倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 【がらくたパラダイス】・・・父のカメラ

<<   作成日時 : 2017/11/13 22:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

父が残したカメラの全貌をつかむべく、全部出してみた。
ご覧の有様。

この半分以上が使えない
多くのレンズに「カビ」が生えてしまっている。

イロイロ買うのに、その保管が良くない。
大体が、使わない。

色々買うけど、多くが標準レンズや標準ズームが付いている。
つまり、レンズの用途が被ってる。
50mmレンズが、いったい何本あるか?!

このあたりがワタシには理解できない。
ワタシは、レンズ主体で、用途が被るレンズは持ちたくない。

デジタルとなって、フォーマットが変わったり、カメラが変わったりすると、同じ焦点距離・画角でも別モノになってしまうですが、それでも、レンズの特徴で選びたいと思っている。
結局、父は、カメラを使いたかったんだと思う。
だから、同じ画角のレンズがあっても良かったということなんだろう。

でも、結果的に、まんべんなく使うことはなく、持て余している感じだった。

デジタルにもチャレンジしたものの、パソコンで見ることはできず、プリントしなければならず、その当たり前のことが、写真屋さんの「パソコン」ではできず、店員さんにお願いしていたのだろう。
却って、手間がかかるものとなって、チャレンジの意欲はあったものの、父にとっては、実用的ではなかった・・・ということだ。

亡くなる直前に使っていたのは「ライカM7」だった。

画像

そうえば、以前、知人のお父様が亡くなられた時に、やはり写真が趣味だった故人の、カメラと写真をどうするればいいか?・・・と尋ねられたことがあった。

カメラは、いくつか遺品として残して、親戚の人で使える人がいれば、差し上げて使ってもらって、写真は、家族などが写っているものとか、家族が見て価値があるモノだけを残して、必要ないと思ったものは処分して良いと思う・・・と伝えたのを思い出す。

この中でワタシが使えるものは、ローライとライカと、コンタックスT・・・くらいか?

あとは、売ろうにも値段が付かないし、物置にでもしまっておくか、処分・・・か。(T_T)

父がよく撮っていたのが境内の花。
花の写真が沢山あった。
しかし、作品としての「出来」は、ワタシが見て、低く「ただ撮った」・・・レベル。
残念ながら・・・。
ワタシにとって、とって置けると判断できるものは、少ない。
父には申し訳無いけど。

ただ、その父が撮った花の写真は、出棺の前に、父の棺に入れた。
生花を入れた後、御詠歌の講員さんに渡して、棺に入れてもらったら・・・
大変なことになった。
生花の上を覆うように、写真の花が一杯に敷き詰められた。
生花は見えなくなってしまった〜(^o^)

自分が撮った花の写真に包まれて、父は、とっても幸せそうに見えた。(^^)/
今まで撮った沢山の花の写真に埋もれるようにして寝ていた。
父にとって一番幸せな形にしてあげられたかな?・・・と満足している。

画像

並べたカメラを見て、長女が何台か操作していた。
フィルムのカメラなんて使った記憶は無いと思う。
機械をいじって、興味を示していた。
もし使うなら、ライカをあげてもいいけれど・・・それを父も喜ぶだろう。

・・・でも、ライカはハードルが高いな〜。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ライカやコンタックスなど趣味性抜群のカメラ群ですね!

非常に懐かしいですね、、、フィルムカメラ全盛期!!
007
2017/11/14 07:40
まったく、趣味、です。
なんかスゲ〜写真を撮るか?って〜と、そういうわけじゃないのです。
まったく、ふつ〜〜〜の写真です。
カメラが好きだったのですね。
その割に、保管ができてないので、カビは生えるは、傷だらけだわ・・・
三日ボーズ
2017/11/15 22:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
【がらくたパラダイス】・・・父のカメラ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる