倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS ソニーのミラーレス・一眼! もう出るの?!

<<   作成日時 : 2010/05/30 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

以前モックアップが示されたソニーのミラーレス・一眼が発表になった。
何と、速い!

画像

モックアップは「だまし」だったのか?
「本物」は、かなり変わって出てきた。

・・というか、デザインのツメはさすが!といえる。
あの、モックはかなり初期の物だったのではないだろうか?

予想より、かなり小さく、薄くできている。
そこが強調されたデザインであり、また、レンズがアピールするデザイン。
ボディに対して、レンズの存在感が大きい。

こんなデザインのサイバーショットが在ったなぁ・・と思う。
カールツァイスの高倍率ズームんも存在を主張するデザインがあったが、あの焼き直しか・・・とも思える。

レンズを外すと、今度は「マウント」が主張している感じである。
大きなマウントと、大きなセンサー(正しくはセンサー手前のローパスフィルター)が見える。

画像


【新開発の有効約1420万画素の“Exmor”(エクスモア)APS HD CMOSセンサーと高性能な交換レンズ等により、一眼レフカメラと同等の高画質写真とフルハイビジョン動画を撮影できるレンズ交換式デジタルカメラ】
・・・・であり、ソニーは“α”シリーズとしている。

『NEX-5』『NEX-3』の2機種があり『NEX-5』のみハイビジョン動画対応。
『NEX-3』はMP4になるという。廉価版、ということか?

【鮮明で見やすい“TruBlackディスプレイ”を採用したチルト可動式3.0型のワイド「エクストラファイン」液晶モニター】

【見たままの情景をより忠実に表現する「オートHDR」機能】

【撮りたい瞬間を逃さない最高約7コマ/秒の高速連写機能】

・・・・などなど・・・


いや、もしかして、一番の「性能」は・・・・

【“メモリースティック デュオ”とSD/SDHC/SDXCメモリーカードに対応したスロットを搭載】

・・・・!!!!

・・・・かも知れない。
ソニーも、そうそう突っ張ってはいられなかったか。

新しい独自規格を作っては、時代の趨勢に負ける、ということを繰り返しているメーカーである。


しかし、このカメラが出てしまって・・・・

我々は・・・

APS-Cサイズセンサー・ミラーレス一眼における「マウント統一」という、チャンスを失った・・・と思う。

ミラーレス、という新しいカメラの形式は、いままでできなかった「メーカー間のマウント統一」ということが実現する可能性があった・・ものと思う。

しかし・・・・

「独自規格」が大好きなソニーである。
「先行」が好きなソニーである。
「孤高」というニュアンスが好きなソニーである。

「協調は無い」のだろう。

残念。

そして、ニコン・キヤノンはどうするか?・・・・である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
このカメラが、カメラとして持つ唯一といっていい高性能、高感度性能を使ってみたくもある。
「薄型広角レンズキット」に組まれている「16mm f2.8」というレンズと、ISO6400でオッケーっぽい感じだと、ちょっと使いたいと思って、電気店で触ってきた。
で、シャッター音を聞いて却下。
法要の取材に使えるか?と思ったのだけれど、ちょっとあの音はいただけない。
金属音的な感じが強く、音が響きやすく、耳障りでもある。
普通の撮影なら良い音かも知れないが・・・
三日ボーズ
2010/06/19 00:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソニーのミラーレス・一眼! もう出るの?! 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる