倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS キヤノンのミラーレス一眼「EOS M」について考える

<<   作成日時 : 2012/07/26 16:25   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 9

画像
これは「価格.com」にあったどなたかの写真。
・・・こういう大きさだったんだ・・・ということです。

これ、ちょっと「無理してないか・・・?」

ソニーの「NEX」というのも、どう考えても、発想・設計の間違い、という代物で、ボディとレンズのバランスが劣悪・醜悪・最悪で、カメラとして認めたくない物ですが・・・

G1xよりも小さいというには驚きましたよ、キヤノンEOS M。
もうちょっと大きいと思っていました。

これではパンケーキ以外のレンズを付けたときに大変バランスが悪い物になってしまうでしょう。

・・・と思っていたら・・・そういう写真が公開されました。
画像
やはり、この「小ささ」は必要なかったのではないでしょうか?

これでは「外部ファインダー」が必要でしょう。

早く、パナソニック「G1~G5、GH1〜GH2」のような覗く液晶ビューファインダーのカメラを作っていただきませんと、これでは使い物にならない、という感じがします。

特に、EOS一眼レフのレンズ資産をアダプターを介して使えるメリットが強調されたカメラです。
それは、多分、液晶モニターでは使いにくいと思うのです。

標準ズームを付けたバランスをみると、写りが良くても使えね〜なぁ〜・・・という感じがします。

液晶画面を見て写真を撮る、というかたちが当たり前のようになってしまいましたが、液晶ビューファインダーが良くなってきた現在、この液晶画面を見ながら写真を撮る、という形から、本来の形を主流にできないものでしょうか?

デジカメが普及した長所が、この液晶モニターであることは重々承知です。
ケータイ〜スマホの取り方も「写真の撮り方の主流」であるようになっています。
「記録する写真とイコールの画面を見ながら写真を撮る」というのは、写真の革命でもありますが、キヤノンが、まず「コレ」を出したということに疑問を感じます。

しかし・・・これは仕方の無い流れなんでしょうね。

何よりも、老眼に優しくないモニターは・・・やはり、老兵がああだこうだ言うことではないのかも知れませんですね。

パナソニックの場合は、液晶ビューファインダーのG1を先に出してきた、ということに驚きを感じ、使ってみようと思ったわけですが・・・

画像
こんな比較写真もありました。

「小さ過ぎじゃね?」と思いますです。

この標準ズーム着きの写真を見ると、現在の2本のレンズラインナップであれば、 G1xでオッケーだわな・・・と、思いましたです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
オリンパスに新型のウワサあり。
もし、E-PL5 に E-M5 と同じソニー製センサーが載ったら「これが一番」ということになるでしょうねぇ〜
三日ボーズ
2012/07/27 06:56
思いますに、、、高感度、高画質、ファインダ―の観え具合、AF合焦速度・精度、モノとしての質感は、素直にデジ一眼レフを選択し求めれば良い。

コンデジは性能が年々良く成り、今後は画素数より高感度や高画質を追究して行く、と希望的観測含めた予想をしてます。

故に、半端なミラーレスは無視して、「デジ一+高性能コンデジ」で良い、、、のでは?、なんて考えてますが、如何に、。
007
2012/07/27 16:12
まさに、仰る通りだと思います。

このキヤノンのEOS-Mに関しては、ちょっと先を見ないと分かりませんですね。
半端な感じがします。
私としては、オリンパスE-PL5とパナソニックGH3待ち、の状態になりそうです。
三日ボーズ
2012/07/27 18:20
いじってきました。
AFがオリンパスの初期のE-P1のように、行ったり来たりする感じで、のんびりした感じです。
何だか、ほんわかした感じで、時間が数年戻った感じがします。
このカメラ、意味があるんでしょうか?

一眼レフ用の大きなレンズを「遅い」などの制限付きで流用するコンパクトカメラという必要性を感じません。
これじゃあ、望遠はダメでしょ。
結局、専用レンズを作るようでは、負担になるだけのような気がします。
三日ボーズ
2012/10/05 08:33
この[EOS M]というカメラ、、、
後付けのビュウ―ファインダーも無い、内蔵ストロボも無い、専用超広角レンズも無い、、、これでは買えないです、、、。
007
2012/10/05 17:00
どうしてこんな形になってしまったのか?
キヤノン程の会社が何を考えていたのでしょう?
どうみても、製品として完成していない、という感じがします。
三日ボーズ
2012/10/05 17:14
Nikon1も大した事ないですね、、、

先ず専用の超広角レンズが無い、V1はファインダーあるが、ストロボ無い、、、J2はファインダー無いけど、ストロボある、、、
システム性が無く、これならば既存のμ4/3機の方が良いですね、小生は、。
007
2012/10/05 19:29
「ニコン1」は、もしかしたら、その延長線上にニコンの先進性を発揮する「何か」があるのか?・・・との期待もありますが、ペンタックスのミラーレスよりは、質の良いカメラ、くらいでしかない、という感じがします。
どうしても、コレまでのレンズ資産を・・・と考えちゃうと、今一歩跳べない、ということでしょうか?
一眼レフがフルサイズ方向に行きそうな気配を作っておきながら「1インチ」センサーでレンズ交換式、というのは、何でしょう?
やはり、ニコンとしての、μ4/3への対抗としての答えなんでしょうが、カメラもレンズも中途半端な感じで残念です。
カメラ屋が電気屋に負けてどうする?!って感じですが。
三日ボーズ
2012/10/05 21:53
フルサイズ/APS-Cとミラーレスの小さめサイズのカメラは完全に分けた方が良いですね!、、、

レンズの選択もオールマイティー使用のフルサイズ/APS-C、方や広角系重視のミラーレス、共用は諦めて其々住み分けがいいようです、、、?。

その点、μ4/3機は潔くて?GOOD!です、。
007
2012/10/07 06:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
キヤノンのミラーレス一眼「EOS M」について考える 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる