御詠歌のSPレコード再生→録音

R0005308.JPG
さて、溜まりに溜まった御詠歌のSPレコードを再生して録音する作業を本格開始。

R0005316.JPG
専用クリーナでクリーニングして・・・

R0005300.JPG
デノンのレコードプレーヤーにかける。
DENON DP450USBBKEM
デノンがレコードプレーヤーの発売を開始した1970年代の設計思想に回帰し、スタティックバランスのS字型トーンアームを新たに開発しました。
1971年に発売された名機「DP-5000」の開発当時にリファレンスとされていたトーンアームの仕様を元に、OBの技術者たちからもアドバイスを受けながら、有効長、オーバーハング、オフセット角などの要素を煮詰め、レコードの音溝をより正確にトレースする性能を追求しました。ヘッドシェルは交換しやすいユニバーサルタイプを採用しており、発売以来50年以上に渡って放送局用カートリッジの標準機として使われ続けているデノンの名機「DL-103」(別売)など様々なカートリッジを使ってカートリッジ毎の音質の違いを楽しむことができます。
お買い上げ時にはあらかじめヘッドシェルに取り付けられたMM型のカートリッジが付属しているため、すぐにレコード再生を楽しむことができます。
また、DP-450USBはレコードの音をUSBメモリへダイレクトで録音することができます。

・・・と言う物。

かなり頼りない感じのベルトドライブだけれど・・・
声明の貴重なLPを録音するときには、ちょっと音をチェックしようかと思う。
テクニクスのかつての名機1200MkⅢ+DL-103もあるので、一応。

R0005297.JPG
SONY α7RⅢ+シグマ70mmマクロでレーベルも撮っておく。

R0005314.JPG
ニコンZ 6 +60mmマクロ(Fマウント)で、中身とジャケットが合ってる物は、その紙ジャケットも撮っておく。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

つる
2020年06月11日 07:02
ツル印レコードとなっ!
音楽会社を通さない自主制作的なものをサポートしていたのでしょうか。
三日ボーズ
2020年06月11日 08:23
ツル印は、アサヒ蓄音機商会という名古屋の会社のようですね。
マイナーレーベルと言えば、みんなマイナーのようだし、でも、大正時代から戦前・戦後にかけて、娯楽の中心にあったようなもので、大小様々な会社があったようす。

↓これの一番下に、我が方の御詠歌のレーベルがあるですが「委託盤」で色が違ってたとかいうのがあったようで・・・

http://78music.web.fc2.com/hOther1.html