倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS ペンタックス645Dの発売とフィルムの未来

<<   作成日時 : 2010/03/10 22:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 9

画像
勿体ぶった広告がパンタックスHP上にて展開されていたが、遂に、ペンタックス645Dの発売が決まった。
気になる値段は80万超!!
・・・・買えない。

6cm×4.5cmのフィルムサイズよりはちょっと小さい44mm×33mmのセンサーは、まあ、プロ用のデジタルカメラバックと同様と言えよう。
645のレンズの焦点距離換算は1.3倍になるらしい。

なんと4000万画素!
オマケにローパスフィルターが無い!
どんな画質になるのだろう?!

レンズ資産も使える。
とはいえ、これだけのセンサーになるとセンサーの反射もかなり大きいだろうから、いずれ、コーティングを変えたデジタル対応レンズは出るのだろう。

80万とはいえ、35mmフルサイズのキヤノン・ニコンのフラッグシップ機を買うことを考えると、例えば高感度を考えなければ、画質は圧倒的に645Dの勝ち!だ。
そもそも、35mmフルサイズは、レンズ設計に無理があるから、概ね、周辺の画質が良くない。
だから、APS-Cが生まれたのだ。

APS-Cは、フルサイズのセンサーを作る技術が無く(CPUなどを小さく作れても、大きいのは作れなかった)、APS-Cで目一杯だったという事情もあった。
コンタックスが出したフルサイズ機は、確か、センサーを半分ずつ2回焼き付けて作っていたと記憶している。

センサー以外に、旧タイプのレンズをそのまま使うと、周辺の部分の光が、センサーに直角に当たらず、画質が落ちるとかの問題も大きくあった。
故に選択されたのがAPS-Cサイズだったはず。

35mmフルサイズのデジタル一眼レフに無理があるのは今も変わらないはず。
超高価な最新レンズでも収差は取りきれず、周辺の描写の甘いものがあるようだ。

高感度でスポーツを撮るとか、報道の分野など、機動性を重視するところでは35mmフルサイズは良いのだろうが、コマーシャルフォトや、風景などでは、圧倒的に645Dの活躍となろう。

ペンタックス645は、風景の分野では圧倒的な支持を受けている。
「風景写真」という本では、掲載作品の大部分がペンタックス645であると言っても良い。
画質と機動性とのバランスが良く、また、ズームレンズが作られたらこの出来が良かったのだ。

その人たちは、ペンタックス645とフィルムを愛して止まない人たちなのだけれど、高画質でレンズ資産も使えるとなったら、結構デジタルに乗り換えるのではないか、と思う。
35mmフルサイズデジタルでも、描写は645のフィルムの方が良いからペンタックス645を使っていたのだ。
だから、画質が良いデジタルなら、乗り換えも考えるだろう。

・・・て、ことは、645の中古が溢れて、645Dを買えない私らは、よい中古にありつけるか・・?

・・・・なんて、思って、気がついた。


「もしかして・・・フィルムがヤバくなる?」


「生きてる間はなんとかフィルムが使えますように・・・」と、お祈りしたい気持でいるのだが・・・


ひとつ、ヤバイ、と思えることがある。

フィルムスキャナーがいつまであるか?ということである。

コンシューマーのもそうなのだが、印刷の分野で使うスキャナーである。
4色分解スキャナーがいつまで使われるか・・・?である。

現時点で、デジタルデータからの印刷より、ポジフィルムを4色分解スキャナーで製版した方が、印刷の出は良い。

以前にも書いたが、デジタル一眼レフのカタログの印刷が絶望的に悪いのがとにかく悲しい。
・・・というくらいに、デジタルデータからの印刷は「使えない」。

だから、印刷を考えるなら、フィルムである。
メジャーな雑誌などは、やはり、フィルムを使っている物が、今でも多い。

しかし、印刷物を主体にしたカメラマンが使っていたのがポジフィルムで、そういうカメラマンが続々デジタルに乗り換えていることから、まず、たださえ少量だったポジフィルムの需要が激減しているであろう。
雑誌の記事中の写真などは、圧倒的にデジタルになってしまった。

地方でも、印刷にはポジ、が常識だったが、まず、本当の品質が分からない、あるいは、本当の品質を必要としない地方出版、印刷業が、DTP導入と共に、写真もデジタル化してお手軽印刷に転向していった。

中央で、本当に良いものが要求される分野では、まだ、フィルムの存在が必要とされているが、これもどんどんデジタルに喰われてゆくだろう。

商業写真はデジタル、という流れは既に主流である。
コマーシャルフォトにも確実にデジタルが押している。

このまま行った時に、4色分解はどうなってしまうのか?
・・という疑問が浮かぶ。

今は、デジタルデータと4色分解との差は大きいが、この差が無くなり、逆転するのも近いかも知れない。

これはもう、10年というスパンではないかも知れない。
5年くらいで、変わってしまうかも知れない。

あと5年もしたら、コンシューマー用のフィルムスキャナーの存在もアブナイかも知れない。
いや、フィルム専用は、既に危ないのかも知れない。

これは「ヤバイ」。

よい状態でフィルムの写真を残し活用するためにスキャナの存在が必須なのだが・・・・・

フィルムと印画紙、という組み合わせが、一体どれ程の時間残ってくれるのかもわからないが、フィルムをデジタルにするシステムと機材も、例えば、10年後を考えるとかなり怪しいかも知れない。

これは「困る」。

例えば、5年後に写真集を作るとして、その時に4色分解が出来なくなってしまっては困る。
5年後なら大丈夫と思うが、さて、10年後、と考えたら・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
徐々に、じわじわと、、、
価格が上がりながら、
納期が長引き、、、
ラボが限定され、
遂には、、、
なんて、赤字ローカル線の末路みたいな感じになりそうで、
困りますね、、、
時代のトレンドですから、
コンデジ導入し、牛歩でデジタルも研究してきた小生も、、、
メインはフィルムですから、
心中は穏やかではありません。
大神謙一
2010/03/11 02:29
今日の、小僧の卒業式にデジタルを使っちまいました。
なんだか、パナソニックG1のプログラムの露出が不安定。
ISO100にセットして、マニュアルの方が合ったかも、でした。
オリンパスE-30は、望遠でのピントが不安定。
このセット、捨てようか!と思いました。
コレまでは、いい加減な露出でも、写真屋さんがプリンターで調整してくれてたんだ、と実感。
あーあ、フィルムで撮れば良かった・・・・
でも、2枚だけマミヤ7で撮っておいて・・良かった。
三日ボーズ
2010/03/11 16:58
ペンタックス645Dに不安がひとつ(・・・って買う訳じゃないですが)。
本当に、これまでのレンズがで4000万画素に堪えるのだろうか?
大きなフィルム・フォーマット用のレンズは、フォーマットが大きくなるほど、解像力などのスペックは「おおらか」になるように思います。
ペンタックスのレンズは、何となくソフトな印象があって、デジタルには馴染まないような感じもするわけです。
もっとも、そんなことは、きっちりテストして、オッケーとして製品化してるわけでしょうから、余計な詮索でしょうね。たぶん。
三日ボーズ
2010/03/21 09:19
あれ?・・・645用の中古レンズが、高くなっちゃうか、な?
三日ボーズ
2010/03/21 09:21
高い!の一言ですね。
プロで必要なら買うしかないようですが、。

今回の旅行では、D80をフルに使いました、、、
JPEGで画像サイズM(5.6M)で300カット超えました、
これで充分間に合いました、、、
三脚持参も一度も使用せず。

こんなに高いモノには縁の無い小生です。
大神謙一
2010/03/22 10:38
そうですね、高い!ですね。
買えない買えない、と言っていると、買えない自分に寂しくなってきて、買えないひがみになってしまうようで嫌なのですが・・・・
キヤノンやニコンのフラッグシップ機も発売当所、あまり変わらないお値段だったにも関わらず、結構アマチュアにも売れましたから、これも案外売れると思います。
ま、それは私どもには関係ない話しのようですが・・・
問題は、ペンタックス645の中古レンズが、やっぱり売れ出してるみたいだ、ということです。少なくとも、これまでの中古相場は激変するかも知れません。
このお値段なら、ペンタックスを買っちゃおうかな?と思ってましたが、諦めざるを得ない状況になりそうです。

そもそも、デジタルというものに、それ程の魅力を感じないので、このお値段を払って買おうとは思いませんが、中古相場は意外な展開になりそうです。
三日ボーズ
2010/03/22 12:51
フルサイズに対するAPS-Cのように、645レンズの画角が狭くなってしまうのも魅力半減だと思います。
風景カメラとしては、あの画角で使えないと意味がないように思います。
三日ボーズ
2010/03/22 12:53
本日、サラリーマン時代に良く行った、職場直近の茶店へ開業挨拶とササヤカなお茶タイムしました。

さて、・週刊文春・だったか参議院選挙の記事に、、、
えー、ペンタだ、カメラマンは・与謝野さん?・、
被写体は・杉村さん、、、
で、カメラは・K-7・ではなくて、
なにいー!645D!!、、、
レンズとセットで120万程!!!、自慢だとー、
何故?、、、
ペンタックスは儲かるけどね、
有権者としてはね、、、
、、、という出来事でした、
645Dが買える事、使い道、そして被写体、全てがなんか変!、
と思うのですが、、、。
studio-ken
2010/07/02 18:53
これがホントの「お大臣」・・いや、お大尽ですね。

ま、買えるんだから仕方ないですかね。

写真が御趣味の皇太子殿下も、カメラは結構地味な感じでしたよね。
皇族の上を行っちゃイケナイんじゃないか・・なんて。

あの性能を持つ、ということは、やはり特別な気持がないとできないと思うのですが、そうでなくても、簡単に持てちゃう人もいる・・・

・・やっぱり、ついヤッカミが出てしまいます。
三日ボーズ
2010/07/02 19:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
ペンタックス645Dの発売とフィルムの未来 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる