倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 連写連射!、プロは連写!!・・・なのだ!

<<   作成日時 : 2013/11/13 23:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

昨日の、東都3部リーグ、入れ替え戦。
写真を撮っていた、目の前にPressのカメラマンBox。

そこから「テテテテテ・・・」という連写の音が、立て続けにしてくる。

場面としては、打つ、守る、というシーンではないのだけれど・・・「テテテテテ・・・」なのです。

おそらく、選手の仕草か表情を狙っていたのでしょうが、キヤノンのヒトケタ旗艦に、白レンズで「テテテテテ・・・」なのであります。

例えば、EOS-1D X の連写(連射?)スピードは秒12コマ!

そりゃぁ、普通にシャッター切るつもりで指を置いただけで「テテテテテ・・・」だわね。
5〜6コマくらいすぐ!・・・でしょ。
それも、秒間12〜14コマのスピードで6コマです。
ヒトコマがコンマ1秒より早いのです。

私らの「秒間5コマ」だと、投球の瞬間、打撃の瞬間を撮るのはカン!ですが「テテテテテ・・・」なら「瞬間!」を切り取ることもできるかも知れません。

羨ましいなぁ〜・・・・

でも、往年の熟練は不要になってしまったのですね。
カメラが勝手に撮ってくれる、という感じですかね。

ここにいるカメラマンは、フィルムの時代も経験しているのでしょう。

その、良くて秒間5コマというのは、カメラ任せで撮れるものではなく、モータードライブは、単なる「巻き上げ装置」です。

「本当の瞬間!」は、熟練のカンの成せるワザによる「本当の一瞬のヒトコマ!」だったわけです。

そして、その「次の瞬間!」のためにモーターで巻き上げる、というのが、モータードライブだったわけです。
モードラってのは、1コマから1コマへ繋ぐ物に過ぎなかったわけです。
かつてのモードラは「下手な鉄砲・・・」で使うには、コマ数が少なかったのです。

フィルムの時代、AFも、スポーツやF1などでは使い物にはならず、ある時代までは、みな、マニュアルで撮っていたのです。多分。

よく言われたのは・・・

ピッチャーの配球や、バッターの癖を読み、試合の流れを読んでカメラを構え「カキン!」と音がした瞬間に、ボールの飛ぶ位置は分かっていて、瞬間的に、その方向にカメラのレンズを向けつつ、ピントを送る。

ピント位置も指先が覚えていて「ショートならこの辺」、ファーストならこの辺」というように、カメラを振りながら、同時に瞬間的にピントリングを動かして「その瞬間」にシャッターを切っている、というような「職人技!」があったといいます。

そういう経験を経て、いま、高速・秒間12コマ、というカメラを使っている人も多いんだろうなぁ、と思います。

フィルムとマニュアル操作で「瞬間」を切り取っていた「職人」が、今は「良い時代になったよなぁ〜」とか言いながら、EOSやニコンの旗艦で撮っていたりするのでしょう。

例えば、今「価格.com」などの書き込みを見ていると、デジタルしか知らない輩ばかりが蔓延っていて「さっそく1000ショット撮りました」とか平気で言っています。

私などは「良い時代になったよなぁ〜」派で、その経験の上に今のデジタルを考えていますが・・・

私の子供たちが「コンビニがある」「ケータイがある」というのが「生まれた時から当たり前」という世代です。

冷蔵庫も無かった、テレビは子供の時にウチに来た、ビデオなんて大学出てから、という世代の「経験」というものは、改めて「換えがたい良いものだった」と思います。

自分たちの経験を子供たちに言ったところで「伝わらない」と思います。

「今の若いモンは」という、ジェネレーションギャップの決まり文句は、言いたくはないのですが・・・

・・・と、思いながら、やっぱり言っちゃってらぁ・・・という記事でした。m(_ _)m







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
技術の進歩、いや技術者の進歩ですね!、、、

便利で簡単でレベルの高い画像が得られるので、人間力、、、ユーザーの創造・工夫・感などが退化して行く、いや不要になるわけで、後でパソコンでチャチャッ!と補正でイッチョあがりですね、まあアマチュアで良かったなと個人的に思います。
007
2013/11/14 05:49
1回シャッターを切ったら5・6枚撮れちゃう、1ショット5枚くらい・・・
それが当たり前、ということですね。
惜しむ物は無く、まさに惜しみなく。
でも、大量に撮っても、最終的には1枚使うかどうか、というのも、プロの世界。
三日ボーズ
2013/11/14 13:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
連写連射!、プロは連写!!・・・なのだ! 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる