倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 4日間しか生きられなかった命・・・

<<   作成日時 : 2019/03/29 22:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

生後4日で逝ってしまった命のお弔いでした。

生まれるまえから、長くは生きられないと言われていたんだそうな。
それを聞いたら、余計に悲しくなった。

お腹に新しい命を宿したときの、喜びが、悲しみに変わる。

お母さんは、この命を産まねばならぬ、と思っただろうか?

男には想像だにできない思いがあったろう。
喜びと悲しみが、あったろう。・・・深い。
人間という生命を生む女性の本能、生物としての根源ともいえるところにある思い。

男には絶対に分からぬ女性の尊さ、慈しみの心。

その命は、この世に出でて4日しか生きられなかった。
おそらくは、この赤ちゃんには「思い」も何も無いのかも知れない。

しかし・・・命を迎える者にとって、これほど悲しいことはない。

キチンと葬儀をしたいという思いがあったということが有り難い。
一人前の命、人としての存在として・・・
その気持ちの重さ、命の重さを感じつつ葬儀を勤めさせていただいた。

小さな棺だった。
いや、赤ちゃんにとっては大きな棺だった。

顔を見たら泣いてしまうと思ったから、見ないで勤めさせていただく。

・・・さて「引導作法」という段になって・・・「ちょっと、待て」となった。

引導は必要か・・・?

引導とは、故人を仏様の弟子と成して、あちらに行っていただくというもの。
そのために「戒」を授ける。

「戒」は必要か・・・?

随分前に、同じような赤ちゃんの葬儀をやったときのことを思い出した。
その時は、一人前の人として引導する、という風に考えて、引導をしたのだけれど、その時に生じた疑問を思い出し、また考えた。

俗世にまみれた大人には戒が必要だけれど、生まれて4日のこの赤ちゃんは、まさに純真無垢。
まだ、煩悩の垢はついていない。

神道的には、何日だったか忘れたけれど、生まれて暫くはまだ「神様の領域」なんだとか。
以前書いたけれど、赤ちゃんはそうだと思う。
わたしら的には、まだ「仏様の領域」にいるのだと思う。

そこに、やがて「自我」というようなものが生まれて、人となる。個性が宿る。
そこからが人間なんだと思う。

仏様の世界から生を受けて、まだ、仏様のまま帰って行かれたのだ・・・

画像

4日だもの・・・まだ、離乳食でもない、お母さんのおっぱいがミルク。
でも、この霊膳が可愛くて・・・悲しい。

「たった4日」・・・これも男の視点かも知れない。
4日じゃない! お母さんにとっては、10ヶ月余りの長き時間が共にあったのだ。
10ヶ月の命があったのだ。
お母さんと共に過ごした10ヶ月。
ソコには母と子だけの濃密な時間があった。
二人だけの大切な、計り知れない慈しみの時間があった。

だから・・・お母さんの悲しみが大きい。
お別れの時、赤ちゃんの顔をなでていたお母さんの手が優しくも悲しかった。
柔らかそうな顔だったけれど、冷たいハズだ。
でも、暖かいように見えた。
お母さんの手がそう言っているようだった・・・


火葬場で炉に入る直前に、ワタシも初めてその顔を見た。

沢山の花に埋もれるように、小さな小さな小さな顔があった。

ホントに小さくて、そして・・・仏様のような顔だった。

ふと思った・・・。

子供を導いてくれるのはお地蔵様だ、と。
だから、お子さんを亡くされた方は、お墓にお地蔵さまを建てる。

でも・・・この子がお地蔵さまなんじゃないか?・・・と思った。

お地蔵さまにずきんを被せたり、よだれかけを着けたりするのは、子供に似せるのと、子供をお願いするという気持ちに現れなんだと思うけれど・・・

そうではない、亡くなった子供がお地蔵様なのではないか?
赤ちゃんの顔を見たらそう思えてきた。
赤ちゃんは、まだ仏様のまま戻って行かれた・・・そう思えてきた。

きっと、お父さんお母さん、いや、そのまえに、おじいちゃん、おばあちゃんが亡くなった時に、きっと道案内をしてくれるんじゃなかろうか?

・・・そう思ったら、気持ちが楽になった。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4日間しか生きられなかった命・・・ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる