倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 12-24mm〜

<<   作成日時 : 2017/05/20 08:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

おお〜〜っ、意外なレンズが発表された。

画像

SONY FE 12-24mm F4 G7月に発売。
希望小売価格は税別22万円。

うう〜〜〜〜ん・・・・

ソニー製の35mmフルサイズ対応Eマウントレンズで最広角となる焦点距離域をカバーする広角ズームレンズ。同クラスの他社製レンズが軒並み1kg前後の重量があるところ、約565gという軽量に仕上げた点を特徴とする。手ブレ補正機構は非搭載。
レンズ構成は非球面4枚を含む13群17枚。
7枚羽根の円形絞りを採用。フレアやゴーストを抑制するナノARコーティングも採用している。

最短撮影距離は0.28m。フィルターネジはない。レンズフードは固定式。鏡筒は防塵防滴に配慮した設計。

最大径×全長は87×117.4mm。重量は約565g。

画像

FE 16-35mm F2.8 GMの噂はあったけれど、12-24mmは無かったと思う。
意外な攻撃にビックリした。
さて、これが、どんなレンズなのでしょうか?
FE 16-35mm F2.8 GMが、希望小売価格は税別29万5,000円。
このお値段を聞くと、12-24mmがお買い得〜に思えちゃう魔法〜〜。

それにしても、ここに来て、SONYの新レンズが出てきて、SONY フルサイズEマウントのレンズが充実してきた。

画像

SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art

レンズ最前面にクラス最大という80mmの大口径グラスモールド非球面レンズを採用するなどして、歪曲収差、球面収差、コマ収差を低減。

シグマは以前からこの焦点距離のズームレンズを発売している。

初代は2003年に発売された12-24mm F4.5-5.6 EX DG Aspherical HSM。
・・・これは、持ってる。周辺画質に問題が多いが、逆に、周辺減光が気に入っていたりする。
これは、歪曲が少ない。

2代目は2011年に登場した12-24mm F4.5-5.6 II EX DG HSM。
・・・これは持ってない。
像面湾曲などが良くなった代わりに?、歪曲が多くなった印象。
そして今回3代目のレンズ登場!

マウント部にゴムのシーリングが施された簡易防塵防滴構造はいい。

このレンズに手ブレ補正機能は搭載されていない。
さすがに、このスペックのレンズに、レンズ中ブレ補正を付けるのは画質に影響するし、設計も難しいでしょ。

しかしながら、このレンズは、デカくて重い!
なんてったって、「クラス最大」80mmの大口径グラスモールド非球面レンズという、「出目金」レンズがデッカくて重い。
これを一眼レフに着けたら、ウエイトリフティング、だ。
ヨドバシで、D750にこれを着けて・・・「これはない」と思ったものだ。
車で移動できる時でなければ、こいつの持参は無理。

ワタシとしては、このレンズを買って、D750に着けた方が「安い」のだけれど、ネックは、デカさと重さ。
それに、シグマ+Nikonだと、ブレ補正が無いけれど、SONYなら、ボディ側ブレ補正あり。
ここもポイント。

広角レンズに関しては、設計の点でミラーレスが優位なのは分かる。
おそらく性能も良いと思われる。

SONYの「α」が魅力的なのは、マウントアダプターを噛ませて、Mマウントのレンズが使えるということ。
フォクトレンダーは、Mマウントの広角レンズを、SONYのEマウントに合わせて作っている。
これは、小さい。
AFは効かないが、拡大してピント合わせはできる。AFは要らない。

SONY純正の12-24mmという選択肢もあるが、フォクトレンダーなどに選択肢が増えるのが、SONYの良いところ。

この12-24mmが出たことで、今度は・・・

SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III [ソニー用]が、8万ちょい。
・・・もっと、お買い得感〜(^_^)v ・・・ってことになる。

コレがあれば、十分ぢゃないか?・・・という感あり。この魔法〜。


参ったな・・・

今、α7U、キャッシュバックもあって、安いんだよな・・・・(^^;)

歪曲が嫌いなので、Nikonの16-35mmに、手が伸びない。

これは魅力的・・・嗚呼!

とりあえず、シグマの「14mm F1.8 DG HSM」を見てみたい。


待ち! とにかく、待ち!! (・・・と、自分に言い聞かせる)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
過去記事からの感想ですが、、、

”ニコンフルサイズ機+SONYミラーレス機”が三日ボーズさんの理想的システムであることが良く分かりました。。。
007
2017/05/23 04:47
もしかして・・背中押されてます?・・・ワタシ。(^_^)

折角の富士フイルム一眼セットを活用したく思っておりますが・・・
ま、ちょっと、考えます。m(_ _)m
三日ボーズ
2017/05/23 13:55
これまでの文脈から、、、
ニコンフルサイズとSONYミラーレスへの強い想いが読み取れます!
押してないけど、、、実際押してる、、、ですね。。。
007
2017/05/23 18:16
初めは、SONYのデザインが絶望的にダメという印象で、それは今も左程変わらないですが、マウントを公開したという英断が、どこもできなかったことです。
それによって、フォクトレンダーも、ツァイスも、シグマも、タムロンもEマウント参加、です。
有力メーカーは、閉鎖的で、自社完結をしたがるものですが、思えば、SONYは、各社にセンサーを提供するメーカー。
ミラーレスは、NikonもCanonも、SONY Eマウントにしちゃえばいいのに、と思いますよ。無駄な開発をしないで、共存共栄、が、これからの道のように思います。
特に、巨人2社は、一眼レフをやめずに続けて、ミラーレスはSONYの規格を使えばいいと思います。
三日ボーズ
2017/05/23 23:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
12-24mm〜 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる