倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 父のカメラ・・・色々

<<   作成日時 : 2018/09/20 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

このシリーズ(?)も、墓地墓地・・・いや、ぼちぼち終わりだと思います。

しかし、どれだけ出てくるんだ?!・・・父ちゃんのカメラ。

ニコンFM2。
ニコンの廉価版であり、マニュアル操作の一眼レフ。
このFM3の生産が終わる、と言うときには、ちょっと話題にもなり、また、値段も上がっていた。

メカニカルシャッターなので、ニコン一眼レフ用のレンズの最後の砦として取っておこうかとも思った。

とは言え、ワタシ自身が中古で買ったFAを2台持ってるので、これはいいか・・・と。

画像

FM3が無くなるとき、写真学校の生徒が使うカメラが無くなってしまうではないか・・・という意見もあったように記憶している。

露出(シャッターと絞りの関係)とか、ピントとかをマニュアルで合わせるということで、それぞれの意味を考え身につける、ということだんだろうと思うが・・・
同じことを8ミリフィルムが無くなるときにも言われた。
映画の撮影・編集という技術を身につける教材が無くなってしまう、と。

しかし、動画もパソコンでいじってみると、なんら不自由は無い。
むしろ、フィルムのほうに制約を感じるようになる。

現在の映画製作が電気的な「動画」というものになっているのだから、その作り方を学べばいい。
写真だって、デジタルでクリエイトする人が、わざわざフィルムを使う必要は無い。

勿論、究極の所まで行くと、フィルムというものの存在が浮き彫りにされるが、そこに到るまでは、デジタルの便宜性と可能性が優位に立つ。

まったく違うものを較べてみても仕方ない。
時代の流れ、である。

大衆が選んでしまった進路、だ。

画像

コンタックスG1。
これも、良いカメラだった。
惜しむらくは、ファインダーの倍率が低かったことと、なにせ、オンリーワンの規格。
しかも、電気仕掛けが、災いして、メーカーがやめてしまっては、故障も直せない。
良いカメラだったが、今となっては、あだ花のようになってしまった。

画像

このレンズがベラボウに良かった。
L判のプリントでも分かるくらいに良かった。
ここにある45mmと28mm。すんごい良いレンズだった。・・・だけに、この規格が惜しい。
この「ビオゴンT*28mmF2.8」も、ご覧のようにバックフォーカスが極端に短く、レンズマウントからレンズがせり出している。

このレンジファインダーができて、Zeissがほくそ笑んだ。
「ホロゴンT*16mmF8」という極めて希なレンズを、このGマウントで再生産した。
これこそ、レンジファインダーでないと造れないレンズだ。
ここでこそ!・・・という意気込みで、Zeissが造ってきたのだった。

おそらくこのコンタックスGは、Zeissにとっても、好機だっただったのかも知れない。
往年のレンズをブラッシュアップさせて、現代に蘇らせるということができた。

本当に惜しいのは、京セラのカメラ事業撤退により、アクセサリを含む全ての製品が2005年3月をもって生産終了、同年9月に出荷完了した・・・ということである。

一式揃えて、壊れるまで使う、というのも「手」ではある。
それくらいの価値が、このレンズにはある。
・・・ホロゴンも、12万くらいで時々出る。

しかし・・・

このカメラも惜しいが、諦めるか、と思う。

ホロゴンも、探せば買えるようになっているが、ワタシとしては、フォクトレンダーのSWH15mmがあることでヨシとしたい。

実用性を考えて・・・コシナ・Ikonに着けて。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「あっちも墓地墓地」は柳家子さん師匠だったでしょうか。
こちらではそのCM見たことないのですが 三遊亭圓歌師匠が中沢家の人々の
中でよくネタにしていたので覚えています。

 FM2は知人から譲ってもらったカメラでした。モードラとあの迷レンズ43-86付きで2万だったかな。私が最初に親から貰ったカメラ(トプコンRE-200 トプコンエキザクタマウントの意味を中坊の私が理解していればorz)とおなじLED3点指示のシンプルなカメラ シャッター幕が不調になるまで数年お供で楽しんでました。 今でも写真学校に行く人は 教材用にFM-10買うんでしょうか? 

 D70から(コンパクトはもっと前から)デジタルに移行していた
私が言うのも変なんですが,せめて最初だけは「36枚しかチャンスのない不便さ」学生のうち位体験しておいてほしいなと思うのですが。古いのかもしれませんね。鉄道写真なんかで「高速連射して一枚いいのが撮れていればOK」なんて嘯く言葉を耳にするたびに,「それじゃ動画切り出せばいいじゃん」と思ってしまう私はひねくれ者なんでしょう(もっともカメラ会社の方がその方向に進んでる気はしますが)だったらV3は60連写…ゲフンゲフン。

まぁX-T1持ちながら モードはA固定 中央重点 連射モードS以外
ほとんど使わないというのはもったいない人種ではあります(苦笑。
昼のゐこい
2018/09/23 09:48
「墓地墓地」はシャレのつもりでないのにそうなっちゃう時があって厄介。(^^)

FM2、お使いでしたか。
良いカメラでした。シャッター音の安っぽさも含めて。
モードラは特に、今思うと、メチャメチャな音してすよね〜。

もはや、写真学校でも、フィルムを使う意味すら無いかも知れません。
プロは、いち早くデジタル化して、フィルムは趣味・・・というスタンスではないでしょうか?
それとも、基本中の基本としてフィルム現像とかおしえるんでしょうか?

ワタシも連写は滅多にしませんが、法要の撮影というのに、連写連射の「プロ」、特に報道はこれ見よがしで、音と撮影位置に無頓着。人の邪魔になる、ということがワカラン輩が多すぎですな。
プロなら3カットでOKじゃん、と思います。
特に新聞は1カットでも良いくらい。
余りにウルサイので「何で連写?」と聞いたら「露出を変えて」と、のたまわく。
それデジタルじゃん?
何を勉強しているのやら?・・・な「プロ」も多いようで。

デジタルが仕事の主流だし、逆にデジタルでないと仕事にならないケースのほうがほとんどですから、写真学校も初めからデジタルで良いんじゃないでしょか?

T2・・・処分してしまいました。
フジ使いの裏切り者です。
優待券、売るときも使えるのですね。結構、増えました。
有り難し!! m(_ _)m
三日ボーズ
2018/09/23 18:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
父のカメラ・・・色々 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる