倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS ISO3200での4機種比較(その3)

<<   作成日時 : 2012/12/17 08:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
パナソニックGH2
ニコンD7000
オリンパスE-PL5
キヤノンG1x
・・・この4台の機種が手元にありますので、一度やってみたいものだと思っていた比較をしています。

今回は、実際にプリントをしてみました。
ネット上でどれほどの比較ができるか分かりませんが、4機種の感度をISO3200に設定。ノイズリダクションなどは標準にして撮った写真をJPEGで「キタムラ」のお店プリントでA4にプリントしたものの一部を切り抜いて紙に貼ったものを、一度にフラットベッドスキャナで150dpiにしてスキャンしたものです。

ダントツにシャープなのが、やはりE-PL5でして、これはちょっとシャープすぎるかな?という感じです。画像ソフトでのシャープネスが強いんだと思います。
もともとノイズは少ないんだと思いますが、そこへもってきて、シャープネスとノイズリダクションが強い。
でも、ISO3200で、ちゃんと解像している感じもあります。

プリントして、見た目が一番シャープなのはE-PL5で間違いありません。
人に見せて「わぁ!キレイに撮れてるぅ!」ということになるのはコレです。

その次がニコンD7000で、ノイズ感はあるものの、コントラストも、解像感も、トーンも、全体が自然な感じがします。
APS-Cという、この中では一番大きいセンサーの余裕というのが、こういうことなのかな?と思います。

思ったより良くなかったのが、G1xでして、これはピントが甘かったかも知れません。
トーンは良い感じです。
画像処理エンジン「DIGIC 5」が良いのだと思いますが、全体的に一枚の写真として、発色やトーンが「良い!」と思える写真が簡単に撮れるカメラだと思います。

やっぱり良くないのが GH2で、解像はしているようにも見えますが、良く見ると、なんだか滲んだような感じに見える所があって、全体にボヤッとした感じです。
ISO1600までなら何とか実用になる、というのが GH2で、私が使うのも ISO1600まででした。
画像

先のテストで「等倍」にした写真を、そのままL判にプリントしてみました。

E-PL5のシャープであることは変わりませんが、ちょっと輪郭に不自然さが見えてきます。
しかしながら、基本的にシッカリ解像はしていて、この中で一番解像感が高いのは間違いないでしょう。

このシャープ感は、プリントでも、パソコンのモニターでもよく見えると思います。
これが、オフセット印刷に向くかどうか?というのが、個人的には気になるところです。

一方ダメなのはGH2で、にじんだような画質がよりハッキリします。

G1xは、それなりに解像はしているし、トーンもよく、ニコンとオリンパスの中間のような感じ。
でも、こうしてみるとちょっと弱さを感じます。

ニコンは、やっぱり、自然な感じがしますねぇ。
APS-Cセンサーの一眼レフ余裕でしょうか?

写真と言うのは、決して、ミクロ的解像感がすべてではないし、4台のカメラで同じものを撮ったら、4枚の違う写真ができちゃう、ってことでもあると思います。

こうやって比較しないと分からないことですが、撮る写真の方向性や、使用目的を考えて、自分に相応しいカメラを探す、という選択肢が、デジタルでいきなり広がった、ということは言えると思います。

それが、迷うほどに、多すぎるわけですが・・・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
仰る通り、撮像素子の大きさは安定した画像を生みます、、、
小生も以前にD80,GF1,IXY600Fで同一被写体を撮影して感じました、、、

光量の少ない悪条件ではハッキリ差が出るようで、GF1と600Fは不自然な発色となり、D80は見た目に近いものでした。

既にμ4/3機GF1は如何にも旧式です、、、D80も古いですが、高感度性能以外は、さほど小生の使い方にとっては不満はないです、、、

新しいGH3はかなり良くなっている?と思います、、、これを商業プロが如何評価するかが問題ですが、パナの優れたレンズ資産を使うには相応のボディが必要ですね。

μ4/3はレンズの共用に問題が出る事が有るらしく、何の為の規格統一か疑問がありますが、動体撮影を含むAF性能やパワー感が更に向上すれば従来のAPS-C機は市場から駆逐されるでしょう?ね、。
007
2012/12/18 07:10
三日ボーズさんのカメラに関するお話、毎回とても詳しくて、色々お勉強させていただいております…。

ところで写真の、珍妙な人形物体は「愛媛のヒメダルマ」ですよね?!私の故郷の名産品…愛しく懐かしくて、思わずコメント書き込んでしまいました☆。(ひょっとして、まさかヒメダルマと思いきや、そちらご地元にも似たような物体の名産品があるとか…ではないですよね?笑)
利沙
2012/12/18 10:45
007さん・・・
前のE-PL3の置き換えのつもりではありましたが、E-PL5の具合を見て、やっぱりE-M5にしちゃえば良かったかな・・・?
とか思っています。
共用に関して、微妙な問題があるのはホントに困ったもんです。

利沙さん・・・
これ「愛媛のヒメダルマ」って物なんですか?
まったく興味ないというか、ワカンナイというか、書院においてあった物を撮っただけなんですが・・・「ヘンなの」とは思ってました(^_^;)
故郷の名産品とは、偶然でした。
・・・なんでそれがウチにあるんだろ?
三日ボーズ
2012/12/18 21:23
G1xとE-PL5では・・・
E-PL5の場合、被写界深度が深いということと、G1xの場合は、おそらくプログラムが、なるべく絞り開放に近い所で撮るように組まれている、という可能性が高く、G1xだけピントが浅い、という感じもするのかな?ということに気がつきました。
どっちにしても、GH2は、イマイチ・・・ですね。
やっぱ、レンズを生かすためにGH3にしよか、E-M5にしよか・・・?
三日ボーズ
2012/12/18 21:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
ISO3200での4機種比較(その3) 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる