講義録音用ICレコーダー比較

画像

サンヨーが怪しくなってきたので、迷った挙げ句、パナソニックを試してみたくなりました。
ほとんど、というか、かなりビョーキ♡です。

サンヨーは、パナソニックに吸収されたわけですが、ICレコーダーも当然ながら吸収。
サンヨーのICレコーダーは良い物でした。いまだに良い物です。

まだ、他社が独自の圧縮をしていた時です。
オリンパスもWindowsのWMAを使っていましたし、SONYも独自のATRACというのを使っていました。
サンヨーは、いち早くMP3の導入と実用化をしていました。
ノンフィクション作家の山根一眞さんも、音質が良いと好んで使っておられました。
ワタシも、ICレコーダは、最初SONYを買って、サンヨーを買って、その音が良かったのと、いち早くMP3を採り入れて実用化したことを買って買いました。

パナソニックは、それまで自社のレコーダーを造っていたものの、さて、吸収されたサンヨーの人たちがどのようになさっておられるのか気になっておりました。
そんなことワタシがドウコウ言ってもどうにもなんないことですが・・・

パナソニックの中で、その元から居る社員の下で、とっても肩身の狭い思いをされ、悶々とされておるのか?、それとも、パナソニックがサンヨーの良さを認めて、キチンと同格かそれ以上の待遇で取り込まれたのか?

そんな妄想をしつつパナソニックのレコーダーをいじってみたら、あぁ~らビックリ!、操作性が「ほぼサンヨー」だったのですよ。

デザインこそ劣悪で、安っぽいものの、中身はサンヨーじゃね?・・・という感じがしました。
「おっ、これはっっ、もしかしたらっ?」・・・と期待できる、と思った次第。
なので、ここは賭に出て、RR-XS470という最上位機種を買ってみました。
較べると安い感じがしますが、こういう製品は1万くらいまで、というパナソニックの方針があるのやも知れません。

画像

SONY PCM-A10

これは文句なく良い。これでリニアPCM録音して、今回の比較の基準とします。

これは、前の機種、ICD-SX2000の音質を変えないで小さくした、という物。マイクも、奥行きが若干短くなっているものの、まず、音質の違いはワカラナイ。完成形を見た気がします。
今後、いろんな音声資料の収集の中心になると思います。
これのリニアPCMが良いのは決まり!・・・です。

しかし、講義録音などは、それではメモリーを考えると不経済ではあります。
もっとも、今となっては、メモリも安くなってもんなぁ~、と思えるので、PCMで録っても良いのかも知れませんが・・・。

しかしながら、やっぱり、パソコンなどで音源を管理するときに、沢山溜まるとストレージを圧迫しますから、MP3で録音した場合、ということで比較してみたいと思います。
音楽を録るのではないので、これくらいが聞きやすさとの妥協点だと思います。

ノイズキャンセルである「クリアボイス」というモードがあるものの、PCMで、加工の少ない「クリアボイス1」が使える程度。ステレオ感な無くなって、加工音っぽい感じが少し出ます。
ただ、物の音などが抑えられるので、場合によっては使える感じ。
ただしMP3 320kbpsモードだとどうかな?という感じ。

もう一台欲しい。


今回のテストでは、どの機種でもMP3の最良モードとなっている「320kbps」で統一します。
これ以外のモードは使いませんし、お薦めしません。

画像

サンヨー Xacti ICR-PS511RM
まず、大きさ的に使いやすい。
加工無しでの音の帯域がSONYのPCMに近い。
オリンパス DM-750と較べると、全然違ってるという感じ。
低域がよく出ている感じです。

ヘッドフォンで良く聞くと確かに圧縮された音であると感じますが、音域に違和感が少ない感じ。
それをノイズキャンセル(Clear Voice)というモードで聴いても、デジタル加工っぽさが少なく、一番自然な感じがします。
他と比較すると低音があるのでくぐもった感じにも思えますが、クリアボイスというモードにすると、他と同様の感じになるので、音域が広いということだと思います。

しかし、もはや手に入らないので「良い良いよ」と言っても仕方が無い。その代わりを探す旅なのであります。

画像

オリンパス DM-750
オリンパスは、昔、試しに使ってみたPCMレコーダー「LS-10」が、ノイズは極めて少なかったのに、全然低音が無い物だったのを思い出します。この印象が悪かった。

これも同様に低音が無い。
サンヨーと較べると、サンヨーの「クリアーボイス」という加工をした音の方が、もうちょっと低音がある感じがします。

そういう意味で、ボイスレコーダーとしては、加工無しで聞きやすい音であるか?・・・とも言える。
そう、ボイスレコーダーはこういう音で良いのかもしれませんね~。

また、当機は本体のスピーカーで聴いて聴きやすい。

カタログスペックでは、周波数特性は以下のようになっておりますが・・・

リニアPCM形式
48.0kHz/16bit : 20Hz ~ 23kHz
44.1kHz/16bit : 20Hz ~ 21kHz

MP3形式
320kbps : 20Hz ~ 21kHz
128kbps : 20Hz ~ 17kHz
64kbps mono : 20Hz ~ 13kHz
8kbps mono : 20Hz ~ 3.5kHz

・・・こんな感じでは無い。低域が20Hzあるとは思えない。
低域の音は入るけれど、それより声の音域を強くしている、という感じになってる。

画像

パナソニック RR-XS470
さてどうか??
・・・旧サンヨーとは違う音。どちらかと言えば、オリンパスに近い。
声の音域でも、旧サンヨーよりちょっと高めにピークがあって、粒立ちは良い。
これが旧サンヨーよりも進んだのか? 聴きやすい・・・の、か、な~~!

これと較べると、旧サンヨーは「フラットな音だけれど、籠もってる」と言えるかも知れない。
換気扇の音がする所でお経のCDをかけて録音したら、換気扇の音も大きく入った。
そのちょっと高めの音の辺りのレベルが大きくなるからだろう。

旧サンヨーより、デジタルノイズ的なものがちょっと聞こえる感じ。

カタログの周波数特性は・・・

・PCM:20Hz~21,000Hz
・MP3-320kbps:20Hz~21,000Hz
・MP3-192kbps:20Hz~20,000Hz
・MP3-128kbps:20Hz~17,000Hz
・MP3-64kbps:20Hz~7,500Hz
・MP3-32kbps:20Hz~6,700Hz
・MP3-8kbps:20Hz~3,200Hz

・・・と、なっていて、320kbpsでも、PCMと変わらない特性があるということです。データ上は。
・・・でも、実際に聴くと、当機もこれほどの低域は無いように感じます。

残念ながら、旧サンヨーとはちょっと変わってしまっていたようです。
ただ、1万ちょい、というお値段から見れば良いと思います。
安くても使えなければシャ~ナイですが、これは「使える」と思います。

ただ、編集するときに、液晶表示のバックライトがオレンジに光る。
何かスイッチ類を操作すると、その後、何秒間かオレンジになって、消える。
旧サンヨーも同じ。こんなところも継承されているが、コレ、編集するときに、目がチカチカして見にくい・・・のは、ワタシだけ?
この仕様は意味がワカラン。オレンジの必要はないと思うよ。普通に明るくなってくれるだけでいい。

マイクの部分の仕上がりが安っぽいし、そもそも、デザインが悪い。
でも、本体は扱い易い、と思う。
プラスチッキーなのも、「これでいい」ということなのかも知れない。

あと、電源スイッチが上げるとONで、下げるとOFF。
ただ、動作中に下げるとホールドになる。これは新しい。
動いてない時に下げるとOFFになる。
普通、上げてちょっと保つとON、下げると「ホールド」。この「保つ」というのが好きでは無い。
当機のスイッチは使いやすい。

サンヨーから乗り換えるには良い機械です。

画像

結局、ICレコーダーも主だったメーカー間において、主だった違いは、主だって無いのが、主だったトコロです。

カメラと同じで、較べなければ幸せでいられる問題で、較べなければワカランくらいのもの。
写真もRAWで撮ってちゃんと現像すれば良いようなもので、録音も、PCMで録って、編集ソフトで音声の領域を加工するのが良いんだと思う。

ただ、写真もJPEG撮って出し、というヤツで良い場合が多いように、録音も、MP3で良い場合が多い。
そういう時に、どれが良いか?ということですが、結局薬局、違いはあまりなかった、ということでした。

音質が優先されるときには、SONY PCM-A10でPCM録音すればいいし、ボイスレコーダーとして使うならどれも問題無い・・・ということで。

この辺の機種は、余り差が無くなってきた、ということですね。

録音にはエラーとかがあるので、必ず2台で録る。
それをPCMとMP3という組み合わせでもいいし、MP3とMP3でもいい。
もう一度、実際に使ってみて、決めようと思う次第でございます。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

007
2019年03月01日 08:11
恒例の三日ボーズさんお得意の商品テスト!
カメラは勿論ICレコーダ編もずっと読ませていただいております。。。

10年前に東芝製の一万円位の物を買い、たまに使うくらいで、、、過去には汚いリストラをする経営者の発言を隠し録りする気力・体力も無く使わずじまいで処分しましたが、、、。

最近は介護関係の講座を受講する機会があり、メモだけでなくやはり生の声でも記録したいと思い、興味深く見ております、、、

パナソニックが価格的にも良い感じですね、、、、RR-XS470!

この記事へのトラックバック