倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS オリンパスとパナソニックのレンズを「てれこ」にすると・・・

<<   作成日時 : 2009/12/20 16:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
父が持つオリンパスE-P1に着いていたパンケーキレンズ17mmをパナソニックG1に着けたら、オリンパスに着いている時と同じ動きをしたので、チェックしてみた。

オリンパスE-P1とパナソニックG1やGF-1の違いは、先ず、ピント合わせの動きにある。

パナソニックは「すうっ」と合うが、オリンパスは「行ったり来たり」してから合う。
これは、一眼レフでライヴビューができる機種でライヴビューをしたときにも、大概起きる、どちらかといえば、ライヴビューによるコントラストAFの当たり前のような動きであって、そうならないパナソニック機のほうが「何で?」なのである。

それは、疑いもせずに、ボディの性能(プログラム)になっているものと思っていた。

だから、オリンパスのレンズを着けた時には、パナソニックボディの流儀で合うものと思っていた。
そう思うのが普通だと思うのだが・・・

そうならなかったのが意外。

パナソニックにオリンパスのレンズを着けても、オリンパスの流儀で合う。

これは、レンズのCPUに組み込まれたプログラム、ということだろうか?
それが、理解できない。

・・で、試してみた。


オリンパスのボディにオリンパスのレンズ→→行ったり来たり。

オリンパスE-P1に、パナソニック14-45mm→→スウッと合う。パナボディ+パナレンズに近いが
                       ほんの少しピントを探す感じがある。
                      
パナソニックG1に、オリンパスの17mm→→行ったり来たり。オリボディ+オリレンズと同じ。


・・ということになった。

つまり、このピント合わせの動きは、レンズがもっているもの、ということになり、
パナソニックのボディに、オリンパスのレンズを着けた場合、パナソニックの高速合焦生かされない、ということになる。
他のレンズについては分からないが、同様のことと思う。

カメラ内ソフトによる歪曲補正などは共通らしいが、全部が全部共通の規格ということではないことが分かる。

どうもカメラ屋さんが、電気屋さんに負けてる感じがする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
AFプログラムの違いも有るのでしょうけれども、レンズのAF駆動方式が全然違って、モーターからの動力伝達がムービーカメラのギアと同じ方式なのでクリアランスが少なく、そのためパナの14-45mmはスムーズなコントロールが出来るのだそうですよ。クリアランスが無く緻密なコントロールが出来るおかげで他のカメラのライブビューに比べて大きく前後する必要もなく、衝撃も少ないAF動作が可能なようですね。
七面鳥
2009/12/22 05:34
これどうも・・・
>モーターからの動力伝達が・・ということは存じておりましたが、
そのようなメカニカルな問題ともちょっと違うように思えるのです。
何なんでしょう? よく分かりません。
テレコに使うと、もの凄く違和感あります。

AFはボディが支配して、レンズはその通りにうごくだけ、という考えは古いみたいですね。
オタクのレンズの時はこうで、ウチのレンズの時はこうね、というようなアルゴリズムの変更のようなものがあったりするのでしょうか?
歪曲の補正はオリンパスでもパナソニックと同様にできるらしいので、そういう遣り取りはあるのでしょうが、この、同じマイクロ・フォーサーズの企業間での協調は案外されてない印象です。
三日ボーズ
2009/12/22 10:12
タムロンの28−300の防振ズームを買いましたが、二台のニコンF100で、AFの具合が違います。

もともとAF合焦性能はイマイチの雑誌評価にて期待してなかったのですが、
特に、後で買い増しした方は最悪、、、試しにD80装着もイマイチにてがっかり!
こんなものかな?、高倍率手ブレ補正ズームは!、という感じです。
やっぱり純正ですかね?
タムロン嫌いです!!!。
studio-ken
2009/12/22 12:44
えっ?「二台のニコンF100で、AFの具合が違う」のですか?
それは何なんでしょう?
何だか、分かりませんね、もう。

昔は、ガチッとはめれば後はピントを合わせるだけだったんですが、AFになって、それも複雑になってしまって、適合の善し悪しなんてものが出てくる始末。レンズにも CPUが組み込まれてるわけですから、レンズメーカーも大変です。
おそらく、共存共栄的意識は無いでしょうから、プログラムが公開されている訳ではないと思います。そこで、カメラにマッチするAFレンズを作るのは大変だと思います。
レンズメーカーにしか無いスペックのレンズなど、存在価値のあるレンズは積極的に使ってゆきたいと思いますが、マッチングの問題は、やはり「壁」ですね。
三日ボーズ
2009/12/22 13:35
シグマの300mmF2.8HSMと70−200mmF2.8HSMを、それぞれを二台のF100に装着してもAFの具合は同じです。

つまり結果的に被写体にフォーカスは合うということです。
何か変!、タムロンのせい?
studio-ken
2009/12/22 19:17
それが、極々当たり前のことなんでしょうが、どういう訳か不具合が出るみたいですが・・それは、困ったことですよね。
ブレ補正なんてもの、レンズメーカー独自のもので、それと、カメラ本体とのやりとりなど、複雑化しているのは事実。
もしかしたら、タムロンには「不適合」の症例がユーザーから上がってて、対策があるかも知れませんよ。
そういえば、レンズも「ファームウェアのアップデート」なんてことが言われるんですから・・・時代は変わってますね。
三日ボーズ
2009/12/22 21:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
オリンパスとパナソニックのレンズを「てれこ」にすると・・・ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる