倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 100のカラバリのカメラ?!

<<   作成日時 : 2009/09/17 16:58   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
ペンタックスの新型が出た。
K-mの進化型?・・という位置づけなのだろうか「K-x」という。

・有効約1240万画素の高精細画像
・高速・高性能画像エンジン“PRIME II(PENTAX Real Image Engine II)”
・最大16人の顔検出が可能なライブビュー機能
・1280×720ピクセル、24fpsのHD動画撮影注2に対応
・シャープな画像が得られる独自の手ぶれ補正機構“SR(Shake Reduction)”
・最高約4.7コマ/秒の高速連続撮影
・デジタルフィルター機能
・高精度11点AF

基本的には K-m なのだろうが、センサーは新しくして、動画機能を盛り込んできた訳だ。
同時に、高感度特性もよくなったらしい。
また、個人的には、このボディで「4.7コマ/秒」連写、というのが驚きでもある。

今日、ヨドバシで K-mも触ってきて、意外な AF の速さを体感してきたところだった。
K-7も結構速いのだけれど、K-mも同様のAFの速さを持っているように思った。

そして、100色のカラーバリエーション、ときたか。
ペンタックスはこの K-mでカラーバリエーションをやってきたが、今度は本格的にやってきた。
それもいきなり100だ。
どうなんだろう、これは?
なかなか面白いとは思うけれど。

そもそも、カラーバリエーションなんてものに一番疎遠だったのがカメラと言えないか?
シルバーが普通で、ブラックボディがチョット割高だった。

ニコンでは F3 辺りから、黒がメインなって、シルバーが逆に変な感じ、というものになってきた。
F4 からは、シルバーボディそのものが無くなってしまっていた。
キヤノンは、F-1から、ブラックだけだった。レンズは白なのに。

ホントに最近までそれだけだった。

プラスチックボディなんだから、やる気になればこれまでも可能だったのだろうが、しばらくは誰も「思いつかなかった」ということだろうか?

そういえば、マミヤが645を、カラーバリエーションを前面に出して、チョットだけ復活させたことがあった。最近だ。
色付のプラスチックを使ったのかと思いきや、なんとあれは「塗った」のだ。
自動車の塗り方でやったとか聞いた記憶がある。

この K-x は色の付いたプラスチックなんだろうか?
・・いくらなんでも100種類のプラってのも難しいんじゃないだろうか?と思ってしまうが・・・

かく言う私も、パナソニックのG1を買うときには「赤」を選んでいる。「シャアの赤」のつもりで。

ちょっと地味な色だけれど、パナソニックが本格的に一眼カメラの世界にカラーバリエーションを持ち込んだ、ということになる?

これなら、あちこちで「同じカメラ」に遇うことも少なく「自分のカメラ」という意識を強く持てるのではないだろうか?

これは案外「良い手」かも知れませんぞ。

「レインボーマン」の「7色」を揃えて、日替わりで使う、なんてことだってできるジャン!
そこまで逝かなくても、3色くらい揃えるのがいそうな気がする。

・・・これ、実は私、念珠でやろうとしてるのです。日替わり念珠なんてのを・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
Km発売から一年足らずで、もう新型!
まるでコンデジ並みのチェンジの早さに驚き!

私のIXY920も既に930型に移行してます。
920は今年末で購入から一年経過です。

何度か床に落としたせいもあり、前後ボディーの接合面に隙間が発生しており、傷もあちこちにあります。
それだけ良く使っている、ということでしょう。
比してD80はキレイなもんです。

二、三台の色違いで使うなんて、おしゃれですね。
小難しい事は考えないで、それぞれにレンズを装着してダブルで、トリプルで使うなんて、楽しい感じ、そう、楽しさ重視の撮影スタイル。

失敗など気にせず、お気楽に撮る、これぞ真のアマチュアの特権!
このような考えもあり!ですね。
大神謙一
2009/09/17 19:33
ペンタックスのスペシャルサイトで、カラーバリエーションをアレコレいじって遊べます。
レンズは黒だけですが、その気になればグリップの色も変えられるんですね。
これは面白い。
カラーバリエーションもここまで徹底して遊べると良いと思います。
性能もなかなか良いみたいです。
三日ボーズ
2009/09/17 23:50
午前中カメラ店へ、先週645AFD取材の長良川鉄道の・大矢駅の秋編(P55参)・の絵の2Lプリント依頼に、、、。
これは次回使えるな!と思いつつ。

ありました!・K−x・のカタログ、楽しい、カラフル、遊び心が刺激されますね。
個人的好みは、#051オレンジ×ブラックと、#094ネイビー×レッド
です、。
写真の出来不出来よりも撮る楽しさ優先デジ一眼ですね。
そういう使い方にピッタリなカメラです、ほんと楽しそう!

そんなことを想いながら帰宅すると、「長良川鉄道STORY」の注文が、、、
・アサヒカメラ9月号・を観た静岡県の方からでした。
・アサヒカメラ・に感謝します。
たまには、良い事あります!。
大神謙一
2009/09/21 12:56
K-xは、カメラとして良い感じがします。AFの合方などなかなかと思います。
ちょっと粗雑な感じもありますが、グッと合うのは良い感じです。
センサーが新しいとすると、写りも良いかも知れません。
何よりも、高級な物を持つ喜びでなくて、持つ楽しさ、というのは意外な展開でした。惹かれるモノがあります。
コンデジから一眼に移行した人には何よりと思いますし、私などにとっても、カメラの新しい価値観!という感じがします。
三日ボーズ
2009/09/21 19:37
気になるところが、、、。
バッテリーが単三電池では、持ちが悪いと思います。
リチウム充電式がベストではないかと思います。

サンヨーのエネループは、単三型の充電電池として従来品の中で最高の性能と思いますが、リチウム式には敵わないと判断します。

この辺がイマイチですね。
大神謙一
2009/10/08 21:59
どこでも購入できる、という点で、単三電池は有用ですから、エネループ前提で、もし充電が切れたら単三を買ってね、ということでしょうかね。
このテのお手軽カメラは、ガシガシ使わんだろう、ということでしょうかね。
単三の理由を探すと。
今はもうリチウム充電池に慣れてしまった感がありますね。
充電器だらけ、というのが困ったものですが。
三日ボーズ
2009/10/09 06:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
100のカラバリのカメラ?! 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる