倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS またまた「ポチッ」っとな・・・

<<   作成日時 : 2016/06/09 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

なんというか・・・かんというか・・・んんというか・・・
ショ〜コリモナク、また、「ポチツ」としてしまったわけであります。

あ、これ、昨日の記事と続けて「ポチッ」・・・ではなかとですよ。
いくらなんでも、ね。間、開いております。(^_^)
記事がつながったダケ。m(_ _)m

以前から気になっていた、この組み合わせ。

最近、フィルムカメラの35mmは、レンジファインダーがよく、あとは中判、と思っておりまして、良いフォクトレンダー・ベッサの中古など探しておりましたが・・・

そういうのに目が行くようになると、同じ「コシナ」が造っていた「Zeiss」のカメラも気になっていました。
「Zeiss Ikon」というものでした。
これも、フォクトレンダー同様、往年のブランドの復活でした。
Zeissのレンズを造っているコシナに、たしか、ツァイス側から話があったんだったか、「Zeiss Ikon」のブランドが復活しました。

ベッサより、レンジファインダー基線長を離して、精度を増したもの。
写真のカメラは、その派生モデルで、超広角レンズ用に、「どうせ外部ファインダーを使うなら、本体のファインダーが始めから無い物があってもいいんじゃね?」的モデル。
これが、いつの間にか無くなっていました。

・・・以下、HPより〜

ツァイス イコンは機械精度においても、また光学性能においても文字通りレンジファインダーの限界を極めたカメラです。究極の性能と信頼性を備えたレンジファインダーシステムは、精密なフォーカシングを実現します。また、オート/マニュアルのTTL測光やAEロック機能により、意のままに露出をコントロールすることも可能です。比類なき高性能を誇るツァイス T*ZMレンズ群の性能を限界まで引き出すための精緻なプラットフォーム。それがツァイス イコンです。

「いつまでもあると思うな・・・」と、こういうパターンにとっても弱いワタシ。
ヤフオクで、常に探しておりました。
常に気にしていると、突如現れた時に、軽い・・いや、重度のパニックに陥ってしまうのではないか?!・・・ということに、今、気がついたですよ。

そうそう、そこでパニクって「ポチッ」としてしまうんだわ、ね〜。
突然の出現に「オオッッッ!!」ってなって、ね。

実は、この組み合わせは・・・
CAMERA magazine(カメラマガジン) No.12(エイ出版社)の表紙。・・・これでした!

画像

この、2010年02月16日に発売されたCAMERA magazine No.12の表紙の写真が焼き付いていたのでした。
この時は、レンジファインダーには気持ちが向いてなかったのですが、「ソッチ」に向いた瞬間に、この「佇まい」を思い出して、気になって仕方なかったわけです。

先だって、この「Zeiss Ikon」を手に入れ、さて、フォクトレンダーの12mm F5.6U は・・・と思ったら、ぬぁ〜〜んと「販売終了」とな。

デジタルEマウント対応の10mm、15mmが出て、フィルム用12mmは「終了」ということだったのですね〜。
10mmは、VMマウントでも出るらしいし、12mmは「お役御免」ということですか、ね。

とはいえ、デジタル対応は高いし、そのレンズを使うデジタルカメラも買わなくちゃ、では大変。

SONYα7・・・ですか・・・
これに乗っかったら最後、α7RUが気になってしまうという泥沼は見えております。(^_^;)

「このレンズは、フィルムで使うべきやろ〜」と思っていたら、なんと、生産終了。

・・・で、ヤフオク。ヤフオクにも、急にいっぱい出てきた感じです。

新品を出しているお店も「価格.com」に、2店舗あったですが、それより安く、良い状態のがヤフオクに出ていたので、ソッチを「ポチッ」・・・でした。

・・・んで、めでたし、愛でたし(^_^)v・・・でした。

画像

ただし、問題なのは・・・
外付けファインダーは歪曲が大きく、ほとんど「魚眼レンズ」のような見え方なので、同様の超広角レンズを一眼レフに着けて撮るのとは感覚が違っています。

このレンズを買ったら、一眼レフ用に持っていた超広角は処分できるか?・・・と思っていましたが、それはできないようで、一眼レフ用のレンズも持ち続ける感じになりました。
どうせ、売っても二束三文ですが・・・(-_-)

それ以外の、デジタルのあれこれを処分して、減らすつもりです。

ニコンD7200、フジX-T1(T2待ち)、オリンパスE-M5 MarkU、キヤノンG9x を残しますが・・・

・・・んで、フィルムでも、楽しみながら撮ります。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
待望の、三日ボーズさんの写真機ネタですね、、、

小生も先日ニコンF4+タムロンの90mmマクロで鉄撮りしました、、、
F4には単玉が合いますし、本当は純正ニッコールがベストなんです?が、、、AiMF105mmは処分しましたから、、、

F4残したので単玉の出番があり、レンズ自身には救い?となってます。。。
007
2016/06/09 05:41
デジタル一眼レフの、膨満なスタイル(ボディ、レンズとも)を見ていて、だんだん、レンジファインダーの精緻な雰囲気に心奪われております。
以前から、レンズは宝石・貴金属・高級時計のようだと思っておりましたが、モーターもCPUもない、金属とネジとグリスの感じ、に惹かれます。
また「無くなりつつある」ということにも、大きく気持ちを動かされます。
三日ボーズ
2016/06/09 20:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
またまた「ポチッ」っとな・・・ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる