倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS いつもの「花まつり」ポスター

<<   作成日時 : 2017/05/09 20:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

宇都宮仏教会では、毎年、「花まつり大会」開催するにあたり、主に宇都宮市内の商店様・企業様より、ご寄付をいただいております。

大会が終わると、そのお礼のポスターを作って配布しております。
写真と「書」があり、柱に貼るなりしていただきたい、というもの。
裏面に、ご寄付をいただいた皆様の名前が入ってかたちで印刷されています。

画像

毎年、その写真を担当しておりますが、時に難産、時に、スパッと決まりますが・・・
毎年、それなりに悩むところです。
花まつり前後、しばらくは頭の片隅にいつもある・・・という感じで。
これが、終わらんと、落ち着きません。

画像

今回は、初めから、誕生仏の写真で行くと決めていました。
意外や意外、この「王道」が未だ無かったのであります。

「ぶっちゃけ寺」でお馴染みの、宇都宮が生んだSuper坊主のご自坊、光琳寺さまに伺って、変わった誕生仏を撮らせていただくつもりが、その誕生仏はケースの中。

これは来年、と諦めつつ、本堂正面にいらっしゃった誕生仏を撮らせていただき、案外、良いモノが撮れたので、今年は、どんな「書」がきても「誕生仏」!・・・と決めていました。

・・・んで、昨日「書」をいただいて、去年のポスターの上に貼ってみます。

まあ、及第点。

・・・んで、一晩おいて、本日。

一抹の不安というか、なんか、スッキリしないものがあって・・・

急遽、カメラを持って、外に出ます。
フジX-T2+60mmマクロ。

タンポポの綿帽子を撮ろうと思ったのですが、だいたい飛んじゃった後で、良いモノが撮れず・・・

ふと見た、足下のシロツメクサの花に・・・「これ、か?」

・・・で、ちゃちゃっと撮って、コンビニでプリント。
大まかに拡大して、2枚コピ−。
便利になったものです。

その昔は、ポジ・フィルムで撮って、1時間現像の所とか、栃木フジカラーに持参して現像してもらって、アタリとって(トリミング指定)、印刷屋へ・・・でした。
ダメな時は、撮り直して・・・と時間がかかったものでした。

今日など「ん? 違うな・・・」で、撮り直して、出来るまで、2時間かかっておりません。

ボール紙に使用する写真の原寸の枠を作って、コピーの上に置いて、トリミング・・・という原始的な作業。
こういうモノは、現物の大きさに作ってみるというのが、1番分かりやすいのです。

これは、理屈では無く、未だに、現物を作る方がいい。

毎年「仏様→花→仏様→花→仏様→花・・・」
・・・という具合に、題材を交互に撮るのを、自分のなかで「決め事」としています。
制約、というより、そういうものがあったほうが考えやすいものです。

去年が蓮の花だったので、今回は仏様の筈が・・・
やっぱ、この「書」を見て「なんか、ちがうか」・・・で、替えました。

チャチャっと撮ったですが、案外良かったかもね。・・・です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ポスターから発展したのが”写真集”なんですね。。。
007
2017/05/23 05:05
写真を商業印刷することには、昔から馴染みがあり・・・
印刷目的の写真というものも自分の中では結構当たり前にあるという感じでしょうか。
このポスターは、そんなに深く考えずに、まあ、軽く流している感じですが・・
写真集となると、やっぱ大変ですね〜
三日ボーズ
2017/05/23 14:01
三日ボーズさんの実力ならば簡単ですよ、、、
少なくても小生の時よりも有利に事が運びます。。。
007
2017/05/23 18:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
いつもの「花まつり」ポスター 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる