三日ボーズ、北へ・・・カメラの話

R0005558.JPG
今回は、父のローライを持って行った。
とにかく、コレで青森の町などを撮る、というのが今回の目標。

フィルムは5本あれば足りるか?と思っていたら、全然足りなかった。
街に残された古い建物を撮るには、この二眼レフが良いに違いない、という目論見。
コレで撮ってると、変わり者か、余程のこだわり者か?・・・という目で見られて、今の時代、それはかえってスナップなども撮り易いのだと思うから。

なかなか気持ちよく撮れた。
現像をどうするか?・・・という大問題があるけれど。
最初、2本、感度を間違えてた。
ISO400にしていると思っていたら、100だった。
どして間違う?
減感現像しなきゃ・・・。

P6240093.JPG
あとは、この2台。
いつでもすぐに取り出せるGRⅢは便利。
その上、画質が良い。
青空が特に他と違う色になるのが独特。

GRⅢは、周辺光量補正を切ってるので、周辺光量が落ちるのが良いのだけれど、歪曲があるので、建物とかはダメ。
スイッチを切るとどこにでも入る感じなので、いつも持ってるカメラになってる。
何せ、良く写る。

R0005454.JPG
県立美術館の「あおもり犬」。ダジャレか?!(^^;) それに、デカイ。
リコーGRⅢ。


SONYα6500+18-135mm。
35ミリフルサイズ換算28-200mm。
カメラも余計な出っ張りが無く、今回のように色々持って行く時とか、サブとして記録用に持参するには、バッグに収まりが良いのが、良い。

このレンズは、ネットでは評判がイマイチだけれど、どうしてどうして、良く写る。
解像的には、全然問題ないと思う。

色も問題ない。普通に写る。これが大事。
オリンパスは明らかに色がおかしいし、フジも大方はいいんだけど、時々暴れる感じで、おかしな色になる。

そういうことが無く、露出が「よく写る」方向に切られていて、今回も補正無しにしていたら、明るく出過ぎてる。
Dレンジオプティマイザーとかで、色もだけれど、調子もフラットに写ってる感じもある。
だから「記録」としては良い。

迷いに迷って、ニコンのZ用24-200mmを予約したものの、発売延期、かつ「未定」。
いつになるのやら・・・と思っていたら、7月3日発売開始というお知らせが来た。
いやぁ〜、待った待った、待ちましたよ〜。

そうこうしているうちに・・・
SONYのフルサイズ用、タムロンの28-200mmが出た。
APS-C用の18-135mmと、まったく同じ画角。
どれだけ写るのか気になるところだけれど、画角的にはまったく以て「かぶる」。
ニコンとも被る・・・から、買えないでいる。
作例を見ると、広角側で歪曲がかなりありそうだから、やっぱ、ニコンに期待しよう。

ニコンのZ用レンズ開発スピードが遅い。
一方、SONYはサードパーティが賑やかで、色々と選り取り見取り状態で、この際、SONYに絞っちゃうか〜?
というくらい、イライラする。

A6503806.JPG
SONYα6500+18-135mm。

元々、PanasonicのGX7+14-140mmを安くなった時に買って使っていた。
これは、良く写るカメラだと思っていた。
シャッター音もはっきりしていて良かった。
Ⅱ、Ⅲとなるに連れて、シャッター音とショックが小さくなって物足りない。

PanasonicのGXシリーズは、ほとんどを、モデル末期で安くなってるのを買ってるんだった。

この14-140mmは、便利ズームとしてよく使っていた。
売ったり買ったりして。
Panasonicは、G9とGX7Ⅲから急に色が良くなったものの、マウントを減らすという目的で処分した。

メインをSONYとニコンにしたついでに、便利ズームをSONYの18-135mmはどうかと思って、安くなってたα6500との組み合わせで買った。
過去の機種だったけど、性能は十分と見た。

これは、正解だった。
なんだか、随分遠回りをした感じだった。

シャッターの感覚も、頼りないPanasonicよりは良い。

以前は大嫌いだったSONYに、最近はすっかり慣れてきたワタシ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

007
2020年07月03日 14:31
小生の父もローライフレックスを持ってました、、、
ノーマル色でしたが、今無いけど売却」?」したのかな、、、
後、キャノンFTbは小生が現像セットと共に処分しました、、、。
三日ボーズ
2020年07月03日 16:00
その構造が簡単ということで、戦後流行したようですが、ローライは高かったんだと思います。
よく出来たカメラです。
父のは、何かの記念カメラみたいで、あまり見ない物ですが・・・
良く写るカメラですし、今日日こういうので撮ってる人も見ませんから、スナップするには良い感じです。