倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS デジタルとフィルムと、色々使う

<<   作成日時 : 2009/01/18 00:33   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

今回の京都行きでは、色々なカメラを持って行った。
マミヤ7U、オリンパスE-30、クールピクス5100、ニコンFA+20mm。
重かった。でも試したかったのだ。

マミヤでは80mmをやめて65mmと43mmを持って行き、ネガとポジで撮る。
智積院金堂内でISO800のカラーネガを1600に増感して使ってみる。
それとE-30をISO800相当で撮ったものと、どう違うだろうか?

御七日御修法では、E-30のデジタル写真と、マミヤ7にカラーネガ、で比較のつもり。
太陽の塔ではマミヤ7にポジとネガで撮り、E-30と比較。

解像力云々の比較ではなく、プリントを並べてみて、どうなのか?
感覚的にどう違う印象を受けるのか?受けないのか?というもの。

クールピクス5100は、最近はブログ用の写真を撮るのと、常に持ち歩くメモ代わりのような使い方になってしまっているが、晴れた屋外なら、一眼とそう劇的には落ちないはず。
これもきっちりチェックしたい。
実際、ブログ用の写真を撮りながら、それから、E-30のメモリーがいっぱいになってしまって撮れなくなり、太陽の塔の撮影のラストはクールピクスで撮った。

ニコンFAと20mm f3.5は、周辺光量が落ちる古いレンズ。
これにポジを入れて同じ物を撮り、どう印象が変わるのかを、実例としてプリントをすることで見てみたい。

これらを全部六ツ切(A4くらい)に伸ばして較べてみたいと思っている。

実は、御七日御修法の朝6時の列進の時に、アマチュアとおぼしきカメラマンが、キヤノンの一眼に望遠ズームでフラッシュ無しで、カシャカシャ撮っている。
「使える高感度」と「ブレ補正」でフラッシュ無しで気軽に「撮れる」のか・・?・・と気になって仕方がなかった。どんな風に撮れているのだろうか? 聞いてみれば良かった。
高感度デジイチなら、本山の金堂内でだって、望遠で撮れるかも知れない。

高感度OKのデジタル一眼だと「撮れなかった写真が撮れる!」という点に魅力を感じる。
・・でもそれを撮るにはニコンのフルサイズ。・・・べらぼうな値段だ。
それよりは、欲張らずに「撮れる写真」でいいではないか、と思うことにして・・・
フルサイズは諦めろ、と自分に言い聞かせる。

マミヤ7Uにはまだ慣れない。
もはや体の一部、と思っていたnewマミヤ6と殆ど同じようなカメラなのに、まだ慣れない。

・・どうしてかと思ったが、どうもデジタルが邪魔をしているのかも知れない。・・・と、考えた。
デジタルだと、簡単に良く写る。露出補正でも何でも簡単にできて、すぐ確認できる。

その「撮り方」が、簡単便利過ぎて、面倒なカメラを使う感覚に切り替えられなくなって、戸惑ってしまっているのではないだろうか?
フィルムのカメラだけなら保てる緊張が、保てない。というか、緊張感を導き出せない時が多いようだ。私の場合は。
E-30とマミヤ7で撮りながらそう思った。
欲張って色々持って行ったから、それにも戸惑ってしまったのかも知れない。
色々使って楽しめると思ったのだけれど・・・・

今回のテストで、使い方の方向性を決めることが出来ればよいのだけれど。
慣れるためにもっと使わなければ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

フイルムのポジとネガ、、、以前、挙式スナップ撮影を依頼された時はネガISO400とストロボの組み合わせで撮りました。
機材は、ニコンF100をニ台、F80s、富士クラッセ38mmで36枚用を15本使いました。(レンズはFアイ15mm、28−80、70−200、50mmf1.4)

失敗無く撮るのが最優先故に、ネガの存在は貴重です、。
先日、地元の樽見鉄道に廃線の三木鉄道から購入の中古レイルバスが整備中で、広報の御協力にて取材しました、、、機材はニコンF80s、D80、キヤノンIXY920ISの三台。

検修倉庫内の薄暗い条件で、D80はISO400に設定(ストロボ不使用)、オーバー目に出がち故にマイナス補正で撮影、RM投稿には便利です、デジタルは、。
studio ken
2009/01/18 06:49
以前は、カラーはポジ一点張りでしたが、子供を撮るのに35mmコンパクトにネガを入れて撮るようになりました。
結婚式の写真などはプリントとネガもあげちゃうので、ネガで撮ります。
でも、自分の為に撮るものは、やっぱりカラーポジでした。
でも、マミヤ7購入を切っ掛けにブローニーのネガを使ってみようと思ってます。
デジタル・カラーネガ・カラーポジ等・・使い分けも楽しいと思いますね。
デジタルだけの人にはこの面白さが分からないでしょうね。
三日ボーズ
2009/01/19 16:51
F80sで撮影したポジ出来ました。

純正24mmf2.8D単球のキチリとした描写は、さすが単球!
同じ純正35mmf2.0Dが人気品薄とのこと、、、、こちらはデジタル一眼(APS−C)サイズで換算53mm相当での画質が評判とのこと、、、で意外!!!
デジ全盛でフイルム用レンズが評価されるとは!。

オートでも露出は適正にて、D80みたいにイチイチ補正は無用の結果となりました。
こんなことなら、もう一本フイルムを使えば、、、なんて後悔も、。
年越しの生ポジ消化の目的にて、D80のサブとして使いましたが、。

できれば「EpisodeV」は可能かな?なんて考えてますが、・くどい!・と言われるかも?

刊行しても、自宅にうず高く積まれた本を観ると、・捌けるか?・、と云う不安が襲いかかってきます。
そう!本は造った後が大変なんです!。
studio ken
2009/01/21 09:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
デジタルとフィルムと、色々使う 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる