倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンF100の修理が終わった

<<   作成日時 : 2009/12/12 17:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
父親の持つニコンF100というフィルムのカメラが、あまり使っていないまま、しまわれているのがもったいないので、修理・点検に出して使わせてもらうことにした。

私のF90Xもそうなのだが、裏蓋に貼られているウレタン?が経年変化を起こして、ベトベトになってしまうという「持病」を持っている。加水反応とか何とか・・・で。

ニコンは、どうしてその後も同じものを使って外面を仕上げているのだろう?
F100もF80も、この持病持ち。

それを直して(張り替え)、各部清掃点検をして21,000円だった。
まあ、売ってる値段よりちょっと安い位だろうか?
「ファインダーカビ(大)清掃しました」というのが、情けない。

ついでに、F100のマニュアル本もオークションで購入した。

これで、先日買ったシグマの14mmもAFで使える。

ニコンの、おそらく最後のフィルムカメラの旗艦「F6」は良いカメラだが、メチャ高い。
30万超だったのが5万円で手に入る「F5」は、安くても「デカイ」。

・・と考えると「F5ジュニア」なんて名前で、F5の後に出た、F100は、F5の機能も踏襲しつつ、最前線のプロ御用達の、アマチュアにはオーバースペックだったものを「普通」にしたもので、これが良いと思ってたが、それが、我が家にあったのだ。
ずっとF90Xを使っていたので、オヤジ殿のF100には気持が向かなかったのだ。

小さい、という点で「F80」も気になってはいるが、何台もあるのも面倒なので、これに決めた。

さてさて、これでまた楽しませていただこう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
裏蓋に貼られているウレタンとは?、、フイルム確認窓の周囲のスポンジ状のものですか?、それとも外装に貼られた皮風部材ですか?

小生も二台のF100とF4をオーバーホールに出して二年目です。
中判と併用故に出番は少なくなりましたが、F100は貴重な戦力で、
Fアイ15mmや300mmF2.8、50mmF1.4などが使えます。

また、対応ストロボもSB-28を二台そろえて万全を期しています。

ニコンF100、良いカメラです!
大神謙一
2009/12/12 22:15
そうです「外装に貼られた皮風部材」です。
あれがベトベトになって気持ち悪いのです。
なりませんか?
オークションや、中古品のチェックポイントになってるみたいですから、やっぱい「持病」なんだと思います。

蓋の内側の「モルト」と呼ばれるスポンジ状の物も、経年変化が当たり前のものですね。
三日ボーズ
2009/12/12 23:32
外装の皮風部材、小生のは二台共大丈夫です。

但し、擦れて損耗してきましたが。
ベトベトの件、初耳です。
大神謙一
2009/12/13 06:16
そうですか、べたべたしないですか。
私ン家の、F100は、グリップの前の所もちょっとします。
いっそのこと全取っ替えすればよかった・・。
三日ボーズ
2009/12/14 23:23
ニコンF100の・単三ホルダーMS-12(標準装備)・は構造的に弱い部分あり、オーバーホールとは別に、自前で購入し二台共交換しました。

電池の支えの物理的弱さと、接点の錆びやすさです。
一つ余分に確保してます。

あと、ファインダースクリーン・E型・を換えました、
これは以前300mmF2.8装着のまま、三脚ごと転倒させ、ショックで傷付けてからそのままでしたので、。

部品の供給は予告無く止まりますから。
大神謙一
2009/12/15 05:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニコンF100の修理が終わった 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる