テーマ:鉄道

三日ボーズ、北から戻る・・・

森の都・仙台で乗り換え、もうすっかり暗くなった外を見る。いや、撮る。 帰りの新幹線でも、椎名誠さんの『哀愁の街に霧が降るのだ』を読む。 結局、読み切れなかった。 Kindleは、残りが紙の厚さ、という物量で分からない。 何%読んだか、というのと、この章を読み終えるまで何分というのが出る。 読むスピードから勝手に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三日ボーズ、北へ・・・(その2)

盛岡を過ぎたあたりからか、青空が見えるようになってきた。 もともと、この梅雨時なので、雨が降らなければいいか、ぐらいの気持ちだったが。 宇都宮では駐車場から歩くときには、小雨が降っていた。 ひまなので、こんな写真を撮る。 缶にも風景にも露出が合っていないバカな写真。 トンネルが多くなる。まだまだ暇なので自撮…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新幹線の時間

車の運転も好きではありますが、電車の旅も好きであります。 「旅」というより「移動」ですが・・・ 以前、京都の本山に「伝法大会(でんぼうだいえ)」というのに行った時、同じ栃木から来たウチの二人が車で来ていたのに驚いたものです。 私も車好きですが、京都まで運転しようとは思いませんね~。 恐山に行った時、およそ60…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新幹線、ギリギリ時間の超正確綱渡り・・・

宇都宮駅では、よく、新幹線の「通過待ち」というのがあります。 「この車両は、次の宇都宮駅で通過車両の待ち合わせで約3分ほど停車いたします」・・・とか言うんだったか・・・? ・・・んで待っていると、その横を「はやぶさ」とかが通過してゆくわけですわね。 ・・・んで、これに、とっても驚くわけですよ。 この抜いていっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮LRT大幅予算上乗せ!

LRT東部整備費406億円、当初見込みの1.5倍 宇都宮市「需要に対応」 【8月22日 下野新聞・朝刊】 JR宇都宮駅東部区間で次世代型路面電車(LRT)の優先整備を進める宇都宮市は21日に開かれた市議会議員協議会で、同区間の概算事業費が約406億円となる試算結果を明らかにした。 当初想定された事業費約260億円の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

〈視察〉富山のLRT

折角富山に行ったのですから、宇都宮市で導入を考えている(私は反対の立場)LRTに乗ってみました。 ただ無闇に反対している訳じゃねぇ~ですよ! 色々考えている訳ですよ。ホント。 さて・・・またまた、Wiki先生でお勉強しましょう。 富山ライトレール株式会社(とやまライトレール、Toyama Light Rail Co…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

〈視察〉富山の路面電車

富山に行ったら路面電車とLRT。 宇都宮で造ろうとしているLRTの、実際を見て、乗ってきました。 以下、Wiki先生・・・ 【運行形態】 以下の3つの系統がある。 1系統:南富山 - 富山駅前 2系統:南富山 - 富山駅前 - 大学前 3系統(環状線):富山駅前 → 丸の内 → 大手モール → 荒町 → 富…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅という名のプチ出家と、旅の友と

出家と家出は表裏一体。 一泊二泊ながら、家の雑事から離れて独りの時間を遅れることは、まっこと有り難き「プチ出家」なり。 ・・・なんていうと「お前出家じゃん」というツッコミをいただくでしょうが、これこそ、正に形式だけの出家であることは、皆様も周知の事実で、私も、こういう「家出」の時に「出家」を実感するのであります。(^^)/ …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

北近畿タンゴ鉄道

1時間に1本程度だったか「特急」があって、京都から大江まで、乗り換え無しの、JR直通乗り入れ運転(・・・っていうの?)で行けます。 特急に乗らないと、大江は・・・遠すぎます。福知山からは「北近畿タンゴ鉄道」になります。 http://ktr-tetsudo.jp/ 以下、お馴染みWiki先生・・・ 北近畿タンゴ鉄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そうだ、京都・・・行った(その6)インクライン(傾斜鉄道)

南禅寺から、近くの地下鉄駅まで歩く途中に、すごく幅の広い線路がありまして、見れば「インクライン」というのだそうな。 インクラインというのは「標高差の大きい二つの水路の間の輸送を容易にするための装置。普通,レールを敷いてワイヤロープで船などを載せた台車を昇降させる」物らしい・・・ ・・・以下、看板に書いてあったものです・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more