倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS いつでもカメラ〜〜

<<   作成日時 : 2015/06/14 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

最近、何処にでも持って行くカメラとして重宝しているのが、パナソニックのGF5。

電動ズームがデカイですが、全体として、小さく、それでいて、そこそこの重さもあって、剛性感もある。

一番の、画質が良い良い。

これまで、いつでもカメラ〜は、キヤノンのS100でしたが、やっぱり、画質の切れ味が今一歩で、G1xと較べるとイマイチ。
G1xも、何となく切れ味がイマイチの感じがして、処分してしまったので、このGF5がメインです。

やっぱり、マイクロフォーサーズは、コンデジとは違います。
こういうカメラには、マイクロフォーサーズは向いています。

真剣に撮ろうという気にはなりませんが、記録として撮るにも、シャッターの感じも良いし、写りが良い。
このシリーズは、良いと思いますが・・・GF7は・・・ちょっとアレなので・・・

この色も、買う当時一番安かったのでこの色・・・というコダワリの無さで選んでいますが、良いカメラでした。

・・ところで・・・

「いつでもカメラ〜〜」という点では、一番は何と言ってもiPhoneのカメラでしょう。

このGF5の写真を撮ったのもiPhoneです。
「記録用」としては、この上ないカメラだと思っています。

こんなに持ちやすく、撮りやすく、良く写るカメラは、ありませぬ。
これぢゃぁ、コンデジはダメになっちゃいますわねぇ〜。

コントラスト「カリカリ」ではないですが、逆にコントラストが高くなくて、フラットに写り、殆ど見た目通りに写る感じがします。
被写界深度は深くて、殆どの場面でパンフォーカスに近いし、結構暗い所もいけます。

iPhoneの写真をパソコンに転送すると、タグが「IMG_  」となるので、これはキヤノンということですね。

その昔、ノンフィクションライターの山根一眞さんが、シャープのモバイル「ザウルス」に専用カメラを付けると「ほぼ、サービスサイズの写真を見ながら撮れる」ということを面白がっておられました。
あれは85万画素くらいだったと思いますが、iPhone6のカメラは、確か800万画素。

私は、iPadも使っているのですが、iCloudで共有して、iPhoneの写真をiPadで見ると、そのキレイさに驚きます〜。

iPadだと、2L判より一回り大きな画面の、いわゆる透過光的に見られるiPadはスンバラシイ〜です。
iPadで撮る時は、その画面を見ながら撮れるという、もう、何だかワカンナイ世界、です〜。

おまけに、アプリを使えば、色んな加工も面白楽しくできるし・・・カメラは変わったのだ〜。

これでいいのだ〜(^^)/










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いつでもカメラ〜〜 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる