倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS フォクトレンダー・ベッサ・R4M

<<   作成日時 : 2014/01/27 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

「今年はフィルムに重点を置く」という決意のもと、ウッカリ「ポチッ」ってしまった、ベッサR4M。
さっそく、稼働しております。

うっかりポチッた、という割には、その後、サイドグリップやら、レンズフードやらを、連続ポチッとしております。(^^)/

ファインダ内の21mm用枠は、眼鏡を使っていると、やっぱり見にくいですが、撮れないことはない。
・・・という感じ。
接眼部に眼鏡のレンズを押しつける感じでナントカ・・・で、ちゃんとフレーミングするには、ちょっと目の位置を左右に動かす必要があります。
視度調整レンズは−3までで、ド近眼の私には足らず、また、重ねては使えないようなのでダメ。

父から譲り受けたライカM6があるので、フォクトレンダーは自動露出がいいかな?と思っていたのですが、残念ながら、メーカー製造終了で、中古も見当たらず。

・・・というところに、かなり値段が落ちてコイツが出たため、つい、ポチってしまったのですが、ニコマートFTn以来、結構長く使っていた、定点合わせ式露出計ですから、すぐに慣れます。
懐かしくもあったりして・・・。

ホントならダイオードの表示でなくて、アナログ指針がよいのですが、これは無理でしょう。

巻き上げも、シャッターも、ライカに較べちゃ劣るに決まっていますが、距離計だけは、肉薄しています。
一度、距離計効かなくなっていて、レンズを外して見たら、ボディ側の連動カムが引っ込んだまま、ということもありましたが、ちょっと触ったら治りました。

シャッターが切れる感覚も、イマイチの感じですが・・・まあまあでしょう。

マミヤ7Uでも10本程度撮りましたが、やっぱり、このポジの上がりには魅せられます。

これを見る度に、デジタルは「この域」には達していないよなぁ・・・と思います。

やっぱり・・・35mmもフィルムの仕上がりは良いと思います。

やっぱり・・・ベルビアで撮った写真は、いくら、フジの「ベルビアモード」でも敵わないなぁ・・と思いますです。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フォクトレンダー・ベッサ・R4M 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる