倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS レンジファインダーデジタルカメラ「R-D1xG」新登場

<<   作成日時 : 2009/02/27 16:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

画像
何と、画素数変わらず610万画素!だ。
これを何とする?
値段は、299,800円だ。
これを何とする?

「R-D1」シリーズの後継機種であって、型番も変わらず、機能追加の機種であることはわかる。

「シャッター速度ダイヤルやシャッターチャージレバー、針式インジケーターなどのマニュアルの操作感や、クラシックレンズの味を引き出す画像処理技術をそのままに」
「取り外し可能なハンドグリップを新たに同梱し、また背面の液晶パネルの大型化など、細部に改良を加えた」とある。

ということは、ハンドグリップをつけて、液晶モニターを変えただけ、ともとれる。

この「新型」が、610万画素というスペックで出たことに意味を見いだせるか?

一眼レフの第一線では、高画素競争が未だ盛んに行なわれている。
ニコンは「画素数の高さだけではない」という意味を込めてD3とD700を出した訳だが、ミノルタとキヤノンが2000万画素で勝負を挑む。
ニコンも挑まれれば、それに応じなければならない。

この「血を吐きながら続ける悲しいマラソン」を、横目で見つつ、の、610万画素!である。

もしかしたら、技術的な問題があるのかもしれないが、ここにきての「610万画素で299,800円!」は凄い度胸と自信だと思う。
このクソ度胸に、意味はあるか?

既にR-D1を持ってる人が買い直す、買い足すスペックではないようだし、だとしたら、EOS-5DやD700を買って、おつりが来るこのお値段で、買う人がそんなにいるだろうか?
センサーが変わったとかいうのならまだ分かるが。

計算によれば、A4の雑誌1ページ一面に写真を使うには、600万画素あればいいと聞く。
A4にプリントするにも充分だ。
あえて、そこを見直すという提示か?
例えばこれが高感度が使える、というようなものなら、より存在価値は増す。
が、どうもその様子ではないような気配だ。

例えば、ニコンあたりから、APS-Cの新しいセンサーで、同じ600万画素か800万画素あたりの高感度に特化したセンサーを積んで、極めて高感度での撮影を可能にした、28mm相当の単レンズのレンジファインダーのカメラ、なーんてな物を出てきたりしたら、絶対に「買い」なのだけれど。

R-1D、R-1DxGは、ライカ判の他のレンズを、クラシックといわれるものまで使えることを「売り」にしているが、無論、そのような楽しみを否定する訳ではないが、折角のレンズの画角を全部使わないで、1.5倍にしてしまうのは、もったいないし、本来の使い方ではない。
フルサイズのセンサーだと、周辺部の光がまともに当たらず、極端な光量低下があったりするが、APS-Cならそれも少ないから良し、とする向きもあるが・・・

「自分はデジタルに移行したから、デジタルで旧レンズを楽しみたい」と思うのは仕方ないのだろうが、私はそういう考えに否定的である。
やはり、フィルムで、本来の画角を目一杯使って、本来のレンズの性能をフルに使うべきだろう、と思う。

例えば、コシナ・ツァイスの18mmというレンズを「APS-Cサイズのセンサーで28mm相当として使う」なんて当たり前のように語られるが、こんなもったいない、というかツマラナイ話しも無いもんだ、と私は思う。

パナソニックG1に、マウントアダプターを付けて、色々な古いレンズなどを使うというのも、かなりやられてるらしいが、これもそれほどの意味は感じない。
フィルムで撮った方が面白いし、それが本来だと思う。
デジタルで使うこと自体好ましいと思わないし、中途半端な画角で使って何が面白いの?と思ってしまう。

デジタルしか使わないと言う前提、がツマラナイと思うわけですよ。
35mmで使うレンズは35mmサイズで使うべき。
それも古いレンズは、デジタルのセンサーに合わないものも多く、多くはデジタルで使う意味がない。

フィルムで使ってたレンズはフィルムで使うべきなのですよ。
どうしてデジタルオンリーになってしまうかが、分からない。理解できない。

お手軽に使える便利さ、パソコンで見たりコントロールする利便性、お気軽さはわかるが、それが前提で、APS-Cサイズや、フォーサーズのセンサーでレンズのイメージサークルのホンの一部しか使わない理不尽さが平気、という感覚が全く理解できない。

両方楽しめばいいジャン、と思う。

つまり、私としては、個人的には、このカメラの前身も新型もあまり意味を見いだせなかった、ということだ。
ライカやフォクトレンダーを使った方が楽しいと思う。

この値段では、これを作る意味が全くないということに、エプソンは気付かなかったのか?
新規に買う人は極僅か。買い換えにもならない。
この値段で出すくらいなら、ものモデルは消滅、でも良かったのではないだろうか?

これなら、フォクトレンダー・ベッサにフィルムを込めて撮った方が絶対面白い。
・・・というか、そうあるべきだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
御意。

デジタル主体なんですよ!
メーカーも、それに踊るユーザーも、。

両刀使いは、かなりの写真好き、と理解すれば良い、と思います。
大神謙一
2009/02/27 18:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
レンジファインダーデジタルカメラ「R-D1xG」新登場 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる