倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS デジタル一眼で動画を撮る意味

<<   作成日時 : 2010/07/26 13:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 7

画像
高校野球にスッカリやられてしまって、とちぎテレビ高校野球中継のテーマ曲であり、全校高校野球のテーマ曲でもある「FUNKY MONKEY BABYS」 の「あとひとつ」が焼き付いてしまった。

CDの発売はまだなので、ネットで動画を見たら・・・「やられた」!

良い!・・・のだ。これが。

これはキヤノンの「EOS 5D Mark II」で撮られたものだろうか?
多分、そうだろうと思う。

被写体の前後の「ボケ」を活かした描写。
これは、それまでのビデオ用のレンズではできなかった描写であると思う。
35mm一眼レフ的描写なのだ。

EOS 5D Mark IIが出たとき、そのスティルカメラとしての描写も評価されたが、動画性能もかなり注目されている。
動画のプロが用いる動画用カメラとしての、周辺機器の開発もされている。
ハリウッドも注目しているとも聞いた。

写真は「EOS 5D Mark II」で動画を撮るための装置。
(ブルーの輪っかの用途は分からない)

カメラで完璧はハイビジョン動画が撮れるということは、当然そのレンズを使って、スティルと同じ絵柄の動画が撮れるということになる。

これまでは、シネカメラも、ビデオカメラも、専用レンズの多くはズームレンズが中心だった。

プロ用のビデオカメラのセンサーサイズが分からないのだけれど、動画においては、実はあまりセンサーサイズは問題にされていなかったと思う。
そんなに(スティルカメラのような)解像度などは必要ない。

基本的には、大きくても35mm映画フィルムのサイズだろう。
これは「35mmハーフサイズより、長辺がサウンドトラックの分だけ短くなっているもので、フォーサーズに近い。

そういえば、パナソニックはフォーサーズのビデオカメラを作るとか・・・
ソニーもAPS-Cセンサーのビデオカメラを作るらしい。

「FUNKY MONKEY BABYS」 の「あとひとつ」のような「ボケた映像」を見ると「フィルム的」と思ってしまうのは、写真的な感じだと思う面もあろうが、一方で、ビデオ画像は「ボケが少ない」「ハッキリ写っている」という印象があるのだろうと思う。

センサーサイズはそんなに大きくなくて、レンズも暗く、被写界深度が深く、全体にピントがあった映像・・というのがビデオの印象としてあるように思う。

映画では70mmなんてサイズもあるが(概ねフィルムのブロニーの645に近い画面サイズ)、やはり、レンズは高倍率のズームが中心。

そこに突如現れた「EOS 5D Mark II」は衝撃的だったろう。
プロ用ビデオカメラに較べれば格段に安く、35mmカメラ用の良いレンズがそのまま使えて、そのままのイメージが動画になる。
魚眼も、超広角も、超望遠も、明るいマクロも、スティル写真そのままのイメージの「動画」が撮れるのだ。

実は、高校時代に8mm(ビデオではない。フィルム!)カメラをいじっていて「いつかは16mmで撮りたい)と思っていた。
CF(コマーシャル・フィルム)の世界に憧れて、そういう映像の勉強をしたいと思っていた。
「寺」という縛りがなかったら、日芸とかに行きたいと思っていた。

「FUNKY MONKEY BABYS」 の「あとひとつ」のイメージビデオを見ていたら、なんだか、そんな昔の「映画を撮りたい」という憧れを思い出して、気持がちょっとウズウズ・ムズムズしてきた。

「そうか・・・EOS 5D Mark II なら、ハイビジョンムービーが撮れるんだぁ・・・」
これはスゴイことだ。
プロの機材を思ったら格安なのだ。
頑張れば、ハイビジョンと、スティルの高画質の両方を楽しめる。

・・・・そう考えると「EOS 5D Mark II」・・いいじゃん!
ということになる。

キヤノンは嫌いだけれど・・・・

手始めにパナソニックGH1ででも、やってみっか?

「一眼レフで動画」なんて「ケッ」と思っていたが・・・・いやいや、どうして・・・案外魅力的でありますぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
「デジさんのブログ」という所に、同じようなテーマで、実に滑稽な理屈が書かれていた。

http://blog.goo.ne.jp/digitalphoto-lj/e/1698b84650365fedb18d9247f8431898

これは笑える。
三日ボーズ
2010/07/26 22:31
御意!、笑えます、というか、・?・的笑いかな、、、
機材とは別次元の思想で、まあ金の使い方自由ですが、
死に金ですかね?
studio-ken
2010/07/27 07:08
動画パンフォーカスの件、645Dの件、、、
なかなかユニークな思想!
studio-ken
2010/07/27 07:19
ま、こんな個人攻撃はよろしくない、と思いつつ・・・
自分の意見に賛同しない意見は「荒らし」と呼んで抹殺されちゃうので、しかたなく、こちらに書きましたる次第。

それにしても、一眼の動画・・・・全く眼中にありませんでしたが、これはちょっと考えます。
パナソニックGH1か、その「後」か「後が出た後のGH1」とか、ちょっと考えてます。
「EOS 5D Mark II」ほど本格的には考えてませんので、そのへんで。

その辺、ニコンはどう考えてるんでしょうかね?
キヤノンに対抗して同等の動画性能を乗せてくるか・・・?
三日ボーズ
2010/07/27 09:40
目新しいモノは、キャノン先行ですから、、、
ニコンファンとしては、応援と待つ姿勢?、ですかね、。
studio-ken
2010/07/27 11:00
で、パナソニックのHPを見たら・・・
GH1が「★の商品は在庫切れの場合があります。販売店でご相談ください。」
・・・になってました。
生産終了ということですね。
これは迷いますね。
動画目当てなら安いのを買ってしまうのも手、でしょうが・・・
スティルを考えると「次」でしょうし・・・
もう「G1」の中古を買ってしまっているので、新型が欲しいし・・・

夏、というか、やはり「フォトキナ」で動きそうですね。
パナソニックはそれより早いかも知れません。
三日ボーズ
2010/07/27 21:01
レンズ交換式デジタル一眼レフとして、動画撮影機能「Dムービー」を搭載したのは、ニコンD90が世界初だったんですね。
ニコンが先行、でした。
興味無かったもので・・・・全然気に留めてなかったです。
三日ボーズ
2010/07/28 21:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
デジタル一眼で動画を撮る意味 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる