倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 高感度テスト

<<   作成日時 : 2017/02/22 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

とりあえず、手持ちのカメラ4台で、高感度テストをやってみました。
いずれも「高感度ノイズ低減処理」は「ふつう」で撮っています。

クリックしていただくと、「等倍」の絵が出ます。

画像

全体は、こんな感じです。
かなり暗いところで撮っています。ISO12800でも、1/13秒、f.4、という条件。
ホントにうっすら浮かび上がってるような感じです。

いくら何でも、普通、こんな条件では撮らんよ、という感じですが、本当に高感度が必要な暗さの時にどう出るか?・・・というのが肝心なトコロだと思ったので、このような条件でやってみました。

●ニコン D750、ISO1600。
画像


●ニコン D750、ISO3200。
画像


●ニコン D750、ISO6400。
画像


●ニコン D750、ISO12800。
画像


●ニコン D750、ISO12800ですが、そこそこの明るさにしてみます。
画像

このように、そこそこの明るさで撮ると、同じISO12800でも、ノイズの感じ、描写は違って見えます。
雑誌などのテストでは、そこそこの明るさで撮っているのではないでしょうか?

単に解像感を見るにしても、やはり、高感度が必要な条件で撮ってみる必要があると思います。


●ニコン D7200 、ISO1600。
画像


●ニコン D7200 、ISO3200。
画像


●ニコン D7200 、ISO6400。
画像


●ニコン D7200 、ISO12800。
画像

D7200は、やっぱりキビシイですね〜。フルサイズと比較しちゃうと。
特に、12800は、急に厳しくなってきます。
しかし、まあ、めったに使う感度じゃあ〜りませんが。

やっぱり、高感度でのフルサイズ有利、というのは、確かなことで、較べてみたら、思った以上にその差があった、という感じです。

ただ、思ったよりディテールはあるので、フィルムの粒状感のような物が残っている感じ・・・でしょうか?
いたずらにノイズ処理を強めてディテールを無くすよりは賢明な感じがします。


●フジフイルム X-T2、ISO3200。
画像


●フジフイルム X-T2、ISO6400。
画像


●フジフイルム X-T2、ISO12800。
画像

全体にアンダーになっていますが、意外に、解像度、ノイズ感共に、フジが健闘しています。
コントラストが高く、それによってクッキリ写ってる、という感じがします。

暗部の潰れは、元々の特性。
ノイズは出ていても、フィルムの粒状感のようで、ポジフィルムの増感現像の感じに似ているように思えます。
ノイズ低減よりもディテールの保持がされていて、画像がしっかりしているという感じです。
画像に「腰がある」という感じでしょうか?


ついでに、そこそこ明るい所でのオリンパスE-M5MarkU。
暗いところではピントが合わなかったので・・・

●オリンパス E-M5MarkU。ISO1600。
画像


●オリンパス E-M5MarkU。ISO3200。
画像


●オリンパス E-M5MarkU。ISO6400。
画像


●オリンパス E-M5MarkU。ISO12800。
画像

この条件でとったものだと、フルサイズと比較して、一見すると、十分渡り合ってる感じがしちゃいますが、よく見れば、ノイズ処理が良く「効いて」いるという感じがします。

でも、ホント、思ったよりひどくない、という感じがします。
記録なら12800でもOKです。

ただし、記録としてはいいのですが、写真としては(作品を作るというような用途には)、ちょっと絵の質が違う感じがします。

同じニコンのフルサイズとAPS-Cとでは、思った以上に、高感度の性能差があった、ということと、フジの画質がやはり独特で、使い方によっては、良い感じだと思います。
音を嫌うような場所で、レンズのブレ補正と併せて、ISO6400までは十分使ってゆけそうです。

オリンパスは、明るいトコロでは問題無いですが、やはり、高感度を必要とする所ではキビシイようです。
最新のカメラではないですが、これより劇的な性能アップはないものと思います。

ただ、E-M1MarkUは、画素数がアップしているので、これより鮮鋭で、ノイズも小さい可能性があり(画素数が上がるとノイズも小さくなる)、ノイズ低減処理も、もっと解像感があるものになってるだろうと想像できます。

また、オリンパスはブレ補正が良いので、被写体が動かないものであれば、できるだけ感度を上げないようにするのが良いのでしょう。

オリンパスは、小さいこともあり、使いやすさは相当なもの。
ニコンを持ち出す時にも、サブとなるでしょうし、お気軽な取材の時には活躍してくれるでしょう。
やっぱり、D7200処分で、オリンパス=サブ、か、な?

ただ、ワタシとしては、20万弱とあった、E-M1MarkUは、シャッターの感覚や、AFの速さなど、実に「気持ちよい」点もあり、後ろ髪を引かれつつも、ニコンとフジを中心に据えることにしました。

いや、ホント、E-M1MarkU・・・良いんですよ。欲しいんですよ。
でも、ファインダーの見え方(コントラストと緑被り)・・・があって、イマイチ「絶対欲しい」にならんのですわ〜。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
研究熱心さに脱帽!!!

フルサイズとAPS-Cとでは特に6400や12800のISO感度での差が好く分かります、。
フジも6400で良く頑張ってますが、E-M5では不自然な感じが先ず出ていますね、。

オリンパスE-M1・MkUは小型軽量が最大の魅力でしょうか?、、、
岩合Cマンが高価な純正単玉の換算300mmF2,8を装着して猫を撮影してましたし、、、NHK-TVぶらタモリで田森氏が使って(たぶんE−M1)ましたね、、、。

体力あればやはりデジタル一眼レフがbetterな選択となるでしょうか、。
室内での撮影も有る三日ボーズさんとしては、D750の選択は正解でしたね。。。
007
2017/02/23 15:05
ニコンD7200は、ISO6400位までは頑張るんだけど・・・
「ここまでです。これ以上は無理〜」という諦めの一線を感じがします。
無理遣りノイズ除去だけをしてないのはいいと思いますが、やっぱ、フルサイズとの差は出ました。 使ってみて分かる差です。
E-M1MarkUは、とにかく、カメラとしての出来が良く、AF速いし、シャッターの音と感覚が抜群に良くて、良いと思いますが・・・
ホント、EVFさえ良かったら、迷わず行っていたようにも思います。
三日ボーズ
2017/02/24 00:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
高感度テスト 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる