相変わらずの年末年始

PC310032.JPG
大晦日もお札書きをして、元旦も変わらず。
気分一新とゆきたいが、雑然としたまま、年を越すのが常。
今日も京都で・・・いや、今日も今日とてブラック魔王・・・
交通安全のお守りを書く。
メガネでは見にくく、裸眼で、棟方志功になって書く。

「明日のために・その1」・・・お札書き。
右肘を脇の下から離さぬ心構えで、書くべしッ!、書くべしッ!、書くべしッ!

PC310035.JPG
目が疲れ、首の後ろがカッチカチやん〜!

元旦に護摩をやる寺では、ボーサンも最低限の人数だったとか。
いや、最低を下回って、足らず、忙しかった、疲れた、ということらしい。
ウチは、どうする?

PC240077.JPG
なるべく早くお札を終わらせたいのだけれど、大晦日も、元旦も葬儀の打ち合わせがあった。
3〜6日が、通夜・葬儀、通夜・葬儀となる。
こればかりは、待ってくれないから、致し方ない。
家族を亡くす方も大変だけれど、葬儀社も休み無し、という感じか?

そういう中で、お札書き。
本来、死に触れてはイケナイようにも思う。

千葉の成田山は、そのあたりが徹底している。
色んなことをやってはいるが「納骨」ということはやっていない。
境内に、そういうものを造っていない。
これは、成田山の人がそう言ってた。
祈願寺としては「死」というようなイメージは相応しくない、ということらしい。
それは、至極もっともだと思う。
もちろん、檀家さんもあって、葬儀もするけれど、そういう様相を見せない。
祈願のみを顕しているということだ。

護摩をやっているときは「これが真言!」だと思う瞬間でもある。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント