【街の断片】

掃除をしていたら、昔の写真が出てきた。
地元の求人誌に「街の断片」として連載していたものだ。

Scan 1.jpg
宇都宮市庁舎。
出来て間もない頃の写真だろう。
かなり意識的に、皮肉を込めて撮ってる。
周りに大きな建物は無く、結構目立った。
ご覧のように手前は空き地だ。
もうちょっと色々撮っておけば良かったと思う。
近くは「新地」という「賑わった」場所だったのだし。
無駄に大きな建物がだった、という印象だった。
出来たばかりの時はスッカスカだったように記憶している。
いまだに、この庁舎全部が使われている感じがしない。
空いてた部屋は物置にでも使っているのだろう。
駐車場が狭く、使いずらかった。
今もそう。
自分の庁舎すらまともに設計できない連中に、まともな市政を設計できる訳がない。
・・・と思っていたが、その思いは、いまだに変わっていない。
宇都宮駅前は、西の設計が馬鹿で、後に東口をやっても馬鹿を繰り返している。
まったく、効率の悪い、今以てなお使いにくい庁舎だ。

Scan 8.jpeg
「市民都市の創造」というポスターが、一見、公式ポスターのように見える。
よく見ると「新しい宇都宮を創る会」とちっちゃ〜〜〜〜〜く、書いてある。

まあ、なんと言っても保守王国ではある。
市民性としても、変革など望まない、という雰囲気が断然強い。
いや、強いとか弱いとか、そういうことでもないか。
よく見ると選管のシールもあるようなので、公認されたものだろうか?
古い写真で、いつの時のか分からないが、確かに、一時期、国全体に革新のムードが流れた時があったか。

檀家さんであり知人の市議会議員さんがいて、ときどき、その質問をネット中継で見るのだけれど、市議会もだっさぁ〜〜〜い感じが拭えない。

やってることは国会も同じようなものだけれど「議論」と言っても、シナリオのある「議論ごっこ」であって、こんなことが、恥ずかしげも無く平気でできるという点で、誰がやっても、議会は愚かなものなのだ。



ニューマミヤ6+50mm or 75mm
ネオパン・プレスト、イルフォードRC2号




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひるのいこい
2020年05月08日 10:22
 なんでしょう。新地という言葉と街の風景とニューマミヤ6の
ニューが妙にしっくりするのは。 マミヤ6やマキナプラウベル CLEもか
興味があった頃はプレミア価格がひどすぎて手も足も出なかった記憶があります。
三日ボーズ
2020年05月08日 10:31
いつのまにか30年近く過ぎてしまいました。
ニューマミヤ6も、老いぼれて、ほとんど使ってません。
当時、もっと、色々撮っておけば良かった、と思う今日この頃・・
タロウカジャ
2020年05月08日 13:42
行政に対する不満は、今回の新型コロナ騒動のため何処かで噴出するでしょう。
マスクは来ないし、特別定額給付金(所謂1人10万円の給付金)申請書が来ない、持続化給付金の手続きではサーバーがいっぱいでアクセスするのが大変、緊急事態宣言が発令されてからなにも具体的なものの提供がない。これでは、あきません。
ましてや、地方自治は東京からの指令、顔色を見ての行政ですから多くは期待できません。こんなもんです。
最後は自助努力で耐えるだけ、流言飛語に十分注意して。