倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS フィルムの整理

<<   作成日時 : 2014/09/06 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

アナログメディアは、アナログ整理。

・・・というわけで、久しぶりにフジカラーの「スライドファイル」を買ってきました。
ヨドバシに行かないとだめか?と思いきや、コジマ+ビックカメラにあったのでオドロイタ。

お盆前に撮った智積院の写真ですが、テーマを追った物なので、久しぶりのファイル作業です。

ポジフィルムの整理の仕方は色々あるでしょうが、私は、この方法が好きなのです。
お金がかかる方法でもありますが・・・

この作業で、2〜3割は捨ててしまいます。

まず、合うべき所にピントが合っていない物は、まず捨てます。
そして、構図や露出を変えて撮ったものは、まず、構図で捨てます。
露出に関しては、余計に残しておく場合が多いです。

こういう作業での取捨選択というのが、大事だと思うのですが、これが、デジタルではないんだよな・・・
と改めて思います。

デジタルは、とにかく何でもHDDに入れておいて、そこから選び出す、という作業です。

この「選び出す」という作業もやりにくいというか、メンドクサイ。

ある程度選んだものを入れておくフォルダを作れば良いだけの話しなんだけれど、おれがメンドクサイので、ついつい「そのまま」です。
RAWファイルだってそのままだったりして・・・

撮れば撮るだけお金が掛かって、それで出来上がってきたものを容赦なく捨てる!
この作業が大切なんだよな、ホントは・・・と思ったりします。

ブローニー(6×7)の場合、撮る時点でかなり考えていますし、1本12枚ですから、スリーブのまま(マウントしない)捨てるカットはありません。

でも、35mmの場合は、手持ちで、ズームを使ったり、前に出たり下がったり、アングルも微妙に変えるなど機動力を生かしつつ、多くのカットを撮るので、出来の悪いカットがでてきます。

それは「勿体ない」なんて思わないで、思い切りよく捨てる。
その気持が、次の作品に繋がってゆくんだと思うのです。

「価格.com」とかの書き込みでも「買ってすぐ1000カット」とか平気で言ってるのがいたりしますが・・・どんなのを撮ったりしてるんでしょ?

「撮れば撮るほどお金が掛かる」という時代を過ごしてきた者には「撮ることにお金がかからない」というのは、まっこと嬉しいことではありますが「これが当たり前」という世代には「よい写真」を選ぶ目、のようなものは養われにくい、という感じなのではないか?と思います。

電化製品や、例えば、コンビニ、ケータイ&スマホが当たり前と思っている人間とは、やはり「違う人種」・・・と思ってしまうオヤジには、そんな感じがするわけよ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
仰る通りですね、フィルム撮影最後の儀式的整理作業ですね!

小生の場合は全て”HCLのバインダー”に閉じます、、、
ブローニーは”ネガ袋”と呼ばれている透明ビニルに寸法を調正し収納です、、、フィルムにはかなりご無沙汰してますが、RBには未だ12枚がそのまま残っています(苦笑)。
って
007
2014/09/06 03:15
同じく写真好きな父が、スライドを作っていまして、それが、このマウントされた状態の物。・・・これが、幼児体験で、頭の中に刷り込まれていて、ポジはこうあるべき、と思い込んでいんですね、多分。
ポジ本来の使い道を考えると、今や、プロジェジュターにかけることもなく、こんな場所とお金がかかる方法は意味ないじゃん、でもありますが・・・
三日ボーズ
2014/09/06 09:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィルムの整理 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる