倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 父のカメラ・・・旅せよ、カメラ

<<   作成日時 : 2018/09/19 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

父のカメラを処分すべきや否や?・・・と考え「コンタックスを買い取る」というHPを見つけて何台か送ったら・・・

・・・色々送って4万弱。寂しいね〜。

まあ、ヘタすりゃお金を払って処分するゴミ扱いになりかねない。
いくらでもいいから、お金になればいいだろう・・・位のモノか、と思う。
既に、価値の付かない物や、汚れ・カビなどが酷い物は捨てた。

それでも・・・いくら何でも、沢山あって、持ちきれない。
私自身のモノも沢山あるし・・・

これは、どうしようか?・・・と考えつつ、取りあえず写真に撮っておくことにした。

SONYα7V+シグマ70mmマクロで。

画像

「ニコンS3」
これは、リバイバルで造られたんだったか・・・?

ニコンのカメラの技術の確認でもあったろう。
はたしてその技術は継承できるのか?・・・
現代にこの技術を持ってたニコンはスゴイと思う。

かつて、ニコンはコンタックスを見本としていたように思える。
キヤノンがライカ、だったろうか?
この「S」というのは「SP」の廉価版だったのか?

日本のカメラ技術の円熟期でもあった。
この後、ニコンは「F」の時代に突入する。
「F」は「SP」のボディにミラーボックスを入れた感じになっている。

画像

これは、父の「あこがれ」のひとつだったのだろう。
それが、再生産されて飛びついた・・・んだろう。
良いカメラだと思うが、今のワタシには持て余す感じだ。

画像

「Zeiss Ikon」銘の「コンタックス」。だいぶ昔の物のよう。
これも、父の憧れだったのだろう。
レモン社ででも見つけて、買ったのだろうか?
ワタシが、ハッセルを買ったようなものだろう。昔の憧れだったモノを「買える」となったヨロコビ。
こういうのも、一台くらい残しておこうか?

画像

これは、前にもココに出したことがあると思う。
おそらく、これも、昔の憧れだったんだろう。
これも、レモン社購入と思われる。
試しに、そのレモン社に送ってみようか?

画像

コンタックスの一眼レフがまた出てきた。
これは機械シャッターだったか。定点式の露出合わせ。
ニコンの「FM」のような感じか。
知人が、これに25mmを着けて撮っていたのを思い出す。良い選択だと思った。

写真に撮って、処分する。
・・・ということを自分の物でもやってきてけれど、こうしてみると、やっぱりカメラは「実物」あってこそ、だな・・・というコトを実感する。

しかし・・・手に負えない。

旅せよ、カメラ!







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こうしてフィルムカメラ全盛時代の器械を拝見してると、胸にジンと来るものがあります、、、

過ぎ去った昔を懐かしむのも、何かセツナイ気もして複雑です、、、
小生の場合、父が所有の二台のキャノン機は既に売却しました、、、
しかしながらモノクロのアルバムが残っていて、整理して簡略化し残そうか?と考えてます、物品の整理は難しいものです、。
007
2018/09/19 07:53
コンタックスのT2と、最後に使ったライカM7、既に貰っていたM6は、思い出もあり、実用品でもあり、とりあえず残すことにしてますが・・・
さすがに、この辺のクラシックとなると、持て余します。
父も、この辺のカメラは、20〜10年くらい前に買ったもので、持っているだけだったと思いますから、誰かの手に渡れば良いと思います。
三日ボーズ
2018/09/19 08:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
父のカメラ・・・旅せよ、カメラ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる