倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS チョ〜〜〜広角レンズをば欲しい私は悩む悩む・・・ソレも楽し

<<   作成日時 : 2018/08/28 11:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ニコンのミラーレスの情報とか、あぁ〜〜るっかな〜っ、とヨドバシに行けば・・・
シグマのEマウント用14mmF1.8の現物があぁ〜るではあぁ〜りませんかぁ〜〜
このレンズがそもそもの悩みの種なんだわサ。

画像

一眼レフ用の14mmに、マウントアダプタを着けたように長くなってるということね。

画像

ニコンの一眼レフ用のコレがあるから、ニコンの一眼レフを使う意味があると言っても過言では無い。
SONYに使うメリットは、ボディ内ブレ補正が効くと言うこと。
デメリットは「デカい」ということ。
私としては、SONYは手軽なカメラにしたいので、シグマの14mmなら、純正の12-24mmの方がいい。
これもかなり写りは良いようだ。
歪曲も少ないよう。

画像

どうしても歪曲がイヤなら、コシナのUWH12mmがある。SWH15mmは持ってる。
暗いレンズだけれど、感度も上げられるし、SONYならボディ内ブレ補正もある。
ほぼほぼ同じ画角で、この大きさの違いはねぇ〜だろ〜〜、何だよ、いったい!・・・という感じ。

シグマの14mmが、Eマウント用と同じ光学系なら、ニコンD750などの一眼レフに着けてこそ・・・のものだろうと思う。
このデカさのものをSONYαに着けるのも、「違う」と思う。

ニコンD750は、おそらくフォトキナ辺りで「新型」が出のではないだろうか?
それに期待したい。
やはり、一眼レフの使い勝手は良い物だ。
(でも、逆に、Z6・Z7のそれが良かったら、一眼に拘る必要は無くなる、とも言える)

ニコンZ用レンズのロードマップに「14mm-30mmという、他に無いスペックのレンズがあり、面白そうだ。
これが良かったら(性能アップの為の大口径マウントだといってるのだから、良いはずだ)、フジのシステムすら要らなくなる、という可能性もある。

SONYに、70-200mmF4というのを加えて、フジを処分するという可能性ができてきた。

折角ニコンが「光学性能アップのためにマウントを大きくした」という、その性能アップを享受するなら「Z7」と行きたいけれど、私の撮る物と、用途を考えると、それだけのスペックは必要ないように思える。

画像

こぉ〜んな風にグチャグチャ考えるのが楽しい。
撮りに行けないと、余計に妄想が走り回る。

・ニコンの一眼レフは、D850ではなく、D750の後継が絶対出る!・・・と信じて待つ。
それを見てから考える。

画像

・タムロンから、15-30mmF2.8のモデルチェンジが出るけれど、これは、シグマの14mmと、どっちか、という感じだろう。

画像

・シグマのEマウント用、14mmF1.8を買うより、SONYα7Vに、純正12-24mmを買う方が良いだろう。

・ニコン用シグマの150-600mmで、月とかを撮るのも、「Z6+マウントアダプタ」のほうが撮りやすいと思う。

・・・・段々、Z6が欲しくなってきた・・・チャン、チャン〜 (^^)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
チョ〜〜〜広角レンズをば欲しい私は悩む悩む・・・ソレも楽し 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる