緊張の夏、日本の夏・・・

まあ、わかり切ったことだけれども、梅雨でありますわ・・・ バイクは乗れないし、車で出るのも億劫。 今日で、一年の半分を終えることになる。 既に悔やまれることは多い。 新型コロナ-武漢肺炎も、緊急事態宣言の緩和から2週間弱経って、また増えてきた感がある。 宇都宮でも、駅東のキャバクラから初めてのクラス…
コメント:4

続きを読むread more

三日ボーズ、北へ・・・カメラの話

今回は、父のローライを持って行った。 とにかく、コレで青森の町などを撮る、というのが今回の目標。 フィルムは5本あれば足りるか?と思っていたら、全然足りなかった。 街に残された古い建物を撮るには、この二眼レフが良いに違いない、という目論見。 コレで撮ってると、変わり者か、余程のこだわり者か?・・・という目で見られて、今の…
コメント:2

続きを読むread more

三日ボーズ、北へ・・・取り残された建物

青森の駅を降りるとついつい口ずさんでしまう・・・ ♫上野発の夜行れえっしゃ降りたとぉきぃ〜から〜〜♪ 今度は、♪ご覧あれが竜飛岬 北のはずぅれ〜に行ってみたいものだと思う。 青森市も何度か訪れているけれど、いつもバタバタして、今回もバタバタなのだけれど、街の風景も撮ってみたいと思っていたので、ぐるっと歩いてみた。 …
コメント:8

続きを読むread more

三日ボーズ、北へ・・・縄文時代

県立美術館を出て、バスの時間を見たら、ほぼ1時間に1本のバスが出たばかり。 タクシー乗り場にタクシーも止まっていない。 ・・・そいうことで、すぐ近くの三内丸山遺跡へ。 まあ、この掘立柱が有名で、これが出たことで、ここが遺跡として残されることになった象徴的なもの。 こういう住居もあるわけだけれど、掘立柱も住…
コメント:4

続きを読むread more

三日ボーズ、北へ・・・青森県立美術館

今回の、県をまたいだ移動の自粛解除便乗ドトーの日帰り強行軍を決行した切っ掛けは、青森県立美術館のFacebookに載せられたこの動画だった。 「富野由悠季の世界」も気になっていて、延期になったけれど、確か、来春に決定したはずで、前売りでもあるかなと思ったら、チラシも無かった。 何と!、成田亨先生の、大江山「鬼のモニュ…
コメント:2

続きを読むread more

三日ボーズ、北へ・・・(その3)ねぶた

青森と言えば「ねぶた」。 いつ行っても「ねぶた」。 いやいや、バカにして言ってる訳じゃない。 確かに凄い祭りだと言うことは、一昨年、実際に見て思った。 東北北部には、同様の祭りがあちこちにある。 青森駅の前に「ワ・ラッセ」という建物があり、ここには、一年中ねぶたが飾ってある。 「優秀作」など、表彰を受けた物が展示され…
コメント:2

続きを読むread more

三日ボーズ、北へ・・・(その2)

盛岡を過ぎたあたりからか、青空が見えるようになってきた。 もともと、この梅雨時なので、雨が降らなければいいか、ぐらいの気持ちだったが。 宇都宮では駐車場から歩くときには、小雨が降っていた。 ひまなので、こんな写真を撮る。 缶にも風景にも露出が合っていないバカな写真。 トンネルが多くなる。まだまだ暇なので自撮…
コメント:2

続きを読むread more

オリンパスが無くなる?

オリンパス デジタルカメラなど映像事業を売却へ 2020年6月24日 17時08分【NHK WEB】 オリンパスは、80年以上の歴史を持つデジタルカメラなどの映像事業を投資ファンドに売却する方針を明らかにしました。スマートフォンの普及などで苦戦が続いていたためです。 発表によりますと、オリンパスは、デジタルカメラを中心…
コメント:8

続きを読むread more

三日ボーズ、北へ・・・

先週末、コロナによる県をまたいでの移動が解禁されて、いきなり、あちこちの遊園地だの何だのと、ワサワサと出掛けている人がいっぱい、というテレビの報道を見つつ・・・ おいおい大丈夫なんかい?! それはコロナが「もう大丈夫だかんね」って決めた訳じゃないでしょ? ホントの所は何にも分かってない役人さんとか、国の偉い人(別名、あべさん)…
コメント:4

続きを読むread more

「大法輪」よ、お前もか!

僧か、コイツも廃刊なのか・・ 『月刊カメラマン』『アサヒカメラ』ときて、ついに『大法輪』も休刊のご挨拶。 今年、歴史ある雑誌の廃刊が続いている。 いずれも、私自身が読んでるものだった。 雑誌の世界というのは、常にスクラップ・アンド・ビルド。 色んな雑誌が、生まれては消えて行く。 最初の志が失われて、まったく違う内…
コメント:2

続きを読むread more

Twitterは、もう「匿名」をやめればいい

Twitterがこれだけ使われるようになって「2(5)ちゃんねる」が衰退するかというと、それはまだまだのよう。 ただ、前の記事にも書いたように、「2(5)ちゃんねる(=以下「5ちゃんねる」)は、パソコンユーザーが多いと思われ、パソコン人口が減っている以上、やがて「5ちゃんねる」の高齢化が来て、その後衰退、という感じになるのだろうと…
コメント:4

続きを読むread more

野坂昭如・編集『ZASSHI』

何となく「野坂昭如」でヤフオクを検索したら・・・『ZASSHI』が出てきた。 野坂昭如編『ZASSHI』 1997年、集英社刊  定価52,500円。 発刊当時、とてもじゃないが手が出なかった物。 まさか、ヤフオクで見つかるとは。 これは「買え!」と言われてるに違いない、という都合の良い言い訳をつぶやきつつ・・・…
コメント:2

続きを読むread more

さよなら『アサヒカメラ』・・・

かつて『カメラ毎日』という月刊誌があって、実験的な写真とかも多く「写真」というものへの様々なアプローチ、チャレンジが見られた。 あの「アングル」というアマチュアにも開かれたコーナーに憧れた。 『カメラ毎日』は「写真の本」という雰囲気があった。 自分としては、やっぱり『カメラ毎日』が好きだったなぁ〜〜と思う。 写真とい…
コメント:4

続きを読むread more

Twitterは、大きくなりすぎた

一連の岡村隆史さん攻撃を見ていてTwitterがイヤになって、1ヶ月ほど離れている。 情報源として見てはいるが、必要な情報は「ブックマーク」というのに入れておく。 面白いツイートには反応したいが、書き込まないことを自分に課した。 そうしているウチに、客観視できるようになってきた。 岡村さんの、いわゆる「炎上」の後、女子プ…
コメント:3

続きを読むread more

ライカの「チェキ」、その名は「ゾフォート」

Leica Sofort(ライカ ゾフォート)。 新品で買える一番安いライカのカメラ。 ヨドバシで、現在¥36,470。 フジのinstax mini互換、つまり「チェキ」であります。 「ゾフォート」というのはドイツ語で「すぐに」という意味。 まさにインスタントカメラ!っちゅ〜ことですわな。 今はそれなりに立…
コメント:3

続きを読むread more

Twitterは、もはや限界なんだと思う

Twitterへの投稿(・・というのか?)をやめて1ヶ月以上が過ぎた。 別に、どういうこともない。 ある知人のツイートが無く、メッセージ返信が無く「どうしたかご存じですか?」というメッセージをいただいた。 旧知ではあったものの、ワタシも、近年はTwitterと年賀状くらいだったので、分からなかったら・・・いよいよ家に行って…
コメント:0

続きを読むread more

3密と三密

『寺便り』の「お盆準備号」に書いた原稿です。 「三密」を分かりやすいように解説したつもりなれど・・・さて? 新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐ手段として国からは「3つの密を避けるように」ということが言われております。 この「3つの密」とは、即ち「密閉・密集・密接」ということです。 1、喚起の悪い密閉空間 2、多数が…
コメント:0

続きを読むread more

永六輔さん

永六輔さんのCDが出た。 永六輔〜NHKに残る「寺の子」思想〜 NHKにある音源をまとめた物。 「視点論点」で話されたものが多い。 永さんは、浅草にある浄土真宗の寺の次男。 永さんのお父さん、永忠順さんは、江戸時代初期に渡来した中国の学僧を先祖に持つ在日本外国人17代目だという。 お父さんや、お祖父さんは、永という姓…
コメント:0

続きを読むread more

「趣味〜!」のモノクロ写真・・

渡部さとるさんの『旅するカメラ』を読み返していたら、無性にモノクロが撮りたくなってきた。 以前にも、モノクロ撮りたい、と思って・・・ でも、渡部さとるさん「お薦め」の、ライカM3にメガネのズマロン35mmを着けて・・・ ・・というのは無理なので、ただのズマロン35mmを、ヤフオクで見つけて買ったんだった。 多分このズ…
コメント:9

続きを読むread more

御詠歌のSPレコード

朝ドラで、若い女性がレコードを触るときに、盤面を鷲掴みにしているのを見て・・・ 「だから平成生まれは・・」とか、役者さんや、もしかしたらスタッフもレコードの扱い方を知らないんじゃないか? ・・・というツイートが沢山あったようだ。 しかし、残念ながら、それは「LPレコード」の話し。 朝ドラはそれより「もっと前」の話しであり…
コメント:4

続きを読むread more

ニコンFは、放っておくと増殖する。・・テヘペロ

・・・いつの間にか、ニコンFが増えてしまった。(^_^;) 渡部さとるさんの『旅するカメラ』を、また読み出したのがイケナイ。 この方の、写真観、カメラ観(感?)というものが、実に信用できるもので、大きく影響を受けている。 また、この文章も良くて、コレを読むと、写真とカメラが一段と好きになる、ヤバイ本なので・・・お薦めします…
コメント:4

続きを読むread more

御詠歌のSPレコード再生→録音

さて、溜まりに溜まった御詠歌のSPレコードを再生して録音する作業を本格開始。 専用クリーナでクリーニングして・・・ デノンのレコードプレーヤーにかける。 DENON DP450USBBKEM デノンがレコードプレーヤーの発売を開始した1970年代の設計思想に回帰し、スタティックバランスのS字型トーンアームを新…
コメント:2

続きを読むread more

ニコンFという偉大なカメラ

以前「ニコンF2フォトミック」をヤフオクで手に入れたことがあった。 ワタシにとって「ニコンF2フォトミック」は、最上の機種。 父がある日突然「ニコンF2買ってやっか?、フォトミックがいいか?」と聞いてきた。 そのとき、何故か「アイレベル」と答えたんだった。 今から思えば、父としては、もしかしたら「フォトミック」の方が…
コメント:3

続きを読むread more

時代はどこへ向かう・・・?(その2)

ホールになって通夜の意味が変わってしまった。 かつて通夜は、近所の人と近い親戚が参列すれば良かった。 通夜に、礼服を着て行ったり、香典を持って行くなどはもってのほかだったはずだ。 「急な知らせで駆けつけた」のだから、平服であるべきで、クリーニングしたパリパリの礼服じゃ「用意してましたよ」になってしまう、というものだった。 …
コメント:3

続きを読むread more

時代はどこへ向かう・・?

新型武漢肺炎の影響で、葬儀が簡単になってしまっている。 「今はイレギュラーなのだ。あくまでも」という認識だけれど、いつの間にか、これが「スタンダード」になってしまうのではないか? ・・・という気がする。 多くのホールが、会場に入るのは、家族+αの10人を限度として、他の一般会葬者はロビーで受付を済ませたらその場か、…
コメント:3

続きを読むread more

ツバメの巣立ち・・・

ツバメの雛の成長は早かった。 なんだか騒がしいな〜と思ったら、みんな飛んでいた。 巣の形が良くないので、一羽くらい落ちそうだな・・・と思っていたが・・・ みんな無事成長して、多分、本日、巣立ち。 嬉しそうに、何度も、巣と田んぼの上を行ったり来たり。 さかんに飛び回っている。 もう、餌も自分…
コメント:0

続きを読むread more

SPレコードの音を聴く

色々あって、ようやく、レコードを聴く。 実は、かなり以前に一度やっている。 法類のお寺の物置に、ウチの流派のSPレコードが何枚かあるというので、急いで再生環境を作ったんだった。 専用クリーナ。 普通のレコード用の、アルコール系クリーナーが使えないので、専用のを取り寄せる。 これも、以前聴いた時から随分経つが、まだし…
コメント:0

続きを読むread more

あれやこれやと片付けの進む・・

長女が生まれたときに、お義父さんからいただいたお雛様セット。 大きな段ボールが二つと、折りたたみの台。 このデカくて重いのをいつまで運べるか? ・・・と思っていたが、今回、色々捨てて空いた押し入れスペースに、女房がお雛様収納桐タンスを買って仕舞うことになった。 お義父さんの重い思いをナントカ運べたが、かねてより、いつかは…
コメント:0

続きを読むread more

久し振り・・・レコードプレーヤーのセット

分散してたオーディオ機器を本堂にまとめたのは、ひとつには、法事の時に「コレ」を聴いていただこうか?・・・と思ったこと。 100ヶ日忌か一周忌あたりで、中島みゆきの『時代』をば。 何せ、良い歌。 若い人がいれば、レコードから音が出るというのを見せたいし、カラオケやライブの劣悪な音ではなくて、ある程度「いい音」で聴く、とい…
コメント:2

続きを読むread more

初夏なり

気がつけば、6月の風が吹くなり。 稲が植えられ、麦が刈られる。 緑、深くなり、実がなる。 蛙が鳴き、ツバメが忙しそうに行き来する。 入道雲が遠くに沸き立つ。 にわかに雨が降り、遠雷が聞こえる。 SONY α7RⅢ+シグマ70mmマクロを持ち出す。 ボケ具合とトーンが、なかなかによろし。 …
コメント:4

続きを読むread more

ポスターの整理整頓

さて皆さん、ポスターって、どうされてますぅ〜? 例えば、観た映画のポスターとか、つい買ってしまったものの、貼るところも無くて・・・ という場合「丸いまま」どこかに置いてません? これなんか、友人からいただくカレンダーですが、もったいなくて使えず「そのまま」になっておりますが・・・ こういうのが、ね、いつの間にか、立て…
コメント:2

続きを読むread more

ツバメの子育て

毎日、毎日、ただひたすら、ヒナに餌を運ぶ。 あたかも、滅私奉公のよう。 当然、自分も生きるための餌を摂るのだろうが、だだ黙々と餌を運ぶ。 ヒナは、口しか無いかのような姿。 ただ、親が近づくと口を開ける。 親は、子供に餌を与えるというより、黄色い物に餌を突っ込むという本能しかない、と聞いたことがある。 「本…
コメント:0

続きを読むread more