我々は宗派宗教を越えて何と呼ばれるべきや?!

宇都宮の火葬場の駐車場に「祭祀専用駐車場」記されたパイロンが立った。 もともとは「祭祀関係者」とあった所に、だ。 「祭祀関係者」というのはね、火葬場に来る人は、お弁当屋さんや、花屋さんもみんな「祭祀関係者」だから、ね。 ・・・ってことですよ。 「祭祀関係者」というのは、まだ「者」に限定されているけれど、「祭祀専用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉の応援に・・

千葉のお寺から、宗派の青年会に要請があって、青年会を通じてウチの副住職にも声が掛かった。 結構大きなお寺らしいけれど、山門は倒れ、他にも甚大な被害があるという。 →https://jinyaji.web.fc2.com/index.html?fbclid=IwAR0HZuqAGI1kyhP954I_pgomlKWZkpY8S…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンビニの代謝?

あちこちにコンビニはできるが、同時にあちこちのコンビニが無くなる。 写真のような「抜け殻」が、街のアチコチにある。 馬鹿にならない数である。 抜け殻から300m位の所に、コンビニが出来ていたりする。 それも同じ系列のコンビニだったりすることも多い。 「なにをやってるのか?!」・・・と思う。 まさに「スクラップ ア…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

街の断片・・・原宿

原宿と言えば、これ「コープ オリンピア」。 東京オリンピックの選手村。・・・と思い込んでいたら、1965年(昭和40年)だったのね。 当時の分譲価格は3,000万円から1億円超であったという。外見はボロボロな今でも高いんだろね〜。 億ションといえども、時が経てば朽ちる。 建築基準が変わると、同じ大きさの物が建てられなくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くわばら、くわばら・・・

作曲家「桑原ゆう」さんは「くわばら」なんだ、と、割と最近知ったワタシ。 そう、今年7月の「個展」に行くまで「クワハラ」さんだと思い込んでた。 思い込み、いけませんわ〜。 土曜日の夕刻、東京・原宿は多国籍化して、大いに賑わっている。 しかし、メインストリートから一歩路地に入ると静かな面持ちとなる。 今回の会場は、そんな所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「花火と観音様」を撮ってみた

ご近所にある平出工業団地内、(株)クボタ宇都宮工場の花火大会。 正しくは「クボタ豊年まつり」というものの一環らしい。 第45回らしい。 確かに、工業団地にクボタ鉄工場ができてそれくらい経つかも知れない。 社員のためのイベントでもあり、同時に、地元自治会にも案内が来るもので、地元への「お世話になってます」的な意味合いもあるよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よっしゃ〜〜〜〜〜〜っ!

バッテリ上がりの山葉・トリッカーが、バッテリ交換と、点検を終えて帰ってきた。 ギアが入りにくかったのも、解消した感じ。 やっぱり、バイクは良いわ〜。 トライアルばかり乗っていたから「一速が速え〜よ〜」な感じもするが、まあ、普通に道路を走るには常識の範囲。 気持ちよく乗れそうだ。 本田・CRF250への思いもある…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ZとDX・・

ニコンD7500が殊の外良かったので、最初の気持ちは「望遠着けて動きモノ専用」のつもりだったのが、常用で行けるんじゃないか? AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VRとか着けて・・・と夢想。 換算24-120mmだし、と。 んで、Z 6とD7500を並べてみたら、大きさが如実に違う。 幅…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

なんて事なく・・・

特段、何も変わったことはなく、誕生日というヤツは過ぎ・・・ 特段の変化があるわけでもなく、ひとつ年を取った。 しいて言えば、また「ウオーキングを再開」した。 運動靴も買ったし。 今度のも履き心地は良い。 右足の傾きのクセを意識しつつ歩く。 ネット上、TwitterやFacebookにて、こんなヤツにも「誕生日…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

バッテリー上がり〜〜

またひとつ年を取った記念に・・・「久し振りにバイク乗るべ」と思ったら、あれ?・・・やっちゃったかぁぁ〜〜〜(>_<) バッテリー上がり・・・ これはもう、なんというか、鈍った私の体と心と同体なのでありますよ。 さて・・・と思ったらバッテリ上がり〜。・・・ナム。 以前乗ってた本田のXLRもXRもバッテリーレ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夕立ち・・・

むかしむかし、大昔、お日様とお月様と雷様が、三人そろって旅に出かけました。 ところが、雷様は生まれつき気が荒いもんだから、行くところ行くところあばれまわってしまいます。 どこの町へ行っても、 「雷様が来たぞー」「へそをかくせー」「早く逃げろー」とみんなにこわがられていました。 お日様とお月様は、いい迷惑でした…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

遅ればせながら・・・監視カメラ

近年、仏像の東南東が・・・いや、盗難等の報道があるし・・・ということで漢詩カメラ・・・いや、監視カメラを設置しました。 元々は副住職の野球部の先輩がキヤノンにいて、コピー機を入れて欲しいと言って来たので入れて、その後、監視カメラはどうか?と言ってきたのでありました。 とりあえず見積もり・・・で、出てきた金額が結構高かったので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

入道雲〜

台風一過で、暑い1日。 夕方、東の空に大きな入道雲。 こりゃ、カミナリか?・・・と思ったが・・・ナンも無い。 栃木の右下辺りに向かってたのかも知れない。 栃木はカミナリが多い。 「トチテレ」放送の地元ヒーローものは「雷様(らいさま)戦士ダイジ」。「ダイジ」は「大丈夫」の意味の方言。 「雷様」と書いて「らい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

台風一過・・

寝ている間に台風は行ってしまったようだ。栃木はかすめて太平洋に抜けていったか。 朝、起きると、境内に落ち葉が散乱。 気が重くなる。 台風が過ぎた後は、空気中の塵も無くなり、太陽の光が、特に夕方美しい光景を見せてくれることが多い。 いわゆる「マジックアワー」の間の微妙な色の変化が楽しい。 「アワー」という…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

雑誌の雑視・・

まだサラリーマンから、独立営業したあたり、まだバブルの頃、雑誌だけで、積み上げると50cmを越えるくらい、1ヶ月に雑誌を買っていた。 流石に、買う量を減らしたが、ときどき本屋さんに行くと、あれもこれもと、買い込んでしまう。 この出版社は、とにかく、趣味性を追求している。 この手書き文具関係とか、カメラとか、色々・・・ 構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

萬福寺の梵唄

国立劇場、年に一度のほぼ定期公演。今回は黄檗宗・萬福寺。 この施餓鬼の法要は何年か前にここで拝聴した。 その後、高崎の達磨寺に聴聞に行ったんだった。 梵唄(ぼんばい)というのは・・・ 「梵」はインド、「唄」は歌。つまり「インドの歌」。禅宗では梵唄と今でも呼ぶ。 声明(しょうみょう)というより、梵唄と言った方がし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニコンD7500〜〜!

007さん、やっちまいましたよ、やっぱ・・・(^^;) Z 6を使ってみて、どうも、というか、やっぱ、というか、動きモノへの対応はまだまだのようです。 まあ、予想通りでしたが・・ そのためにD750を残そうかと思ったのですが、一度「処分しよう」と思ったら、気持ちは一直線なんですよね。 D750をはじめ、諸々を処分して…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

塔婆のお炊きあげナム

お盆の後、溜まった古塔婆を燃やそうか?・・と思うと雨が降ったり・・・で、なかなかできずに、今になってようやく。 去年から墓地の一角に「古塔婆入れ」というのを置いたら・・・ いや〜、溜まってる。 塔婆の「処分」には困ってる人もいて「どうして良いかわかりません」という方のも「持ってきてイイよ」と言ってあるので、今年…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

嗚呼、コーヒーをぶちまける〜!

いつものように、朝、朝食を終え、インスタントコーヒーを入れたカップを持ってデスクトップに置き、さてパソコンと思った時・・・ カップを置いて離した手に、USBのコードがひっかっかって・・・キーボードの上から、コーヒーをぶちまけてしまった!! それはあたかもスローモーションのように・・・は、見えなかった。 一瞬だった。 ナン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

御神輿に人が乗ってはイケマセン

これは、もう、随分前に書いたけれど、またまた気になったので書きます。 宇都宮の「ふるさと宮まつり」というのが、8月の第1土曜と日曜に宇都宮市の大通りで開かれておりますが・・・ SNS等に、御神輿に人が乗ってる写真が多数アップされていました。 「おみこし」と打つとATOKは「御神輿」と出す。 元々は「輿(こし)」に「御」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more