ツバメの子育て

毎日、毎日、ただひたすら、ヒナに餌を運ぶ。 あたかも、滅私奉公のよう。 当然、自分も生きるための餌を摂るのだろうが、だだ黙々と餌を運ぶ。 ヒナは、口しか無いかのような姿。 ただ、親が近づくと口を開ける。 親は、子供に餌を与えるというより、黄色い物に餌を突っ込むという本能しかない、と聞いたことがある。 「本…
コメント:0

続きを読むread more