明日はどっちだ!?

画像

地元仏教会の花まつり大会のとき、幼稚園・保育園のお遊戯を見ていて・・・
巨漢の息子を見ながら(アレ♡ぢゃないよ~)、「こいつもこんな(幼稚園生の)ことがあったんだよな~~~」
・・・と、「遠い目」になってた。

同時に、自分も、一緒にいる老僧たちも、同様。
こぉ~~~んなカワイイ時があったわけだ。

画像

なして、こんナンなってしまったやら・・・。年取ったモンだ。悲しいくらいだ。

いつの間にか、仏教会でも、年寄りの部類。
若い人たちが出てきてくれるのは有り難いけれど・・・おのれの年の取り方を痛感する、今日この頃。
法要仲間の寺の施餓鬼などに出仕し始めた頃の、先輩僧侶の皆さんの歳になってしまった。

画像

前回の記事は、思いっきりネガティブなコトを書こうと思っていたら、ポジな内容になってしまったので、もういっぺんネガティブなことを書くことにする。

還暦・・・だから。

我が家の犬も、だいぶ年を取った。
犬小屋の周りを動く姿が、ヨボヨボな感じになってきた。
ボケるとグルグル回るというが、正にソレで、グルグル回って、気がつくと、右後ろ足にリードが絡まっている。
ナントモ、ナサケナイ・・・
散歩では走ることもできるのだけれど、犬小屋の周りでは、ヨボヨボ・・・ヨタヨタ・・・
長くない、かも知れない、と思っている。

実は、腎臓が悪いので、高い病院食をあげてる。
もう、先が無いなら、好きな物食べて、太く短く生きるか?・・・と思ったものの、知人の家の犬が人工透析だというのを聞いて、それは大変だ~~

・・・ということで・・・

高いけどしかたがない。
美味しくないかも知れないけれど、病院食でガマンしてくれ・・・と思う。

画像

私が仕事をしている窓の外に、コイツがいつもいる。
コイツを見ながら、己の行く末をおもんぱかる。
さてさて、どうなるのやら。

今年の初め頃、何もしないのに、5キロくらい急に痩せて驚いたけれど、色々食べてたら、また元に戻って、太ってしまったので・・・花粉の時期が終わったら、運動最下位の・・・いや、再開の予定。

健康がイチバン。

先日も、先輩ボーサンが亡くなった。
桜と共に散っていった。

散る桜 残る桜も 散る桜 ・・・・・

咲いた花なら 散るのは覚悟・・・・これはちょっと違うか・・・

その葬儀に参列し、読経しながら、やはり、父のことを考えていた。

今、住職となって、父に聞いておきたかったことが色々とある。
父も「明日」にやりたいことがあったのだろうが、ワタシとしても、「明日」聞こうと思っていたことがあった。
「明日」聞けばいいか、と思っていたことが・・・

「限りある命」を生きる、ということは「今日」を大切に生きる、ということである。

年を取ると時間の過ぎるのが早い、というのは、「先」を考えるからだと思う。
「明日」が沢山(無尽蔵ってくらい)あって、気にすること無く「今」だけを生きていた子供の時は、一日一日の積み重ねをしていた。
その時には、振り返ることも無かった。

大人になると、振り返った時の「量」が大きい。
・・・「先」が少ない。

ナニカに追われて時間を過ごしている感じがする。
自分のためだけにではなく、その貴重な時間を使っているように思える。
そう思うと、残された時間が気になってくる。

・・・こんな精神構造のように思える。

人のために使う時間は大切である。
同様に、自分のために使う時間も大切に使う。
「今」の充実を図る。その実感を持って一日を過ごす。
そんな気持ちが大切だと思う。

さて、今日は、何をしようかな・・・・?








この記事へのコメント

007
2018年04月13日 15:14
少し前は”還暦”と聞くと、「ずいぶん歳とったものだな、。」と想いましたが、自信にその時が来ています、、、

なんかアッ!という間の時間の経過に”浦島太郎”的事象に、驚きに似た感じを持ちます、。

歩くのがヤットナ父は、「楽しみは食べる事しかない!」と言い放ち、、、
仕方なく添加物が多い菓子パン等を与えます・・・「どうせ長くないから何でもいい!」と投げやりですが、本音は死にたくないようです、。

時間の経過を早く感じます、残された時間は貴重ですね、。
三日ボーズ
2018年04月14日 19:13
頭の中んの、芯は、中学の頃と変わってない、という実感があります。
その周りを「経験」がくるんでる感じです。

この記事へのトラックバック