【回せ経済!】消費は美徳・・・オーディオ・インターフェイス

R0005146.JPG
パソコンを新しくしたのは、本を作るという目的と、オーディオデータのデジタル化が主たる目的。

実は、だいぶ前から、オーディオ編集用のパソコンとオーディオのセットを作っておったのでありますが、その作業場が2階の奥まった物置部屋のため、来客の時に玄関に出るまでが大変。
なので、ほぼ常駐している事務所に新たに置いて、主に、法要等の録音の編集をするつもり。

んで、以前から使っていたZOOM社のTAC-2というオーディオ・インターフェイス(パソコンの音を入出力する機械)をもう一台買ってセットしたものの、どういうわけか、何度やっても認識しない。
初めて使った時には、こいつが一発で使えたのと、サンダーボルト接続前提で、Macとの相性が良いのが特徴、というか、Mac専用。
「前の機種だからか?」と思って、新しそうな「TAC-2R」というのを買って繋いでも、まったく認識しない。

さすがに困って、ZOOM社にメールで問い合わせて、先ほど、回答をいただき、その通りの手順で、無事認識〜!
実は、腹立てて、違う機種をヨドバシに注文したトコだった。
(慌てて、キャンセル)

macOS High Sierra(OS 10.13)以降、Mac OSのセキュリティが強化されており、ドライバがブロックされることがございます。・・・とのこと。

困ったモンだ。
ブロックの解除方法をやって、無事使えた。
こういうことは、パッケージなりに分かるように記して欲しいもんだ。

R0005148.JPG
カッコええなぁ〜〜〜(^_^)

アナログ音声のデジタル化、よ〜やく出来るぜ〜!

とりあえずMDと、Hi-MDで録ったものをデジタル化しよう〜〜〜っと。

・・・というワケで、一瞬で消えたフォーマット、Hi-MDのデッキは、コジマ電気で売れ残り処分品を買ってあったのであります。

MD関係も、いつの間にか市場から消え去ってるね〜。
こまったモンです。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント