倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 初夏の智積院・・・(その3)

<<   作成日時 : 2015/06/07 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

学侶墓地。・・・・あ、お塔婆の上の「刻み」ってのは、となりにある「五輪塔」になるように刻んであるので〜す。
真言・天台はコレでOKなのですが、他の宗派は不要。なので、特に、禅宗系とかは、刻みを無視して書いています。浄土宗の書き方は・・・面白いので、あとで記事にします。
真宗は、そもそも塔場が無い!

画像

これが「五輪塔」。
五輪塔は、下から方形=地輪(ちりん)、円形=水輪(すいりん)、三角形(または笠形、屋根形)=火輪(かりん)、半月形=風輪(ふうりん)、宝珠形または団形=空輪(くうりん)という構成になっています。
五輪=五大。「空」は、般若心経にあるような唯識思想の「空」とは違って、単純に空(そら)ってことでいいと思います。分かりやすく言うと、植物を含めて生き物意外の地球を構成する要素、ということなんだと思います。

もともとは、古代インドからある思想で、火・水・地を「三大」としたり、地・水・火・風を「四大」とするものに「空・虚空」を加えて「五大」とする思想が現れます。
そこに、さらに第六の要素として「識大」(意識)を加えて「六大」とする思想がのちに出現する。

やげてこれが仏教の中にも取り込まれていった・・・ということだったと思います。

これらは「大日経」などの経典に現れていて、密教の思想の影響が強く、おそらく五輪塔という墓地の形をを普及させたのは我らが覚鑁上人ではなかったか?と思います。

画像

学侶墓地。・・・こうやって、キチンと整備される前の状態を写真に撮っておきたかったな〜。

画像

我が宗派では、基本的にはこういう風に線香を立てます。

画像

あ、これぞ、初夏。女性のおみ足が美しすぎて、ぱちり。修行中の院生には「毒」でありますが(^^)

画像

とってもステキだったので、もう一枚!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
五大の空は「空気」って聞いたことがあります。
空間って言う人もいる。。。

どちらにせよ「色即是空」の空ではないことは確かなようですが。


最後の二枚の写真ヤバい。
なんだか笑えますw
フラン
2015/06/07 08:04
空気は「風」だと思います。空間ではないですね。
風が吹くと空気の存在が分かるというふうに私は考えます。
その上に、なんだか分かんないけど「青いモノ」がある。
これが「空」という風に、昔の人は考えたんだと思います。
三日ボーズ
2015/06/07 13:14
そう説明されてみると、そうか〜!
風よりも上にある、風とは別のもの。というところがポイントなんですね。
これは文字通りに「そら」って思うのがいい、と。
フラン
2015/06/07 17:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
初夏の智積院・・・(その3) 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる