トライアル、ふたたび・・・

画像

そもそもバイクに乗り始めたキッカケが「トライアル」だった。

高校の頃からバイク好きが集まっている中にいて、バイクには興味が無かったのに・・・
なんでか、トライアルという競技に惹かれたんだった。

それで、本田・TLM50というのを買った。
友人が持ってたんだった。
もうひとり、TLR200に乗ってた友人もいた。

当時、「ルジャーン・ショック」というのがあって・・・ベルギーのエディ・ルジャーンという選手のテクニックが、当時の日本トライアル界に大ショックをもたらしたんだった。
「バイクがバックする」という、今では、私でもできるようなものだけれど、その原点は「自転車トライアル」にある・・・というので、友人も自転車を買っていた。
それを譲り受けて、私も練習した。

その後の、TLM200。
物持ちはイイから、これも、最後まで使ってた。
先日処分したXLR250RHと同様、浮気はせんのよ~(^_-)

画像

還暦を前にして、我が人生に悔いがあるとしたら、トライアルだろ・・・と不意に思って、神奈川県平塚市にある、元国際A級 丸山胤保選手のお店に行って、モンテッサの話を聞いてきた。
一応、「欲しい人」にランクインしたものの、そうそう中古車はでないので、望み薄。

Betaとかモンテッサとかの代理店と繋がっているお店が宇都宮にも2軒あり、その一軒に行ったのは先日の記事。

そこで聞いてもらったら、Betaの250の新車が一台、輸入元にあるという。
また、この時期、「もてぎ車」というのも出る。

6月初めの「トライアル世界選手権」が「ツインリンクもてぎ」で開催される。
本田は本格的なワークス体制だけれど、他のメーカーは、新車を運んでセッティングして使う。
ライダー以外にも、マインダー(一緒にコースを回ってアシストするライダー)とか、サポートする人も新車を使う。
その一回使った「中古車」を販売するというのがある。
10~15万くらい値引きになる。

その話を聞いて、・・・迷って、Betaの新車を頼もうか・・・と再び訪れ、ソコにあったGASGASというメーカーの「ランドネ」が、「買って~~♡」と言ってる気がした。

聞けば、ヤマハの4ストローク125ccのエンジンだという。
それなら安心か。
多分、2013年モデル。

中古で買ったRTL250Sというので怪我してから、その後の交通事故などあって、10年以上トライアルをやってない体が動くのか?・・・これで試した方がイイよん~~(^_^)v
・・・と言われてるような気がしたのでありました。

画像

本日、そのランドネがきて、早速、鬼怒川の河原に。

・・・う~~~~ん・・・、分かってた以上に「パワーがねぇ~~」・・・(-_-)

ちょっとした段差も、フロントタイヤが上がらない。
TLM200なら、チョイっとクラッチ繋いで上がれた段差が上がれない。

でも、かえって、そのほうが、運動になって良いかも知れない。
トライアル車としては、重い車体だし、パワーも無いけれど、体力の復活を期するには良いと思う。

コイツを選んだのは、来たるべき、今年の末には、新車のRTL300か、モンテッサの300か250を買いたいと思っているから。
それまでの練習。

今年60になる。
色々と期することもある。

バイクに乗れるものあと何年?
車に乗れるのも、あと何台? 何年??

そういうことを考えると、切なくなってくる。

トライアルバイクの新車は高いけれど、大事に乗れば、ソコソコに売れるはず。
そうでなくても、ここで一発、新車のモンテッサか、Betaに乗ってみたい。
それが、我がバイク人生のしめくくり。

画像




"トライアル、ふたたび・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント