Go To 日光〜

P7221218.JPG
「G0 To トラベル」の初日、訳あって日光へ。
いろは坂も久し振り。
AZ-1 M2-1015に乗ってた頃は、よく走りに来たもんだ、っと。
路面が荒れてるな〜。

P7221258.JPG
明智平手前。フェラ♡〜リ。こっから先、雲の中。

ここをなんで「明智平」って言うのか?

「明智平」は、家康・秀忠・家光の徳川3代に仕えた天海僧正が名付けたとされている。
秀吉軍に敗れた明智光秀が生き延びて天海となり、日光で一番眺めのいいこの場所に明智の名を残したのだっていう話・・・ね。

P7221354.JPG
日光「裏見の滝」へ。「恨み」ぢゃないよ〜。

P7221351.JPG
実は、地学大好きなので、『ブラタモリ』のタモリさんの嗜好とシンクロする。
こういう景色が大好き。

P7221267.JPG
駐車場からは僅かの距離だけれど、結構な上り下り。

P7221273.JPG

P7221331.JPG
裏見の滝。
大昔は、滝の裏側に入って見ることができたので、この名前になってる。

Z60_5361.JPG
滝の上の部分にだけ日が差してきた。

Z60_5348.JPG

Z60_5469.JPG
滝の写真というと、スローシャッターで撮って、ボヤ〜ッとした写真に撮るのが定番のようだけれど、ワタシは、どっちかって〜と、止める方が好き。

P7221294.JPG
三脚が無かったので、オリンパスで手持ちで、流してみた。
こんなのが、手持ちで撮れるってェ〜んだから、時代ってモノですよ。
f22、1/4sec、だったかな・・

Z60_5399.JPG
ニコンで。
同じ条件で、オリンパスよりちょっと歩留まりが悪かった。
さすが、ブレ補正の元祖!

Z60_5425.JPG
でもやっぱ、これくらいの感じが好きだなぁ〜。

Z60_5386.JPG
これくらいのほうが迫力は感じると思う。
「定番」の撮り方は、あんまり好きじゃない。

Z60_5480.JPG
通り道にあるナントカ地蔵尊。

P7221343.JPG
なして、人は、石を積む?




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント