倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS オリンパスE-30雑感

<<   作成日時 : 2009/12/17 10:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
オリンパスE-30で、いわゆるデジイチ・デビューして、ほぼ1年。
このカメラは何だったのか?

オリンパスは、旗艦「E-3」を、もうしば〜〜〜らく売っている。
何と、2007年11月23日発売だ!
丸2年経ったではないか!

行く川の流れが激流の如きデジカメ業界において、これは、唖然とする事実である。
自信作だったのだろうが、もはやそうも言っていられない。
この企業姿勢は怠慢ともとれる。

モデルチェンジがないから、E-3ユーザーは、ゆったりと構えていられるか・・というとそうでもないだろう。
オリンパス一眼レフ旗艦のスペックがドンドン置いて行かれているのだ。
このまま、オリンパスユーザーであることに得はない、と思い始めているのではないだろうか?
「大丈夫か?オリンパス」・・と。

だいたい、ニコン・キヤノンにせずに、オリンパスにしたという人は、ちょっと変わっている。
フォーサーズという独自のシステムへの理解と、オリンパスの姿勢に共感してのものだろう。

・・その答えが、この2年間の沈黙かよ・・と言いたくもなるわけだ。

よくよく考えてみれば、今のニコン・キヤノンの機種とかと較べて(と言っても中級機だけれど)E-3が極めて劣っているかというとそうではない。

劇的な進化は、画素数であるが、それは細部を比較すればのこと。

写真を決めるのは、どれだけ細かく写るかではない、ことは言うまでもない。

他の機能も劇的という変化ではないことがわかる。
多機能は、どうぞ E-30 などの中級機・初心者向けでどうぞ、ということか、写真の楽しさを広げる機能は多々開発されている。

もともと、オリンパスというメーカーは、ニコンやキヤノンの旗艦に対抗する機種を出すメーカーではなかった。
そういう意味では・・かつてのOM-1などは、E-620をちょっと高級にした位置なのだ。

それと「ペン」のシリーズ。
今は、その「ペン」のマイクロ・フォーサーズに注力しているが、これこそ、かつてのオリンパスの立ち位置を彷彿させるものと言えよう。

だから、もともとの立ち位置から言えば、E-3は無くても良い機種で、ちょっと頑張っちゃったかな?と言うものだと思う。
でも、今は、これがないとバランスが取れないのかも知れない。

E-3は、ニコン・キヤノンのフラッグシップの位置ではないだろう。
それより、若干中級寄り。
ニコンD200なら良い勝負。でも、D300sだとちょっと辛い。
オリンパスのポジションは、D3を目指せるメーカーではなく、ユーザーもそれを求める訳ではない。

ペンタックスの立ち位置も、オリンパスに近い。
今度のK-7は、やはり、その昔の立ち位置に近い。

どちらも、報道の最前線で使われるような機種はないが、アマチュア愛好家の多いメーカーだった。

そのオリンパスの立ち位置から見ても、私が持ってるE-30という機種はハンパなものだったといえるだろう。
今や、価格.comの書き込みも無い。
売れてないのだろう。

機能的には下位のE-620で充分というか、基本的性能は同じ。
ファインダーの倍率と、連写速度位しか目立った性能差はない。

ただ、小さければいいという訳ではなくて、私の手ではE-620は小さすぎて、E-30が丁度良い。

E-3は大きすぎて、手軽に持ち出せないが、E-30なら、大きさの案配が私には良い。
E-620とE-30が同時に出たとしても、私は、E-30を買っていたと思う。

画質は、印刷でもプリントでも、A4サイズなら、ノープロブレムである。
逆に言うと、これ以上の性能はいらないと思うのだ。

ただし、AFの精度にはイマイチ、という評価になる。
E-3と同じと思ったが、店頭で較べても違うように思う。
センサーは同じだと思うが、なんだか、お行儀が悪い。
よくピントを外してくれる。

高速合焦可のはずの超音波モーターの50-200mmでも、時々、外してくれる。
合焦範囲のリミッターがないから、外すと最短まで戻って合わせに行く感じに、集中力が削がれる感じだ。

肝心の、期待した動体撮影には、イマイチの感が否めない。
AF-Cの性能もよろしくない。
中学生の運動会の徒競走でも歩留まりが悪く、ガッカリした。

やっぱり、この辺は、ニコンが手慣れた感じがある。
キヤノンは使ったことがないが、やはりニコンと同等なのだろう。

やっぱり、動体はニコン・キヤノンか・・という感じがする。

現在私は、オリンパスとパナソニックの「マイクロ・フォーサーズ」に期待し、そちらへの転換を図りつつある。
全体がコンパクトになるので、写真が中心でない取材は、パナソニックのG1にするつもりでいる。

で、動き物は「やっぱりニコン」かもしれない。

そうすると、E-30は要らなかったかな?・・・なんて思ってしまうわけだ。

やっぱり、D90にすればよかったかなぁ?とも思ったりする。
E-30を処分しちゃおうか・・とも思ったが・・・やっぱり、今までの、35mm一眼レフのお手軽部分を担ってくれるものと思い使ってゆくつもり。

基本的に、ポジ・フィルム、ネガ・プリントの感じが好きなので、中心はまだまだ「フィルム」だけれど・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
御意、。
ニコンD90が大分値段が下がって来ました。
フイルムカメラF100をお持ちならば、この際デジ一もニコン、では?。
大神謙一
2009/12/17 19:37
とりあえず、来年夏くらいまで、市場を静観しようと思って・・・るんですが、できますかどうか?
三日ボーズ
2009/12/17 20:57
 ちと遅いですが、本屋でCAPAや月カメ見て来ました、、、
D90がいよいよモデルチェンジ近し、ですね、
当地カメラネット販売価格も最低の\61,550(税込)だからこれが底値?でしょう、、、
六万は切らないと思いますが、

さてどう変わるか、D80からD90、そしてD9000?、、、
興味深々、買えないけど、です。
大神謙一
2010/06/27 14:29
ニコンは、昔から中級機で新機能を試しに使ってみるようなことをしていたと思います。
この長い開発スパンを考えると、そろそろ何か画期的新機軸が盛り込まれそうな気がします。
三日ボーズ
2010/06/27 15:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
オリンパスE-30雑感 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる