倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS マイクロ・フォーサーズは軽自動車になるのか?

<<   作成日時 : 2012/09/28 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
かつて、フィルムカメラの頃、殆どのカメラが同じ35mmフィルムを使っておりました。
ゲージツ的写真家も、報道写真家も、パパママカメラマンも同じフィルムを使っていたわけです。

カメラも、ニコンやキヤノンの最上機種も「写ルンです」も、同じフィルムです。

写真の解像力といったものは、だいたいレンズで決まっていたようなものでした。
そこに、フィルムの感度による粒子の大きさ・鮮鋭度の違い、といったものが加味されて、解像力は決まっていました。

ですから、コンパクトカメラと、高い一眼レフ用の高くて大きいレンズとの差は、同じフィルムを使えばレンズの差だったわけです。

今は、その例えば解像度というものの差も、それを決める要因はいくつもあって、デジカメの画質というものも、色んな要素が絡んでいて、単純には評価しきれないものがあります。

「いつかはクラウン」というピラミッド式上昇志向が「フルサイズが良いに決まっている」という信仰めいた気持を生んでいると思う、ということは、前の記事で書きましたが、その「クラウン」が段々買いやすいものになるかも知れません。
そんな流れを感じます。

もしかしたら、APS-Cサイズのセンサーを持つ一眼レフは衰退してゆくのかも知れません。

そこで、フォーサーズ、あるいはマイクロフォーサーズというフォーマットは、今後、フルサイズの占める割合が大きくなって来たときに、どういう位置づけになっているのでしょうか?

スマホがこれだけ普及してくると、コンパクトカメラのライバルは、もはやスマホであって、おそらく取って代わられるのではないでしょうか?
画像
その時、マイクロフォーサーズは、その間を埋める役目を果たす中型機種になるのでしょうか?

マイクロフォーサーズは軽自動車になるのでしょうか?
・・・いや、スマホを軽とすれば、マイクロフォーサーズは私が乗ってるマツダのアクセラとかのあたり?
実用十分な贅沢排除でも、ちょっとは良い車、みたいな・・・

35mmフルサイズのカメラでは、レンズの性能が追いつかないので、どうしても周辺の画質が落ちます。これはフィルムの時からあったことで、それがデジタルになって顕著になっています。
ですから、絞りを絞ることで周辺までの性能を良くしなければなりません。
そうなると、ゴミの写り込みとかが微妙になしますし、その分、シャッター速度が稼げない場合は、感度を上げるということも必要になります。

一方、センサーの小さいフォーサーズなどは、絞り開放から周辺まで十分な画質があるので、画質のために絞り込むということはあまり必要ではありません。
オリンパスなど、ボディ内ブレ補正が良いので、その分、感度を落とすことができますので、実際には、フルサイズセンサーのメリットというのは、実際の撮影においては格段にああるわけではありません。
決定的な違いは、フォーサーズを除いて、μ4/3は、液晶の画面でしか撮れないということだと思います。
そこにメリットがあるのですが、やはり、カメラとして、光学式一眼レフに勝るものがあります。

カメラという機械の力・魅力というものもあると思います。

結局は、オリンパス&パナソニック、というメーカーと、ニコン&キヤノンというカメラメーカーが作るカメラの実力であって、センサーサイズというのは、画質に関しては、あまり違いはないのです。

しかしながら・・・

ソニーがフルサイズセンサーを使ったコンパクトカメラとも言うべき新しいカテゴリーのカメラ「DSC-RX1」を出します。
有効画素数は約2,430万画素CMOSセンサーを搭載して、20万を超える価格になりそうです。

かつてのコンパクトカメラは、撮りやすさを重視して、レンズをそれに見合った程度のものにしていましたが、この「DSC-RX1」は、2,430万画素です!

データが大きすぎ、解像度が高すぎます。
しかし、それがその後の、見たりプリントしたりする価格に響くわけではありません。
おそらく誰でもが使えることは使える、と言うカメラだと思います。

産まれた子供を撮るために初めて買うカメラにしたって良いわけです。
逆に、カメラの知識の無いひとからみれば、値段を除けばコンデジと較べて同じといえるかも知れません。

とはいえ、やはり、値段も含めれば、高級品であることは確かです。
高級一眼レフと同じセンサーを積んでは、一般の写真を撮るにはデータが重すぎるでしょう。

そういう人のために、一般の普通にカメラをもって普通に写真を撮りたいという向きには、それなりの相応しいカメラが良いことは明白です。

長くなりましたが、この部分にマイクロフォーサーズが残るのでしょうか?
画像
あるいは、このカメラのような物に、APS−Cサイズのセンサーを乗せた機種は残ってゆくでしょうか?

かつて、フィルムの値段は、プロが使っても、アマチュアが使っても、どんなカメラで使っても同じでしたが、センサーはそうはゆきません。
ここに、値段の差が出ます。

フルサイズセンサーという物が、あくまで高級一眼レフ用としてあるならば、高画素である必要があり、低画素で安いフルサイズセンサー、という物は、おそらく有り得ないでしょう。

やはり、APS-Cサイズや、マイクロフォーサーズなどは、このアマチュア用の使いやすいカメラとして残って行く、というのが確実な線だと思います。

オリンパスはソニーの傘下に入るかも知れませんが、マイクロフォーサーズの財産は、オリンパスと大企業・パナソニックが守って行くのではないでしょうか?

この2社がフルサイズに向かうことはないでしょう。

気軽なカメラを、1インチ・APS-C・マイクロフォーサーズが担ってゆくものと思います。
1インチは、ニコンが頑張るしかないかも知れませんが・・・

やがて「フルサイズ」と「そのほか雑多」という感じになってしまうのでしょうか?

・・・・・

私自身は、マイクロフォーサーズを使ってゆくと思います。

印刷用のデータとか、プリントをするには十分なものです。
・・・というと、マイクロフォーサーズが良くないようですが、画面隅々までの解像力はフルサイズ以上だと思います。
そういう意味での解像力は、フルサイズ < APS-C < マイクロフォーサーズ・・・です。
そう思っています。

大きければ解像度が高いと思ったら間違いで、その分、レンズの性能が追いつかない、というのが現状。
その上で、ますますセンサーだけが性能アップしている、というのが、現状なのです。

そして、画素数は今のマイクロフォーサーズの1600万画素で十分。
私の場合、プリントや、ネット前提の写真は、これより画質を落としています。

パソコンでも、写真屋さんのお店プリントでも、1600万画素でも重すぎです。

それより何より、マイクロフォーサーズの、レンズも含めての、全体のコンパクトさは、何物にも代え難いと思っています。

パナソニックGH2の写りには、正直不満がありますが、センサーが変わったオリンパスの写りには期待できます。

マイクロフォーサーズを使いつつ、現在使っているニコンのAPS-Cと、フルサイズの動きを見つめつつ・・・まだまだ、使える限り、フィルムを使ってゆくつもりです。

写真の楽しさは、やっぱりフィルムにあり!・・・です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マイクロ・フォーサーズは軽自動車になるのか? 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる