ソニーα7sⅢ

α7s3.jpg
「デジカメInfo」にα7sⅢ正式発表とあるが、ちょっと早くね?

・12MP裏面照射型センサーと最新のBIONZ XRプロセッサ
 (ところで「裏面」はどう読むの?「うらめん」だと思ってたけど「りめん」?)

・AF性能が改善され、超高解像度のEVFが搭載されて4K120pの動画に対応している。加えて、ソニーはα7S III は少なくとも1時間連続で4K60pの録画ができると主張している。これは放熱システムの再設計(ファンは非搭載)によって可能になった。

・新型のセンサーと画像処理エンジンによって、ISO範囲は80-102400(拡張で40-409600)で、ダイナミックレンジは15EV(ソニーの主張では)となっている。センサーの読み出し速度はα7S II の2倍になり、ローリングシャッター効果が大幅に減少している。

・759点位相差AFはよりレスポンスが良くなっており、瞳認識や動物認識に対応する。ソニーは色再現も顕著に改善されていると述べている

・CFexpress Type Aを採用する最初のコンシューマー機で、2つのメモリーカードはどちらもSDとCFexpressの両方に対応するツインデュアルフォーマットメモリーカードスロット

・ボディは物理的な形状はα7R IV に似ているが、EVFの解像度は944万ドットで、倍率は0.91倍だ。αシリーズでは初のバリアングルモニタが採用され、ついにタッチパネルでほとんど全ての操作が可能になった。メニューシステムもリニューアルされ、より簡単に操作できるようになった。

・α7S III の価格は3499ドルで、9月末に発売される。

sony_a7sIII_of_010.jpg

α7sは、位相差AFを組み込んでいないセンサー、というのがメリットのひとつだったように思うんだけれど・・・これが裏面照射型となったら、どれだけ高感度性能が良くなるのだろうか?
見てみたい気もするが・・・

画素数は1200万画素というのもいい。
ネット用としては十分、というか、それ位が良い。
オマケに動画が良いと言うことで「ネット用」と言えるか?
近年のネットの重要性、動画も写真も、何でもかんでもネット・・・という風潮で、ネットに絞った製品と言えるのか?

加えて、スティルカメラとしても、ムービーカメラとしても、極めつきの高感度で、撮れる物が広がる。

でも・・・やっぱり、高い・・・な。

動画に力が入っているのもわかるけど、それ使わないし・・・

「α7Ⅳ」に、タッチパネル式のメニューが組み込まれることを期待したいな〜。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

タロウカジャ
2020年07月29日 13:16
フルサイズのデジタルカメラの相場が随分高額になってきましたね。
使用期間5年とすると年間8万円。趣味道楽の道具としては少し高いですね。
三日ボーズ
2020年07月29日 15:03
確かソニーは、車のように、下取り前提で、その分を差し引いたリースみたいな販売方法を取っていたと思います。
高性能を追求すると、一般ピープルがついて行けない、というジレンマですね。
「下」への振り幅が無いと、売れる機械にはならないですね〜。