倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS さようなら、オリンパス・・・・

<<   作成日時 : 2010/11/19 00:00   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 6

画像
伝法院の講座に行くついでに(?)・・・・新宿にある「マップカメラ」へ「大きな荷物」持参で行く。

荷物の中身は、オリンパス E-30 一式。

そう、ついにオリンパス E-30 に別れを告げる日が来たのでありました。

査定には1時間チョイかかるというので、そこから新橋駅に向かい智山派 本山別院 真福寺へ。
講習会を終えて、また新宿へ。
地下鉄の地図を持って無かったので、中央線を二往復した。
あ、全部オレンジじゃかなくなったんだ・・と思いつつ・・・

で、結局・・・

E-30・・・・・・・・・44,000円(美品)
9-18mm・・・・・・・23,000円(買取額上限)
14-54mm ・・・・・・23,000円(買取額上限)
40-150mm ・・・・・・4,000円(良品)
50-200mmSWD ・・・52,000円(良品)
ストロボ FL-36R ・・・・9,500円(買取額上限)
──────────────────────
   計       178,000円

・・・・という結果だった。

ニコン・ペンタックスを買うための下取りの場合には、次の機種の値段分の下取り額を15%増しの特典期間中でもあったのです。

勿論、そんなのに関係なく売るつもりでいましたから、即決です。

実は、D7000のボディが、ブッ足し無しで買えればいいか(12万くらい)というふうに思っていたので、ここでこのお値段が出て、ちょっと迷いました。

そう、ここまでくるとD700に手が届くのであります。
中古で、16万くらい。
マップカメラでも新品で18万チョイ。

・・・でも思い留まります。

それじゃあ、ボディは買えてもレンズが買えない。
フルサイズで満足するには高いレンズが必須よン・・と。

デジタルは APS-C でゆくと決めたはず・・・と自分に言い聞かせます。

で、残ったお金で、保険に入って、後で買おうと思っていたレンズ、トキナー製の「11-16mm F2.8」というのを新品で買いました。1万プラスくらいでレンズまで買えたのはラッキーだったと思います。

色々物色しましたが、D7000を買ったらこのレンズを使って見ようと思っていました。
35mm換算 16.5mm〜24mmの画角と、開放F値 2.8 というのが魅力です。

これなら、D7000の高感度と併せて、概ね暗いところで行なわれる法要などを撮ることができるものと期待しているのです。
ペンタックスK-5ほどでないにしても、シャッター音もそこそこ小さいですし。

現在、ニコンの70~300mmというズームをフィルムカメラ用に使っていますが、元々はデジタル用です。
これで、小僧の野球や自転車などのスポーツを撮り、11-16mmは、上記の通りの使い方。

つまり、望遠と超広角の両極端、を APS-Cデジタルで撮るつもりでいるわけです。
便宜上、標準ズームという物を買うかも知れませんが、当面は、この2本があれば大丈夫。
あとは、パナソニックのマイクロフォーサーズでオッケーです。
デジタルは、これで暫く大丈夫!という訳です。

残念ながら、Nikon D7000は、土曜日の入荷だそうです。
楽しみでありまする。

18日、何も無さそうなので、東京へ行くと決めて、17日の夜、慌ててオリンパスを揃えて箱に戻しました。珍しく箱を取って置いたのが多かったですね。売ることになるかも、という予感でもあったのでしょうか?

何だか、未練も何もありません。
気持がスッキリしたようです。

結局、オリンパスE-30は、しっくりきませんでした。

頑張っているオリンパスの、フォーサーズの理論は良くわかります。
これに較べれば、ほかのメーカーは、過去の資産というしがらみを抜けられずに、足掻いているようなものです。オリンパスというメーカーの姿勢が好きでした。

しかし・・・・
オリンパスには失礼ですが、デジタル一眼は自分にとって主流ではなく、あくまで自分はフィルムが中心です。
ただ、これまで35mmネガで撮っていたような写真をデジタルに置き換える・・というより、置き換えざるを得ない状況になってしまったので、仕方なく一部デジタルも使うというものです。
まだ、そう思っています。

例えば、ニコンならD700とか、D300sとか言うのを買っちゃうと本気になってしまいかねません。
「こんなトコでよかんべ」と言ってしまっては身も蓋もありませんが、そんな意味もあって、使いやすいのはオリンパスだ、となった訳です。

カメラで一番気にするシャッター音も良かったし、切れもあるように思え、決めました。

また、フォーサーズの縦横比というのは、実は一般的なプリントにする場合に、縦横比が近くて、左右がカットされる 35mm や APS-C より、最終目的が普通のプリントならば、フォーサーズが使いやすいのです。
実は、フォーサーズは旧来のテレビ画面、つまり、パソコンのモニターにも近い縦横比、という意味もありました。

だから、フォーサーズだった訳ですが、この部分を、パナソニックのマイクロフォーサーズが担ってくれることになって、オリンパスの出番はスポーツのみ、となりましたが・・・

これも残念で、シャッターの駆動時間(ミラーアップしているシャッターの駆動時間)が長くてタイミングが取りにくく、小僧の野球如きでも、気持ち良く撮れないのです。
おまけに、肝心の AF、とくに C-AF が全然ダメで、フィルムのニコンF90x以下の印象です。

肝心のスポーツが気持ちよく撮れないのでは、もう出番はありません。

レンズは、オリンパスが一番良いと思っていますが、何せボディがイマイチでした。
やった出たレンズ性能を生かせるカメラ・E-5を買うという方向もありますが、これでは新たに17万からの出費です。
E-30を売って、D7000のボディを買うなら、余計なレンズを無くして、シンプルなシステムに組み直すのに、ほとんどお金が掛かりません。
当然、後者を選びました。

これまで、ほとんどの機材は、使い潰して、あるいは使い続けているので、実はこれまで、下取りというのは経験がありませんでした。

下取りに出すのを、価格.comなどで「ドナドナ」と言っていますが、これは、あの「Dona Dona, Donna Donna, Donay Donay」・・・のことでしょう?

悲しい歌をこんな風には使いたくないですね。

でも、オリンパスとは、サッパリとサヨナラ・・・・でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ニコンD7100、買いますた
カメラのキタムラに予約しておいたニコンD7100が、無事発売日の本日入荷しまして、取ってきました。 ...続きを見る
倫敦巴里
2013/03/15 00:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ナイス!驚いた!!ガッツ!!!、、、
ですね、。
007
2010/11/19 05:56
マップカメラには、F5とF100がいっぱいありました。
F5は5万円前後。F100は18,000円から25,000円くらい。
まとめ買いしたいくらいでした。F100,もう一台くらいあってもいいか・・とお気楽に買える値段に、改めて驚きました。
ある意味、フィルムカメラは大丈夫、と思いました。
こんなにあるんだもん・・って。
D700、D300sは近いうちに新型が出るでしょう。
でも、それらは私の用途には向きませんし、高くて暫くは手が出ないでしょうから、今はD7000かな?と思います。
余計な機材が減って、スッキリしました。
こういう買い方も、デジタル時代なのかも知れません。
三日ボーズ
2010/11/19 09:18
D7000で充分です、、、
安値のD90でも良いくらいです、。

失礼ですが、真に・「がらくた捨てたら未来が開けた」的現象の始まりです、、、
新しく、事が展開しますよ!
007
2010/11/19 19:39
ガラクタに囲まれるのも、また楽しいことではありますが・・・

デジタルに関しては、消耗品と思うことにしました。
三日ボーズ
2010/11/19 20:09
後は、ペンタックスK-5を追加購入ですね。
007
2010/11/20 05:46
D7000を使ってみて・・・ですが、多分大丈夫でしょう。
広角・高感度・広角でもブレ補正・・・で K-5 が良いと思ったのですが、ここでトキナーの広角を買ったのは、ニコンで大丈夫だろう、と思ったからであります。
やはり、違うマウントの混在は面倒かな?と思いましたです。
それにしても、K-5の音の小ささは何でしょう?
ニコンの音への拘りと逆で、音を出さないのは、機械として官能的ではありませんが、うるさいのが困る場所では重宝します。
ペンタックス原点回帰の小ささもよいですね。
暫くニコンを使ってみます。
三日ボーズ
2010/11/20 08:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
さようなら、オリンパス・・・・ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる