります~! そういえば、善光寺の「御開帳」も「あと3日」なのでありますが、実は、まだ、行ったことがございませぬ(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田亨展「ドキュメントブック」

先日の突然の青森行きは、実は『成田亨 美術/特撮/怪獣 ドキュメントブック』というものが発売された、ということを美術館のFacebookで知ったからでした。 これです、これにハメられて行って来たわけですね~(^o^) ↑↑ 通販もされているというので、即注文したものの・・・ 美術館では、特典としてウルトラ警備隊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田亨先生の「大回顧展!」

ウルトラマン・セブンのデザインをされた成田亨先生!の回顧展「成田亨 美術/特撮/怪獣」・・・が、4月11日より5月31日まで青森県立美術館にて開催されています。 これまで、昨年7月19日から8月31日まで、富山県立近代美術館で「成田亨 美術/特撮/怪獣―ウルトラマン創造の原点」と題して開催され、また、今年の1月6日から2月11…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

成田亨──美術/特撮/怪獣─

今回の九州行きの第一目的は、コレ。 福岡市美術館で開催されていた「成田亨──美術/特撮/怪獣─」 それに、ここの写真をFacebookにアップしている方がいて、それを見て行く気になったのです。 この掲示・・・イイ!! スンバラシイ!! これぞ、成田亨!!!・・・って感じです。 これは、去年の8月に、富山で開催されたも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田亨 美術/特撮/怪獣―ウルトラマン創造の原点

成田亨(1929-2002、青森県出身)は、独自の半抽象彫刻の道を切り拓き新制作展で活躍、気鋭の彫刻家として脚光を浴びました。 その一方で、美大在学中の『ゴジラ』制作参加をきっかけに特撮の世界へ飛び込み、1960年代後半には初期ウルトラマンシリーズのヒーローや怪獣、メカなどのデザインを手がけます。 そこには、彼の芸術家としての造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田亨作品集!!!!!

現在、富山県立近代美術館で開催されている「成田亨 美術/特撮/怪獣」展の、オフィシャルカタログという触れ込み。 先日も、久しぶりに大江町の鬼のモニュメントに会いに行ってきましたが、残念ながら、招待状をいただきながら!・・・開会式にも、翌日の奥様と息子さんとの対談へもうかがうことできず、非常に悔しい思いをしております。 ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本の鬼の交流博物館

写真の右にあるのが「日本の鬼の交流博物館」です。 http://www.city.fukuchiyama.kyoto.jp/onihaku/index.html この「大江」には「酒呑童子」の伝説があります。 平安朝、一条天皇の頃。西暦1000年前後・・・。 京の都は栄えていましたが、それはほんの一握りの摂関貴族たち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鬼のモニュメントへ・・・

今回、京都に行った「2番目の目的」は「鬼のモニュメント」に会いに行くということでした。 久し振りです。 京都なのですが・・・遠いのです! 京都府福知山市大江。 その昔は・・「加佐郡大江町」だったのですが、合併により2006.01.01から福知山市になったのでした。 その後に、1回行った、か、な・・・? 「鬼の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三日ボーズ、青森へ行く(その5)ウルトラマン

今回の青森行きのもうひとつの目的は「青森県立美術館」へ行くことでした。 ここの常設展に「成田亨」先生の作品があります。 成田亨先生は、ご存じ「ウルトラマン・ウルトラセブン」などのデザインをされた先生です。 1929年9月3日、神戸市で生まれ、幼少期より父方の故郷である青森市にて育つ。 Wikiには「青森県出身のデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

み~んなでウルトラセブンになろう!

次女が、授業中の板書がよく見えないというので、眼鏡を作りに行って来たら・・・ 入学しての健康診断で「目が悪い」という結果が出て、眼科に行って処方箋もらって、眼鏡作って、眼科行って証明書みたいの貰って・・・か? でも、検診の結果がまだ来なくて、来たとしても「眼科行って・・・・」で色々時間がかかるだろうから、当面のその場しの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ウルトラマンのデザイン

最近、自販機にウルトラマンの炭酸飲料が並ぶ。 コンビニでも、ウルトラ・シリーズのあれやこれやがデザインされたものが当初並んでいたが、結局「セブン」と「マン」に集約されたようだ。 それだけ、このデザインが秀逸であるということだろう。 セブンとマン以外は、皆、この亜流である。 この二つのデザインは、その後も、外すことのできな…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

京都へ・・(2)京都の鬼を考えた

智豊合同布教講習所を午前中で失礼した。 話しの内容が、ここのところ「スカ」であることが多く、今回もそうなりそうだったので、お昼も食べずに電車に乗って「大江」に向かった。 大江町は、最近、福知山市と合併し、福知山市になっていた。 大江には、福知山駅から「北近畿タンゴ鉄道」というのに乗り換えるが、JRからそのまま連絡する特急が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北へ・・・(4)東北地方の鬼を考える

恐山に行く途中、岩手県・北上市にある「北上市立 鬼の館」に寄る。 そこには、成田亨先生の「鬼のレリーフ」がある! 以前、成田先生の七戸での展覧会に行く際にも立ち寄ったが、もう一度見たかったのと、良いのか悪いのか分からないが、写真を撮っておこうと思ったのだ。 暗い所にあるが、デジカメなら撮れる、という訳だ。 どうして、…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

冬木透CONDUCTSウルトラセブン

「ウルトラセブンの音楽を創った男」冬木透! 「ウルトラセブン」を交響楽団で 一夜限りの演奏会 「ウルトラセブン」の音楽を作曲した冬木透さんが、東京交響楽団と合唱団を率いて指揮する一夜限りの演奏会「冬木透 CONDUCTS ウルトラセブン」を見るために、東京オペラシティコンサートホールに行ってきた。 42年前の作品であ…
トラックバック:3
コメント:7

続きを読むread more

もう一度、成田亨展へ

12月24日午後、足利市立美術館へ車を飛ばし、最終日の展示を見た。 大江山の鬼のモニュメントは、何度見ても素晴らしい。何回も何回もグルグル回って見ていた。 「北上市立鬼の館」にある鬼のレリーフも素晴らしい。 会場に流れていたビデオ。ご存命中に、個展の会場で作品を解説する先生が、ほんとに嬉しそうであり、作家が個展を開く喜びが…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

足利市立美術館「成田亨、怪獣と美術」展へ

現在、三鷹に引き続いて足利市立美術館で、成田亨「怪獣と美術」展、開催中。 昨日、会場へ行き「成田亨を語る」という対談を聞いた。 対談は、故・成田亨夫人の成田流里さんと、清水節さん。 清水さんは、成田先生が亡くなる直前に先生を取材され「クール・トイズ」という雑誌に「成田亨の造形芸術」という記事を書かれていた方。 実はこの記…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

成田亨「怪獣と美術」展へ

今日、三鷹で開催中の成田亨展に、ようやく行くことができた。 そういえば3年前の今日は、成田先生が、幼少の頃、青森県で過ごされていたという縁から、青森県の七戸で開催された、没後初の回顧展「成田亨が残したもの」に行っていた。 なぜ覚えているか? それは私の誕生日だからです。 今回は、会場入り口で流れていたビデオをじっくり見られ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more