たまにはビデオ

スクリーンショット 2019-12-04 17.16.31のコピー.jpg
宇都宮仏教会主催の「仏教文化講演会」。

今年は、脚本家の森下佳子さん。

大阪府出身。
母方の祖父は神社にルーツに持ちながらも、キ リスト教に帰依。父方の祖父は宮大工。
宗教に 関しごった煮のような環境の中で育った結果か その結果ではないのか定かではないが、東京大 学で宗教学を専攻。
卒業後、リクルート勤務を経て、2000 年『平成 夫婦茶碗〜ドケチの花道』でシナリオライター としてデビュー。
その後は『世界の中心で愛を 叫ぶ』『JIN 〜仁〜』などで、切なくも清々しい 世界観を感じさせる脚色で支持を得、2013 年 朝の連続ドラマ小説『ごちそうさん』で向田邦 子賞、橋田賞をダブル受賞に至る。他代表作に
『おんな城主直虎』『義母と娘のブルース』など。
2019 年はヴァイオリニスト川井郁子との舞台や 東大寺音舞台への参加など活動のフィールドを 広げている。
年明けには『義母と娘のブルース 謹賀新年ス ペシャル』が放映予定。


仏教会の顧問の一人の熱烈な押し、で、実現したもの。
なんでもNHK朝の連ドラ「ごちそうさん」の内容に、仏教的なものが多いんだとか。
その住職と森下佳子さんと、フリーアナウンサーの方とのトークショー形式でした。

A6501233.JPG
本日は、オリンパスE-M1Ⅱを持った(羨ましい〜)カメラマンがいるので、私はビデオ係でございます。
写真の記録は、私の「代替わり」とも言える感じで、気持ちが軽いのであります。

んで、今日はビデオ係・・・とは言っても・・・
まあ「一応写真も撮るか?」と持参したα6500の、何とバッテリーを忘れる!という失態! テヘ ペロ (^o^)
充電していてそのまま持ってきてしまった。
ま、ビデオが撮れればOKなので、良いんですが・・・そういう訳で、この記事には写真がありませぬ。
(後で追加か?)
どんなときでも、GRⅢは持ってないとアカンな〜。

ビデオを撮りながら・・・
去年同じように撮りながら「やっぱ、ビデオ用の雲台が必要だわな・・・」と思って買ってなかったのを思い出した。
ま、買っても使うのは「ここ」だけだし、ね。

子供たちの学生生活が終わって、ビデオも使わなくなった。
この機械も、こういうことがあるし、寺の行事もあるので、ちょっと大きめのを買ったんだった。
やっぱ、ビデオ用雲台買うか。

これは仏教会に「代替わり」がいるのだろうか?

そもそも、今、子供のためにビデオカメラを買って撮るか・という人も減っているのかも知れない。
ビデオカメラでちゃんと撮れる人も少ないかも知れない。
「ビデオ」という言葉さえ、無くなりつつある感じもする。

私は、それこそ「8ミリフィルムカメラ」からの人なので、動画の撮り方にも拘りがある方。

Beta噛む、いやベータカム、8ミリビデオ・・・と使ってきたのでありますよ。
動画も、やります!
動画にも拘りがあるのです、実は。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント